あっぷりノート

あっぷりノート ς

大きなお世話を、小さなお世話に。

本命レースでベストを出す確率を上げる3つの練習

f:id:you_key69:20191130001634j:plain

freepik.com


マラソンは基礎ももちろん大事ですが、本命レースで結果を残すには

  • 下見
  • 試走
  • 予行演習
が欠かせません。


資格や受験の勉強でいう“過去問を解く”という行為と同じです。


過去問を解くことで、傾向をつかみ、対策が練られる。


逆に不要なトレーニングは避けてとおれるようになるのですから。


不安を取り除く

マラソンをベストコンディションで走るためには、しっかり練習して自信をつけることも大事ですが、同じように不安を取り除くことも大事です。

  • 完走できるだろうか
  • 終盤バテてしまわないか
  • どれくらいのアップダウンなんだろう

走る距離やレベルによって、不安に思うことは様々だとおもいます。


私も初めてのハーフマラソンやフルマラソンに出るときは不安でいっぱいでした。


でも、それを払拭してくれたのが

  • 下見
  • 試走
  • 予行演習
でした。

下見をしよう

目的

  • アップダウンの有無、エイドの場所確認

内容

  • 実際のコースを見る
  • 手段はランニング以外に自転車やクルマでも


初めて走る大会の緊張をほぐすのにオススメです。


私も自身初のレース、おおがきマラソン(ハーフ)は、事前に全コースを自転車で下見しました。


普段ランニングでは走れない場所でも、クルマで走ってみるだけで多少不安は和らぐかも。


いちど走ったことのあるレースの場合はとくに不要です。

試走をしよう

目的

  • 気候や日かげ、勾配の確認等

内容

  • 実際のコースを走る
  • 距離、ペースは問わない


実践さながらに風土を感じたり、地形を把握しておきましょう。


アップダウンがほぼないフラットなコースであれば坂道に慣らしておくトレーニングは不要かもしれません。

逆に勾配が急なら、坂道の走り方は習得しておいたほうが良いでしょう。


レースのときのような交通規制がないので、クルマに注意しながら試走してください。

予行演習をしよう

目的

  • 仮想レースをして、目標と現実のギャップをあぶり出すこと

内容

  • レースと同じ距離・ペースで走る
  • 時間帯や食事・補給もできるだけ合わせる
  • 場所は問わない
  • 通行の妨げにならない場所でやること


予行演習は、レースの再現性を高めることが最重要だとおもっています。

それぞれの組合せ

実際はそれぞれの目的と練習内容を組み合わせることのほうが多いかもしれません。

下見 × 試走

クルマや自転車で気になるところまで行って、途中でおりてランニングで試走してみる。


長い区間を走る駅伝選手なんかはクルマで下見して、気になるところだけランニングしてみるということはザラにあるそうです。


私もいびがわマラソンのフルを走るのが初めてだったので、コースの途中までクルマで行き、3回に分けて制覇したりしました。

このおかげでサブ4達成できたといっても過言じゃありません。

試走 × 予行演習

過去に走ったことのあるコースだけど、確認のために走っておきたい──


それはコースや気候の再確認という意味もありますが、過去走ったときよりも自分はどれくらい成長してるのか、を再確認するという目的もあります。


昔より走れたら「成長した!」と自信になるし、走れなければ「ヤバい!」とトレーニングのモチベーションにもなるでしょう。

予行演習 × 下見

このパターンはあまりないかも?


予行演習は慣れた土地でやるものなので、はじめて走るような土地で、ガチで走るということはほとんどやらないかもしれませんね。

学ぶべきこと

ペース管理

本番まで2、3ヶ月くらい猶予があるならつっこみ気味で入って、どのくらい脚や呼吸が持つのかチェックしてみましょう。


1か月前ならネガティブスプリットで本番さながらにペース配分にしてみるといいです。


バテてしまったんなら

  • オーバーペースだったのか
  • どこがダメだったのか
  • 補給が足りないのか
  • どこか痛いのか

を自問自答して、PDCAをまわすこと。


予行演習の結果からトレーニング計画もペース配分も決めましょう。

補給

予行演習でもドリンクやジェルは本番同様に摂りたいです。

どこで何を飲むのかは練習しておかないと本番の補給戦略が立てられないので。

アップダウン

いびがわマラソンのように強烈なアップダウンがある場合、

  • 走ったことがあるかどうか
  • 知っているかどうか

はトレーニングする上でもアドバンテージになります。


試走の結果をうけて

  • 坂道の走り方を練習しておいたり
  • 何km時点までは温存しておくとか
  • 何処どこの下りからスピードを上げられるかとか

をしっかり本番にフィードバックするようにしましょう。

気候

気温や湿度もありますが、意外な天敵は「」ですね。


おおがきマラソンの場合は、伊吹おろし。

袋井のクラウンメロンマラソンの場合は、遠州のからっ風。


自転車でさえ坂道を下れないくらいの向かい風が吹くときもあるので…この覚悟があるかないかで当日のメンタルが変わってきます。

注意点

疲弊しないこと

試走も予行演習もパワーを使う練習です。


私は試走として30kmを月3本やっただけでケガしました。


カラダと相談しながら休みつつ実践してください。

交通に気をつける

下見も試走も、レース当日は交通規制でランできても、ふだんの交通量は多い場合があります。


都市型のマラソン大会なんかはほぼそうですよね。


そんな交通量の中に突っ込んでは相手方にも迷惑だし命の危険にさらされるので、おとなしく堤防やスポーツ公園を探して走りましょう。

天気は再現できない

唯一、再現性を担保できないのが、天候と気温ですね。


天気は気まぐれです。


大会当日、走りやすい天候だとラッキーですが、それは直前までわからないし、誰にも操作できません。


気温との相関はタイムが速いほど影響がなくなるらしいので、圧倒的努力で気候変動などものともしない走力を身につけましょう。

あっぷりへんしょん ~あとは野となれ山となれ~

しっかり下見から予行演習までしたのであれば、あとは当日のアドレナリンに任せましょう。


まさに「人事を尽くして天命を待つ」ですね。

マラソンシューズ、厚底か?薄底か?迷える方へ


こんな方にオススメの記事
  • シューズがだいぶへたってきた

  • そろそろ次のシューズの買い時かな

  • 次は厚底、薄底どっちにしよう?

  • 最近みんな厚底だし、やっぱ厚底かな?

  • やっぱ自分を信じて薄底でしょ!

  • うーん、悩む…


  • 最終的に「薄底」という結論に落ち着きますので、後押しがほしいかたは読み進めてください。



    冒頭での悩みってほとんど薄底(従来からあるレーシングシューズ)を履いていたランナーに多いと思います。


    馴染んでた薄底を手放して、厚底にチャレンジしてみるべきなのか。


    ※本記事での「厚底」はヴェイパーフライ等のエリートランナー向けのシューズを指しています(ビギナー用のシューズはその限りではありません)

    ソールによる違い

    f:id:you_key69:20191126235548j:plain

    ソールによって、一般的には以下のようなメリットが謳われています。

    薄底の(一般的な)メリット

    • 軽いのでスピードが出せる
    • 接地感が強く、路面に合わせてカラダの機能を発揮できる

    厚底の(一般的な)メリット

    • クッション性が高いため、脚へのダメージが減る
    • ソールに入っているプレートがバネになり推進力が増す

    それぞれのデメリット

    逆にそれぞれのデメリットは両者の裏返しです。

    • 薄底はクッションによるダメージ減や反発力は期待しにくい
    • 厚底は重かったり、カラダの機能が活かしにくい

    一般的には、です。

    用途が違う

    しかし、そもそも厚底VS薄底という論争が出てきたのも、日本新記録を叩き出した設楽選手や大迫選手がナイキのヴェイパーフライを履いていたからで。

    今まで「マラソンといえば薄くて軽いシューズ」という日本人の固定観念を打ち破ったからにほかなりません。


    ただ、世界記録保持者のキプチョゲ選手は昔から厚底ですし、海外では

    • 短距離=薄底
    • 長距離=厚底

    というように用途によって使い分けています。

    マラソンは厚底一択か?

    じゃあ、マラソンは厚底一択かというと、そんな単純な話ではないと思っています。


    元も子もない話をすると、

    自分の体型・体格・体力に合ったシューズを履くのが大事
    だとおもいます。

    いや、マジで。


    ためしにヴェイパーフライを履いてみると分かりますが、だいぶ前傾になります。

    マラソン完走やサブ4などを目指すレベルのランナーからすると、その態勢で42キロ着地し続けることは不可能です。


    ふくらはぎが攣り、最終的に単なるオモリになり、ズリ足になり、ソールが削れてアウトですね。

    薄底で行けるところまで行く

    これまで日本人が薄底で世界と戦ってこれたのは、「疲れないように鍛える」という日本人的な精神にあったと聞いたことがあります。

    そこまで鍛えぬかれた選手ならば疲労の少ない厚底をつかうことで、限界からさらに4%タイムが短縮できるようになるんです。たぶん。


    だから、まだ薄底で限界に到達してない僕らは、まだ行けるところまで薄底で行ったらいいんじゃないかと。

    私の場合

    私が考えるきっかけになったのが

    • DSトレーナー23(ASICS、薄底というほどでもない)
    • ペガサス35(NIKIE、厚底だがカーボンプレートではない)

    を履き分けているのですが、ソールがすれてきたのでそろそろ買い替えかなと思っていたためです。


    新たにズームフライ3に手を出そうか、どうしようか迷っていたのですが、上記のとおり厚底は私のレベル的では尚早かな、と思いとどまりました。


    というわけで、次のおおがきマラソンは薄底(DSトレーナー23)で、限界に挑もうと思います。

    そして、買い替えもおなじのにするつもりです。

    24ではなく、あえて23を。

    f:id:you_key69:20191126234443j:plain

    イエローが素敵なんで、ね。

    DSトレーナーが好きだ!

    実は「2足目もDSトレーナーでいく」という結論を出すのにも、紆余曲折ありました。

    ASICSだけでも、

    • ライトレーサー
    • スカイライト
    • スカイセンサーグライド

    等を試着したりしました。

    東京や名古屋への出張帰りに試したりもしました。


    同じのを買うってどうなの?とも思いました。

    どうせなら違うシューズと履き比べて、違いを堪能したいという貧乏くさい感情もありました。


    でもDSトレーナーがいちばんしっくり来るし、何よりDSトレーナーが好きなんですよね。


    それがわかったことが何よりの収穫でした。

    あっぷりへんしょん ~シューズはあくまでツール~

    というわけで、最終的に個人のレベルや好みによるという結論にはなりますがか、私の場合は

    • 体のコントロール機能改善
    • 軽さによるスピードアップ

    を目的に薄底でいこうとおもいます。今は。

    再三にわたって申し上げますが、

    シューズはあくまでツールなので、結局は走力を鍛えることが先決
    です。


    ビギナー用のシューズを履いてもサブ3するランナーだっているくらいなので。

    自分のレベルや好みにあったシューズでまずは限界を目指しましょう。


    変えるのは壁にぶち当たったとき。シューズに頼らざるを得なくなったとき、です。


    私はまだまだ伸びしろがある!と信じてるので、原点回帰してasicsで勝負します。当面は。

    【後編】楽しい景観遺産ジョギングとマラソン向けトレーニングを両立する

    本記事は前回の続き(後編)です


    前回のあらすじ

    • 平成最後の景観遺産「伊藤家住宅」「北方町がま広場」をジョギングで詣でる
    • 片道約8km
    • いやあ、やっぱり景観遺産ジョギングはめちゃくちゃ楽しい!!

    さて、気持ちよく走ったところで気持ちを切り替えましょう。

    ウェーブ走とは?

    f:id:you_key69:20191124225513j:plain

    往路は新しい道をワクワクしながらさまよいました。


    逆に復路はペースアップしてウェーブ走で帰ります。

    ウェーブ走(変化走)とは、速い区間と遅い区間を交互に波打つ(ウェーブさせる)ように走るトレーニング方法

    速い区間で脚力や心肺をきたえる目的もありますが、遅い区間の走り方こそだいじだと思っています。

    というのもダッシュして追い込んだあと、疲れたカラダをどう走らせるかが点検できるからです。

    • 腰がおちていないか
    • 股関節やハムストリングが使えてるか
    • ふくらはぎや前腿は痛くないか
    疲れていてもフォームを崩さずに走り続けられることが、マラソンの後半でねばれるチカラになると信じています。

    設定ペースは?

    ウェーブ走はわかった。

    じゃあ、どのようにペースに変化をつければいいのか?


    設定ペースは目標タイムからVDOTで割り出します。

    今季のハーフマラソンの目標は以下の通り

    • 12/15 おおがきマラソン サブ95
    • 4/26 ぎふ清流マラソン サブ90


    復習になりますが、現状のVDOT48をサブ90レベルの52へ上げるためには1kmあたり

    • インターバル 4'03"→3'48"
    • つなぎジョグ 5'28"→5'08"

    で走れるようにレベルアップを図らねばなりません。


    できるだけそれに合わせられるように

    • 速い区間 1km 4'00"/km
    • 遅い区間 1km 5'00"/km

    で走りたいとおもいます。

    経路

    f:id:you_key69:20191124225425j:plain

    経路も往路と復路は変えなければなりません。


    往路は景色を楽しむための道を。

    復路はダッシュしやすい経路を選ぶといいですね。


    信号や交差点が少なく、直線が多い道を選びましょう。


    目的ある練習も取り入れることで、惜しみなく景観遺産ジョギングも楽しむことができますよ!

    まとめ

    前後編になってしまいましたが、最後にまとめます。

    • 景観遺産ジョギングとセットでウェーブ走を取り入れよう
    • 楽しい旅ランとキツいトレーニングが両立できる
    • ウェーブ走は遅い区間ほど大事に走ること
    • 往路と復路は目的にあわせてコースを変えよう

    とくに紅葉狩りや花見の季節なんかは有効な走り方だとおもいます。


    楽しみながら、強くなろう!

    【前編】楽しい景観遺産ジョギングとマラソン向けトレーニングを両立する

    f:id:you_key69:20191123231543j:plain


    天気予報に反して天気がいいと遠出したくなりますよね。


    そんなときは予定を変更して

    • 往路は、景色を楽しみながらジョギング
    • 復路は、ゼーハーしながらウェーブ走

    をしちゃいましょう。


    岐阜県は大垣市には市の指定する「景観遺産」があります。

    • 今まで数々の景観遺産を訪れて
    • 自ら景観遺産への申請・認定を受けた

    景観遺産ランナーを自負するこの私が、平成最後に指定された景観遺産を紹介します!(今さら)

    平成最後の景観遺産

    詳細は大垣市のHPを参照いただきたいですが、平成31年1月15日に指定されたのは

    • 景観遺産 5件
    • 景観自慢 2件

    があります
    ※そのうち1件が私が推薦した物件なのでです!


    そして、今回そのうち2件を訪問します。

    • 伊藤家住宅
    • 北方町がま広場

    景観遺産ジョギング

    f:id:you_key69:20191123231624j:plain

    景観遺産ジョギングを思い立ったものの、ひさびさすぎてペース配分が分からないという状況におちいりました。


    最近、ペースとか距離とかを意識しすぎていた弊害です。


    ひとまず大垣市を縦断するので、ところどころ信号待ちだったりスピードを緩めざるをえない区間もあるし。


    写真を撮ったり、道に迷ったりすることもあるでしょう。


    なので、ペースは気にせずジョグでいくことにしました。


    新しい道を走るのは旅ラン気分になるので、ワクワクしますね。

    #81 伊藤家住宅

    まずは自宅から近いほう、池尻町にある伊藤家住宅をめざします。


    f:id:you_key69:20191123231659j:plain

    住宅街につき探すのに苦心するのでは、と心配しましたがあっさりと発見。


    f:id:you_key69:20191123231723j:plain

    いつもの証。


    f:id:you_key69:20191123231802j:plain

    水屋に土蔵などなど、保存はむずかいしいとおもいます。


    f:id:you_key69:20191123231831j:plain

    でも、こうやって景観遺産ランナーに走る幸せをもたらしてくれてると思うと、感謝の念がこみあげてきます。


    ありがとうございます。

    #77 北方町がま広場

    さらにもうすぐ開通する東海環状道をくぐった先にある「北方町がま広場」をめざします。


    「がま」ってなんだ?とおもいながら向かいました。


    が、行ってすぐその謎は解ける。


    f:id:you_key69:20191123231958j:plain

    がま(河間)とは、要するにむかしの井戸のこと。


    f:id:you_key69:20191123232036j:plain

    上下水道が整備されてからは用途がなくなってしまったらしいですが、水の都大垣の歴史的な資料保全のために広場をつくったんだとか。


    f:id:you_key69:20191123232052j:plain

    鯉がわんさか泳いでました。


    f:id:you_key69:20191123232203j:plain

    伊藤家住宅もがま広場も末長くメンテナンスし続けられると良いですね。


    f:id:you_key69:20191123232223j:plain

    ちなみに、東海環状自動車道の大垣西ICから新設された大野神戸ICは12/14(土)に開通します!


     ***


    さて、ここで折り返し地点。


    ここからは気持ちを切り替えて、ゼーハー追い込んでいくぞー!


    つづく

    バーベルを自作してデッドリフトしてみた

    f:id:you_key69:20191123000119j:plain



    こんな方にオススメの記事
  • ランナーにとって大事な筋トレは?

  • スピードをつけたい

  • フォームを安定させたい

  • デッドリフトって何?

  • 自宅にバーベルなんてないんだけど?


  • ご安心ください。

    バーベルを自作すれば、すべて解決しますよ!



    デッドリフトとは

    デッドリフトをご存知でしょうか?


    筋トレ未経験者だと、あまりなじみがないかもしれません。


    私のなんちゃってデッドリフトで恐縮ですが、こんな感じのやつです↓

    こんなんで効くの?と思いますが、意外と効くんです。

    筋トレBIG3

    デッドリフトはベンチプレス、スクワットとともにBIG3と呼ばれています。

    ・筋トレBIG3

    • ベンチプレス
    • スクワット
    • デッドリフト

    なぜ、この3つかと云うと「ひとつのトレーニングで複数の大筋群を効率的に鍛えられる3大トレーニングだから」です。

    なぜデッドリフトをするのか

    この中で、マラソンを走る上でデッドリフトはとくに効果的だとおもっています。

    • 脂肪燃焼はもちろん
    • 筋力アップによるパフォーマンス向上
    • 体幹が鍛えられることによるフォームの維持

    に役立つから。

    しかも、自重ではなかなか鍛えられない筋肉をカバーしてくれるんです。


    ランナーにとってデッドリフトには、以下のようなメリットがあります。

    姿勢を良くなる

    デッドリフトは、

    • 脊柱起立筋
    • 僧帽筋
    • 広背筋
    を鍛えてくれる。


    肩から背中にかけての大きい筋肉群です。

    猫背を矯正し、美しい姿勢を維持させてくれます。

    ランニングのスピード・持久力を高められる

    デッドリフトは、走るときの大きな原動力となる

    • ハムストリング
    • 大臀筋
    をも鍛えてくれる。


    つまり、カラダの裏側を全体的に鍛えられるのです。

    裏側全体を鍛えることで、前へ踏み出すアクセルが強く踏めるようになることを意味します。

    自重では難しい筋肉を鍛えられる

    これが個人的にいちばん推したいメリットです。


    自重で背中やハムストリングを鍛えようとおもうと

    • バックエクステンション
    • ワンレッグヒップリフト

    あたりが王道だとおもいます。

    けど、慣れてくると自重じゃほとんど効かなくなってくるんです。


    オールアウト(疲労困憊)に追い込むには時間ばかりがかかり、結果的に筋力よりも持久力のトレーニングになってしまう。

    なので、自重派トレーニーとしては次のステップとして、デッドリフトに期待したくなるのです。

    バーベルがなくてもデッドリフトはできる!

    さて、そんなこと云ってもバーベルなんて持ってない。


    どうしようかな…


    そんなときに目についたのが、これ。


    f:id:you_key69:20191123000440j:plain

    物干し竿でした。

    バーベルを自作する

    「ないものは、作る」これは私の信念なので、いきなりバーベルに手を出すのではなく、作ってみることにしました。

    f:id:you_key69:20191123000513j:plain


    用意するものは以下のとおり。

    • 物干し竿
    • ビニール袋 2枚
    • 2Lペットボトル 6本

    f:id:you_key69:20191123000525j:plain


    手順は以下のとおり。

    1. ビニール袋にペットボトルを3本つめる
    2. 袋の取っ手に竿をとおす
    3. 完成


    撮影しながら計ってみたら、 90秒くらいで完成↓


    もはや飛脚がかついでいた荷物にしかみえない…

    f:id:you_key69:20191123000548j:plain


    バーの先にベル(重石)がついているので「バーベル」。

    これは竿の先に重石がついているので、バーベルあらため「サオベル」である。


    ペットボトルベルにつづいて、サオベルを発明してしまった。

    デッドリフトの重量・回数の目安

    レベルや体重によって、目安となるバーベルの重量は異なります。


    初心者はまず自分の体重と同程度から上げていくのが目安のよう。
    (中級者になると徐々に体重の2倍まで上げられるようになる)

    が、悲しいかな 2kg × 6本 = 12kg では、私の体重の4分の1にも満たない。

    1. 筋力を高めるためには、5~7回で限界
    2. 筋肥大させるためには、8~12回で限界
    3. 筋持久力を高めるためには、13~15回で限界

    というのが回数の目安らしいですが、12kgだと大して追い込めないかもしれません。


    見た目といい、重量といい、先行き不安ですが、ひとまずやってみましょう。

    実際にデッドリフトをやってみた

    さて、肝心なのは

    • このサオベルでデッドリフトができるのか
    • 適切に筋肉を鍛えることができるのか

    である。


    やり方は事前にYouTubeで確認してなんとなく覚えておこう。

    とりあえず腰を痛めないよう注意して実践したのが、冒頭でも紹介した動画。


    やってみた結果、

    • 20回を3セットやったが、キツくはない
    • ペットボトルが床にすぐついてしまうので腰が落としにくい
    • しかし、翌日肩・背中・ハムが筋肉痛になり、筋トレできない状態になった

    自作で即席のわりには効果があったかな?


    ただし、“Dead Lift”とほほど遠いトレーニングでした。

    まとめ

    というわけで、

    • ランニングのパフォーマンス向上にデッドリフトがおすすめ!
    • バーベルがなけりゃあり合わせのもので自作しよう
    • 即席バーベルは負荷は小さいが、デッドリフト初心者には練習用にいい規模感
    • 即席だが、さらにペットボトルを追加をすることで重量を調節できる!


    やったことない方は、手持ちの材料でためしてみてください。


    新境地に向かって、一歩前進できますよ!

    「何目指してんの?」に対する正しい回答

    f:id:you_key69:20191121001729j:plain


    帰宅してからTVも観ないし、ゲームもしない。


    代わりに筋トレしたり夜ランしてるとか云うと「何目指してんの?」と云われることがある。


    もはやその質問は飽きた。


    そして今や、それは誉め言葉と捉えていいことにした。


    だって同じ時間にTV観てたりゲームしたりしてる人に、同じように「何目指してんの?」ってきいても答えられないでしょ?


    そもそも訊くにもならない。


    だからガンバってる人に対する「何目指してんの?」は「頑張ってるね、応援してるよ」と変換すればいいことにしたのだ。


    もちろん、その問いに真剣に答える必要はない。


    「迷走してるんだよ」とか、テキトーにいなしておけば良い。


    実際に自分自身もわかっていないのだから。


    むしろ、その意味を探して走り続けてるんだと思っている。

    (終)

    SKINSのハーフタイツをおすすめする3つの理由と履いてみた感想

    f:id:you_key69:20191119000150j:plain



    こんな方にオススメの記事
  • 汗でランパンが腿(もも)にはりついて不快

  • 快適にはけるスパッツ、ハーフタイツを検討中

  • あわよくば高機能で

  • カッコイイやつを

  • リーズナブルなら尚のことありがたい


  • SKINSのハーフタイツはいかがでしょう?


    ランニングパンツが腿にはりつく問題

    汗でランパンが腿(もも)にはりつくのが、本当にイヤで、過去にスパッツを入手しました。


    それから暑い日や長い距離を走るときは愛用するようにしていたのですが、2年も履くとだいぶくたびれてしまいます。

    なので、新しいスパッツ(ハーフタイツ)を物色することにしました。

    私がSKINSを選んだ理由

    一口にハーフタイツといっても、いろんな色んなメーカーから販売されています。

    前回はこだわりなく「とりあえずReebokのやつを」という決め方だったのですが、今回はすこし機能性にも重きをおいてみたい。


    そんな中、C3fitやCX-W、2XUとか迷いました。

    が、最終的にSKINSにしたのです。

    f:id:you_key69:20191118235351j:plain


    SKINSは「着るサプリメント」を掲げており、ハーフタイツのシリーズでは

    • A100 エントリーモデル
    • A200 運動中と運動後のリカバリーをサポート
    • A400 シリーズ最高峰の動的段階的圧着

    と棲みわけがされています。


    とくに「DNAMIC A200」は運動中のサポートだけでなく、運動後のリカバリーにも使える24時間対応なので、そこが決め手でした。

    SKINS DNAMIC A200の3つの特徴

    私にとって、SKINS DNAMIC A200 の魅力は以下のとおりです。

    • 筋肉のブレをなくす
    • 血行促進による疲労回復
    • デザインもカッコいい

    お値段も4000円台と、機能性タイツにしては手を出しやすい価格帯でした。

    機能

    とくに私が着目したのは疲労回復効果です。

    最近は

    • 筋肉のほぐし
    • カラダの点検

    を目的として、とくに疲労してるときこそ走るようにしています。

    なので、疲労回復の促進効果、そして「着たまま寝られる」というのが魅力的でした。

    デザイン

    はい、主観も入っています。

    イエロー好きなので、もともとSKINSのブランドカラーは気に入っていました。


    ウェアの上は好みのイエローを見つけたので、下もワンポイントでイエローが欲しかったのです。

    そのニーズにがっちりハマりました。


    ちなみに、大迫選手がハーフタイツで走る様がカッコいいので「ハーフタイツはこれからトレンドになるな」と確信しています。

    末尾に提示する諸問題がクリアできれば、ですが。

    3つのアドバイス

    1. サイズとカラー

    サイズ

    f:id:you_key69:20191118235132j:plain

    インポートサイズなので不安でしたが、サイズは公式サイトに載っているとおりで良かったです。


    私の身長(168cm)だとSに近いけど、体重(52kg前後)はXSだったので、XSにしました。

    が、圧着力はまったく問題ありませんでした。

    たしかに丈はちょっと短いかも?

    カラー

    f:id:you_key69:20191118235101j:plain

    カラーはブラック&イエロー(BKYL)にしました。

    ひかえめなワンポイントのイエローロゴが好きだったからです。


    イエローのアクセントが入っているカラーバリエーションは、「ブラック&シトロン(BKCR)」ですので、お間違えのないよう。

    2. アイテムに頼りすぎないこと

    こんなことを云ってしまうと元も子もないのですが。


    初中級者レベルならアイテムよりも

    • 筋力や心肺能力の向上
    • フォームの改善

    に資本を投下したほうがコスパがいい

    とおもっています。

    要はモノよりもトレーニングに投資しろってことです。


    これはサブ4レベルの中級者が語っている持論なので、ぜんぜん無視していただいて構いません。

    が、背伸びしていいアイテムを買わなくていいとおもってます。


    なので、よほどのエリートランナーでなければランニングギアを選ぶときは

    • 着てみて快適
    • 見ててカッコいい

    そういう直感でいいと思うんですよね。

    3. もっこり問題

    本項は男性限定の問題なので、女性ランナーのかたはスルーしていただいて結構です。

    ハーフタイツユーザの中では、下着を着用した上からはくか、ノーパンのまま履くかが分かれるそうです。


    “もっこり問題”があるからです。


    私も初めのうちは抵抗があったのですが、できるだけ蒸れなく軽く履きたかったので、最近はノーパンでいっています。

    ロング走やレースでは、マルチポケットパンツを上から履くので今のところためらいはありません。


    でもランパンを卒業するなら、ちょっと躊躇してしまうかも…

    などといろいろ考えてしまいがちが、最後にひとつだけ助言するとしたら

    誰もアナタのことは見ていません
    これに尽きます。

    自分の好きなように着ればいいのです。

    履いてみた感想

    f:id:you_key69:20191118235231j:plain

    サイズもデザインも目論見どおりで満足しています。

    他の機能性タイツと比べたわけではありませんが、Reebokのスパッツよりかは薄手で吸汗速乾であることは間違いないです。


    これはフラセボかもしれませんが、いびがわマラソンの強烈なアップダウンでも最小限のダメージで帰ってこれたのは、少なからずSKINSが守ってくれたおかげだと感謝しています。


    もっと早くめぐり逢ってれば、肉離れも経験せずにすんだかも?

    それはちょっと買いかぶりすぎか…(* ̄∇ ̄*)

    まとめ

    ということで、最後にサクッとまとめます。

    • SKINSのタイツは高機能 ・ カッコいい・お手頃
    • アイテムよりトレーニングに投資せよ
    • 最終的には己の直感を信じろ

    以上!