あっぷりノート

あっぷりノート ς

モルモットからオオカミへ

ジョギングで花見をしよう│杭瀬川スポーツ公園の水仙


花見といえば、桜?

否!桜だけじゃありません!


もはやゆっくり寛いでの花見ができなくなった今。

オールシーズン花見の時代へ一気にシフトするのではと予測しています。


その時代の最先端をいく「あっぷりノート ς」。

今回の花見は「水仙」をご紹介いたします!

水仙とは

f:id:you_key69:20200329233207j:plain

こんな花です。

  • 和名 スイセン(水仙)
  • 英名 narcissus
  • ヒガンバナ科
  • 原産 地中海沿岸
  • 花言葉 うぬぼれ、自己愛
  • 由来 水辺に咲く美しい姿を仙人に喩えた

 
 

杭瀬川スポーツ公園

f:id:you_key69:20200329233115j:plain

今回おとずれたのは5kmタイムトライアルのコース付近にあった杭瀬川スポーツ公園


トライアル後のダウンジョグがてら散策してきました。

わかりやすく、遊歩道沿いにスイセン、キズイセン、フサザキスイセンが咲いています。

f:id:you_key69:20200329233130j:plain

20分切りが叶わなかった傷心をスイセンに癒してもらいます。

しかし、あとから花言葉が「うぬぼれ」だということを知り、猛省したのでありました苦笑

その他の水仙スポット

他にも大垣市で有名な水仙スポットといえば、笠縫町にある堤防が思い浮かびます。

ここには3年前に訪れていました。

季節の花を知ろう

  • 免疫力を高めるために
  • “3密”を避けるために
春のランニングをされたい方にオススメなのが、花ジョギングです。

お住まいの地域に咲く春の花を調べて、訪れてみましょう。

春の草花

春は雑草も含めたくさんの草花が芽吹きます。

  • 椿
  • 水仙
  • 菜の花
  • 山茶花
  • ツツジ
  • モクレン
  • タンポポ
  • ハナミズキ

etc.

あげだしたらキリがありませんが。


過去に四季折々の花見ランをまとめてますので、よろしければどうぞ。

書籍から学ぶ

f:id:you_key69:20200329232520j:plain

情報収集して、実際に目にしてみて、ふりかえる。

季節の花もランニングも学習の仕方はおなじです。


ランニングを始めてからこんな本を買いました。

「この花なに?」がひと目でわかる! 散歩の花図鑑

「この花なに?」がひと目でわかる! 散歩の花図鑑

  • 作者:岩槻秀明
  • 発売日: 2012/04/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

子どもの図鑑からも学べますね。

DVD付 花 (小学館の図鑑 NEO)

DVD付 花 (小学館の図鑑 NEO)

あっぷりへんしょん ~オールシーズン花見時代へ~

f:id:you_key69:20200329232457j:plain

春は桜だけじゃないことがお分かりいただけたでしょうか。


花見は桜だけじゃないことが伝わったでしょうか。


さらに花見はオールシーズンできることにご理解いただけたでしょうか。


ありがとうございます。

ブロガー冥利につきます。


それでは明日、振休をいただいているので、すこし足を伸ばしてを拝みにロング走してこようとおもいます笑

レースが中止なら一人タイムトライアルして強くなろう!


こんな方にオススメの記事
  • レースが中止になってしまった

  • 目標が目の前から消え失せた

  • 自分の現在地を知りたい

  • 無理にフルマラソンやハーフマラソンを走らなくたっていい。


    まずは5kmを全力で走ってみませんか?

    ツラいけど、ひとりで!


    5kmタイムトライアルを走る理由

    2020年はハーフマラソンのサブ90(90分切り)を目標にしています。

    いきなりハーフを走る前に、5km(5000m)タイムトライアルでウデ試しをしたいとおもいます。


    トライアル(trial)=試し、試験というコトバが表すように、自分の現在地を把握するうえで有用です。

    とくに5kmタイムトライアルには以下のようなメリットがあると思っています。

    • 現時点のウデ試し
    • 1500mより信頼性が高い
    • ガチユルのガチとしても使える
    • 雨天でもサクッと終わらせられる
    • それ自体が強烈なトレーニングになる

    ということで、5kmタイムトライアルにチャレンジすることにしました。

    一人で。

    20分の壁

    昨年11月(4ヶ月前)の5kmタイムトライアル結果は、20'26"でした。

    • サブ90には、VDOT 52 の走力が必要
    • VDOT 52 の5kmは19'17"(平均3'51"/km)

    当時の走力では、サブ90を目指す身としては厳しい現実を突きつけられた結果となりました。

    今回の目標はさらに上を目指し、20分切り。


    あわよくば19'17(av. 3'51/km)です!

    タイムトライアルの結果

    天気はぐずつき、伊吹颪(いぶきおろし)は吹き荒れるという過酷な状況下でしたが、タイムトライアルの結果は──


    f:id:you_key69:20200329000122j:plain

    • 20'13(av. 4'02/km)

    • 前回より13秒短縮!
    • しかし、目標達成ならず!

    いやァ、苦しかった!


    少し内容や結果をつまびらかにします。

    動画

    まずはお急ぎのかた向けに動画でどうぞ。

    何度か帽子が風で飛ばされそうになり、視点がブレたり髪の毛が映ったりしてますが、ご了承ください。

    内容

    1km経過時点で3'52/km。

    もうこの時点で心折れそうでした。

    だって目標のラップペースを下回ってたんだもん。


    しかし、20分切りはまた諦めない!と奮い立たせましたが、気持ちだけじゃ何ともならないですね。

    • 2km、4'00/km
    • 3km、4'07/km
    • 4km、4'12/km

    と順調に落ちていき…

    f:id:you_key69:20200329000215j:plain

    このままじゃPB(自己ベスト)さえ更新できないかも、という情けない事態は避けたいとおもい、4km以降は少し取り戻して何とかPB更新。

    よく考えれば

    そうだよね。

    おもえば、

    • クーパーテスト(12分間走)でさえ、3'52/km
    • 1kmインターバルでも3'46/km

    というランナーには無謀なチャレンジだったかもしれません。


    しかし何とか腐らずに走り抜けられた自分を褒めてあげたいとおもいます。

    よくやった!

    VDOT

    f:id:you_key69:20200329000245j:plain

    今回の結果をVDOTに換算すると、49.2でした。


    ハーフの90分切りはまだ遠い。

    10kmの41分切りも怪しい…


    ということで、次回(来週?)は懲りずに10kmTTをやってみたい。

    コース

    f:id:you_key69:20200329000329j:plain

    コースはいつもの杭瀬川沿い。


    ホームコースの一部を切りとって5kmにしました。


    風さえなければ、ホントいいコースなんですけどね。

    あっぷりへんしょん ~タイムトライアルしまくろう~

    f:id:you_key69:20200329000405j:plain

    某ウイルスの影響でレースが次々と中止に追い込まれています。


    この流れには抗えないので、もはやひとりタイムトライアルで遊ぶしかありません。


    冒頭のとおり、タイムトライアルには

    • 現時点のウデ試し
    • 1500mより信頼性が高い
    • ガチユルのガチとしても使える
    • 雨天でもサクッと終わらせられる
    • それ自体が強烈なトレーニングになる

    というようなメリットがあります。


    何度失敗したっていい!トライアルなんだから。


    キツいけど、学びは絶対あります。

    定期的に点検して、課題を解消していきましょう。

    平日はSITだけ走るチャレンジを2週間続けてみた感想【メンタル編】

    f:id:you_key69:20200327000704j:plain


    こんにちは!

    SIT推進委員会会長のあおやまです。


    下記のツイートを皮切りに、月~金はSIT(Sprint Interval Training)しか走っちゃいけないという自分ルールを設け、敢行しております。


    予定していた4月末のハーフは来年に延期(実質上の中止)になってしまいましたが、SITを継続し、4月中に

    • 5km 20分切り
    • 10km 41分切り
    • ハーフ 90分切り
    をひとりマラソンで挑戦したいと企んでいます。

    SIT再入門

    SITのやり方や長所・短所は下記の記事に書きました。


    しかし、平日SITチャレンジを始めるまで気づかなかったことあります。

    はじめてみて意外だったこともありました。


    今回はそこにフォーカスしてお話したいとおもいます。

    メリット

    ペース意識不要

    SITはとにかく30秒を全力で走ればいいので、ペースを意識する必要がありません。


    GARMINのマイワークアウトにさえ設定してしまえば、時計を見るわずらわしさからも解放されます。

    成長できる

    SITはマラソンの縮図」だという気づきがありました。


    インターバル後半で辛くなったときも、マラソンと同じように

    • 腕を降る
    • 顔を上げる
    • 気持ちを強くもつ

    ということで、キツいSITも耐えられたりします。

    短時間でレース終盤の粘りを養えるなんてラッキーですね。


    そして慣れてきたら30秒のパフォーマンスを上げることを意識できると、さらに成長が加速するとおもいます。



    小さな喜び

    SITは短サイクルで全力疾走を機械的にリピートするだけなので、大きな達成感はありません。

    しかしそのおかげで、些細な変化で喜べるようになるのです。

    意外な変化

    SITのメリットの中でも特に想定外にプラスに働いたことを記していきます。

    週末の過ごし方

    想定外にして最大の変化は「休日に対する意識が変わったこと」です。

    これには自分でも驚きました。

    平日に地味な練習をしている分、休日はド派手に走ろうという気概がみちあふれてくるのです。


    1mmたりともムダにしたくない。

    そんな心境の変化がありましたね。

    おかげでセット練やったりガチユルを走ったり旅ランができたりと有意義に過ごせています。


    これはホント想定外にプラスに働いたメリットでした。

    センバルほどキツくない

    例のガチユルの一角として初めてセンバル(1000mインターバル走)にチャレンジした後の感想です。

    センバルがキツすぎてSITのほうがまだマシかもと感じました。


    ずっとSITはキツく厳しくて苦しい練習だとおもっていましたが、それよりもっと苦しい練習があるとは意外でした。


    確かにセンバルは連日できませんが、SITならできる。

    それはSITが適切な強度だからなのかもしれませんね。

    注意点

    デメリットというほどではありませんが、注意点をひとつ。


    下記のツイートのとおり、SITを続けていると月間走行距離は確実に落ちます。

    1回のワークアウトで2kmちょっとしか走らないので。

    その分週末にたくさん走るので挽回できるとはおもいますが、毎月ノルマを課されている方には不向きかもしれません。


    数字には現れにくいトレーニングです。

    あっぷりへんしょん ~結局は結果ありき~

    今回は続けてみて感じた気持ちの変化について書いてみました。


    しかし、結果が出なければ意味がありません。


    5kmのタイムトライアルや、クーパーテストを試してみて、また結果を報告したいとおもいます。

    2日でフルマラソン超え!最強最幸のセット練を大公開!


    こんな方にオススメの記事
  • サブ3.5ランナーは週末どんな練習をしているのか?

  • セット練の具体的な内容を知りたい


  • トレーニング概要

    週末の金・土でセット練を敢行しました。

    2日間でフルマラソンの距離をややオーバーするくらいのメニューです。

    • 1日目
      • アップ 1.4km
      • インターバル走 3.6km
      • ジョグ 15.4km(av. 4'50/km)
        • 計 20.4km
    • 2日目
      • アップ 2km
      • 閾値走 5km
      • ジョグ 16km(av. 5'00/km)
        • 計 23km

    前提

    上記のセット練は

    • フルマラソン サブ3.5
    • ハーフマラソン 93分

    くらいのランナーが取り組む練習という前提でご覧ください。

    サブ4を目指すランナーなら、3本目のジョグをそれぞれ10kmにして、2日間の合計を30km前後にする等、各自調整をお願いします。

    1日目

    f:id:you_key69:20200322232441j:plain

    1日目のランは3部構成でした。

    • アップジョグ 1.4km
    • センバル 3本
    • ビルドアップ 15km

    アップジョグ 2km

    障害物なく、インターバル走1000m + レスト200m を3往復できそうなコースを、と思い選んだのは ──

    結局いつもよく走る杭瀬川の堤防沿い。


    そこまで、自宅からアップをかねて走ります。

    インターバル走

    はじめての1000mインターバルです。

    • 1000m Iペース
    • 200m レスト
    • 3セット


    実は、自分の1km走の走力を測ったことがありませんでした。

    ハーフを90分切りするならVDOT的には、「3'27/km」で走れなければならないようです。


    どれくらいで走れるのか、テストも含めて走ってみたところ ──


    f:id:you_key69:20200322232820j:plain


    撃沈。

    ペースコントロールがうまくできず、つかめないまま終了。


    平均3'46/kmにもかかわらず、もう肺が破裂しそう。

    こんな練習、ひと月に1, 2回でいいわ!とおもいました苦笑

    15kmビルドアップ

    インターバル走でエネルギーを使い果たしたあとは、脂肪を使いながらゆっくり長く走るガチユル風の練習です。

    ガチの後、8kmから辛くなるのは経験的にわかっていました。


    ここがフルの35km地点だとするとあと7km走らないといけない。

    よって最低15km走ればユルとして丁度よく仕上げられるんじゃないかと。

    f:id:you_key69:20200322233110j:plain

    途中、菜の花や城址をめぐってパワーがみなぎってきたので、最後ビルドアップで追い込んでおきました。

    ラスト上げられたのは収穫でしたね。

    2日目

    2日目も3部構成でした。

    • アップジョグ 2km
    • 閾値走 5km
    • ジョグ 16km


    糖分不足の状態で実験するため、朝食前に出走。

    結果は“朝飯前”ではありませんでしたが…

    閾値走

    平日はSITオンリーなので、週に1回くらい閾値走も走っておきたいです。

    現在のVDOTのTペース=4'19/kmを意識して20分強はしります。

    f:id:you_key69:20200322233153j:plain

    ガチユルの翌日なので、思うようにペースコントロールができませんでしたが、失速しそうなところを何とか耐えて踏んばれた感じです。

    Eペース

    閾値走のあとは貯蔵された脂肪を何とかエネルギーに転換できるように、Eペース=5'12/km~5'43/kmでゆっくりを意識して16km走りました。

    ジョグの目的

    ゆっくり走りながら

    • どこが痛むか
    • 筋肉痛をほぐし
    • フォーム矯正しつつ
    • どう走れば痛まないか

    ケガしないように慎重に点検。


    そして、糖(グリコーゲン)が枯渇している状態でどこまで走れるか、実験的な意味合いもありました。

    足止まる

    12kmくらいの地点でヤな予感はしてました。

    腹へった…と。


    あとから思えば、失敗だったのは補給食を何ももっていかなかったことです。


    18km時点でもうヤバイ…もう無理。

    f:id:you_key69:20200322233322j:plain

    20kmでアウト。完全に脚がとまり、ウォーキングモードに。


    さすがに2日連続で無補給のまま計40kmを超えるとエネルギー不足に陥るようです。

    帰宅してすぐアクエリアス500mlを一気に飲み干して復活しましたが、いい勉強になりました!


    次回からは補給を持ち運びます。

    セット練を終えて

    セット練を終えてから1日休み、ダメージの残り具合を確認。

    筋肉痛はハムと前腿、あとすこし背中に残ったかな。

    ダメージは

    • 33km走一本走った時と同じくらい
    • フルマラソンを走るよりは痛くない

    という感じ。


    長めに歩いてしまったり、疲れてフォームが崩れたまま走るとダメージが大きく残ってしまいます。


    なので、エネルギー枯渇のタイミングを学習しつつ、しっかり補給もとって走りきりましょう。

    そのほうがケガ予防にもなります。

    面白さを取り入れる

    ご覧のとおりセット練は過酷な練習です。

    過酷ではありますが、長めの距離を2日連続で走れるというのは利点でもあるとおもっています。


    なぜなら旅ランができるから。

    すこし足をのばして、城を巡ったり季節の花を愛でてはいかがでしょうか。

    すこし工夫をするかしないかで、セット練は天使にも悪魔にもなり得ますよ。

    あっぷりへんしょん ~メリハリをつけよう~

    平日はSITでフラストレーションをためて、週末に爆発させることでうまくメリハリがつけられていると自画自賛しています。

    特にこの週末は天気にも恵まれてセット練がはかどりました。


    来週末は雨模様だけど、どうかな。

    5kmタイムトライアルと花見ロング走のセット練をする予定なんですが。


    これも実験です。

    あわよくば強くなれればいいかと。


    モルモットからオオカミへ。

    一緒に目指しましょう!

    花と花を結ぶセット練│神戸町の菜の花~雲上の桜

    f:id:you_key69:20200321233236j:plain



    こんな方にオススメの記事
  • マラソンのセット練がキツい…

  • 何か楽しめる方法はないか?


  • せっかく楽しいランのはずが、キツいだけなのはツラいですよね?

    なので、面白さを創り出し、楽しさをプラスしてしまいましょう!


    セット練は、テーマもセットでくくるといいですよ。

    たとえば城をテーマにするなら、1日目に城を目指して、2日目にも別の城を目指すセット練とか。


    他にも

    • 公園
    • 文化財
    • 一級河川
    • 神社・仏閣

    etc.

    いろんなテーマで練習することができます。


    花も同様。

    春の訪れを感じる今、花はランニングのテーマにもってこいだと思います。


    色んなテーマを設けて楽しんじゃいましょう。



    昨日3/20と本日3/21とで、合計43kmのセット練をこなしてきました。

    トレーニング内容はまた改めて解説するとして、ロング走ついでに訪れてきたミドコロをご紹介したいとおもいます。

    1日目

    1日目のトレーニング内容は下記のとおり。



    菜の花

    インターバル走から向かった先は7kmほど先にある神戸町の菜の花畑。


    3年前にも訪れたことがあって、そのときフラれていました。



    そのリベンジのために再訪したんです。


    今年、2020年はどうか?





    f:id:you_key69:20200321233447j:plain

    / ドン \


    咲いてる?


    f:id:you_key69:20200321233534j:plain


    うーん、咲いてはいるんだけど…植わってない。


    そもそも毎年植えられているのか、疑わしくなるレベル。

    今回もリベンジならず。


    まあ、咲いていようがいまいが、覚悟は決めていました。

    いずれにしてもブログのネタになるから。


    こういうとき、ブロガーは強い!

    旧和泉城址

    菜の花が植わってなくたって大丈夫。

    もうひとつの楽しみがありますから。




    f:id:you_key69:20200321234250j:plain

    城跡です。


    え? どこかって?




    ほら。


    f:id:you_key69:20200321234310j:plain

    ここに。


    まさか城址碑が竹藪の中にまぎれてるなんて。


    • 和泉城
      • 城主 木村重茲
      • 築城年 不明
      • 遺構 なし

    木村氏は関ヶ原のときに豊臣サイドにいた武将のようですが、城については謎が多いようです。

    ルート


    CANOLAはキャノーラ。

    ほら「キャノーラ油」のね、菜の花という意味です。

    2日目

    2日目の練習は以下のとおり。



    雲上の桜

    f:id:you_key69:20200321234726j:plain

    樹齢500年の枝垂れ桜。

    片道約11kmの半分を閾値走、半分をEペースのジョグで向かいました。


    池田町の毘沙門院の境内にあることは知っていました。


    f:id:you_key69:20200321234620j:plain

    が、まさか鳥居をくぐってから民家があるとは予想しておらず、一瞬とおっていいのか怯んでしまいました。


    枝垂れ桜だから他より少しは咲いてるかな…と淡く期待していましたが──


    f:id:you_key69:20200321234650j:plain

    ほぼゼロに等しい開花状況。


    f:id:you_key69:20200321234705j:plain

    2日連続で花にもフラれた形になりましたが、目的はすべて果たせたので結果オーライ。


    充実したセット練になりました。

    ルート

    言ってるそばから②④を守れてない、甘さっぷり。

    あっぷりへんしょん ~面白さは自分で創ろう~

    20km超を2日連続で走るようなセット練は、キツいです。

    フルマラソンの終盤を鍛える練習だから当然です。


    でも、それだけの理由で避けるのはもったいない。

    セット練はキツいことばかりじゃないんです。


    自分で面白くすればいい。

    それだけでトレーニングに向かうモチベーションが変わりますからね。


    ご武運を祈ります!

    伸び悩むランナーに!当たり前のレベルを上げる3つの心構え

    f:id:you_key69:20200320234745j:plain


    もしマラソンタイムに伸び悩んでいるのなら

    • 設定ペース
    • 周りの環境
    • プライベートの過ごし方

    を見直してみよう。


    意識を変え、行動を変え、習慣を変え、成果が変わるかもしれません。

    そのお手伝いを少し、させてください。


    当たり前のレベルを上げるとは

    f:id:you_key69:20200320234820j:plain

    1年前にドラゴンボールを引き合いに出して、当たり前のレベルを上げることを語ったことがありました。

    前中後編の三部作なので、ドラゴンボール好きのランナーはぜひ読んでみていただきたいのですが(ドラゴンボールクイズもあるよ!)
    要約すると

    「常にスーパーサイヤ人でいることにカラダを慣らすこと」

    〈中略〉

    それはとりもなおさず、普段の走行スピードを上げること

    ということでした。


    もちろん、スピードだけじゃありません。

    他にも環境や意識の問題もあります。


    具体的にどんなことがあるか?

    3つ説明させてください。

    当たり前をレベルアップさせる3つの方法

    • Mペースよりも速いスピードに慣れる
    • Twitterを続ける
    • プライベートを捧げる

    Mペースよりも速いスピードに慣れる

    マラソンで走るペースよりも速いペースに慣れること。
    これが一番効果的だと思っています。

    マラソンペースで満足してちゃダメなんですね。


    感覚的には

    • 目標ペースのキロ当たり30秒速いペース
    • 目標タイムより30分速い平均ペース

    で長く走ることに慣れれば御の字。

    サブ4を目指すなら、5'10/km~5'00/kmくらい
    サブ3を目指すなら、3'45/km~3'35/kmくらい


    達成するまでは「そんなペースなんかで走れっこない」と思うかもしれませ。

    けど、勝手に限界を決めちゃダメなんです。


    徐々に慣らして、距離を伸ばし、当たり前に持っていく。

    ということで、私もキロ3分台で走れる時間を伸ばせるように粛々と精進いたします。

    Twitterを続ける

    私の例は極端かもしれませんが、ラン垢としてのTwitterを初めてから1年でフルマラソンのタイムが70分も縮まりました。


    Twitterでは

    • 自然と有益な情報がTLに流れてくる
    • 刺激が多く、モチベーションが上がる
    • 投稿するために頑張れる
    というようなメリットを感じています。


    たとえば、今朝1000mインターバルをやってみようと思ったきっかけもTwitterでした。

    で、ズタボロになり、気づいたのが下記の内容です。

    もうTwitterを続けられれば、レベルの高い環境に身を置けているもんだと気づきました。


    そして、自分でも発信することで、死に物狂いで何かしらを学ぼうと意識が研ぎ澄まされるのです。

    こりゃ、伸びないわけないですよね。

    プライベートを捧げる

    f:id:you_key69:20200320234508j:plain

    タイムを伸ばすには、ある程度プライベートを捧げる覚悟が必要です。

    道具や食事も大事ですが、何てったってトレーニング


    ランニングの後は、セット練感覚でプライベートでもトレーニングしましょう。

    f:id:you_key69:20200320234540j:plain

    この時期、オススメなのは「山登り」です。

    • 濃厚接触しないし
    • 免疫力もアップするし
    • リフレッシュにもなるし
    • 冒険心をかき立てられるし
    • ハムストリングも鍛えられるし

    一石が四鳥にも五鳥にもなります。


    個人的な都合ではありますが、勝手に平日はSITルールを作ってしまったので、他の練習は休日にしかできません。

    貴重な休日はトレーニングの密度を上げるため、いろいろと知恵を絞っているわけです。

    注意点

    注意してほしいのは「捧げる」のは「犠牲にする」のとは違うということです。

    「預ける」ような感覚に近いかもしれません。


    犠牲にしてしまうとコントロールできなくなり、周りにも迷惑をかけてしまいます。

    自分がコントロールできる範囲内で、うまくプライベートも活用してみてください。


    追い込むのと、ムチャをするのは違いますからね。

    まとめ

    目標よりも高い環境・レベルに自分を置いておくことは、マラソンのタイムを伸ばす上でホントに大事だと思っています。


    その意識があるだけで、ひとつひとつのトレーニングに対する目的意識も変わってくるので。


    一度、自身の設定ペースを見直し
    「なんでこのペースのなんだっけ?」
    「このままでいいんだっけ?」
    と、自問してみてください。

    くれぐれも、無茶なペースでケガだけはなさらぬよう。


    武運を祈ります!

    城と城を結ぶセット練│青野城~福束城

    f:id:you_key69:20200316000835j:plain

    セット練とは

    2日連続、強度の高い練習をすることをセット練といいます。

    フルマラソン終盤の走りを意識して、強度の高い練習の後、カラダのダメージが完全回復する前に負荷の高い練習をするのです。

    セット練の種類

    世の中にはいろんな「セット練」があります。

    1. ロング走からのスピ練
    2. スピ練からのロング走
    3. ロング走からのロング走
    4. 城跡からの城跡

    今回は、4.を実践してみたのでご報告いたします。

    城を結ぶセット練

    めぐってきたのは

    • 3/14 青野城跡(大垣市)
    • 3/15 福束城跡(輪之内町)

    の2ヵ所。

    青野城跡

    まずは、青野城跡

    別名「稲葉石見守正休公屋敷」と云われるとおり、城主は稲葉正休。

    • 青野城
      • 築城 1682年(天和2年)
      • 城主 稲葉正休
      • 所在地 〒503-2227 岐阜県大垣市青野町

    遺構は残っておらず、場所も曖昧。


    青野町の田んぼのど真ん中に石碑があるという情報だけで、雨のなか向かいました。


    f:id:you_key69:20200316000048j:plain

    が、なんと予定していた道が通行止め。


    懐かしいなァ、この感じ。


    最近はもっぱら堤防をダッシュするような練習ばかりだったので、こういう散策中に不慮のトラブルに出くわすことが少なくなった。


    壁にぶつかったとき、策を考えるのがワクワクします。


    f:id:you_key69:20200316000125j:plain

    まあ、今回はふつうに迂回すれば良かっただけですが。

    久々の城址めぐりは面白い。宝探しみたいで。


    福束城跡

    翌朝訪れたのは福束城跡

    f:id:you_key69:20200316000214j:plain

    天気がよくて気持ち良かったですね。

    • 福束城
      • 築城 1682年(天和2年)
      • 城主 稲葉正休
      • 所在地 〒503-2227 岐阜県大垣市青野町

    実は福束城跡は2018年に一度訪れようとして見つけられなかった城址でした。


    今、当時の記事を読むと、当時のGoogleマップが別の位置を指していたことがわかります。


    f:id:you_key69:20200316000316j:plain

    今では座標が修正されてるようでした。


    f:id:you_key69:20200316000302j:plain

    まさか福満寺の境内にあったなんて。

    動画

    Insta360GOで撮った風景はこちら

    Reliveのコース動画はこちらです。

    ぎふ清流ハーフマラソンが1年延期になってしまったので、代わりに4月に走る予定の「ひとりハーフマラソン」のコースの下見もかねて、走ってきました。

    トレーニング効果

    いやいや、ふざけているわけじゃありません。

    しっかりトレーニングとしても目的があったんです。

    • 1日目 SIT+10kmジョグ
    • 2日目 20kmジョグ

    1日目に糖(グリコーゲン)を使いまくり、完全回復する前に翌日長めに走る

    というセット練です。

    1日目 SIT + 10kmジョグ

    SIT布教の一環として、SITを走り、糖を枯渇させて脂肪をエネルギー源とした長めのジョグを試してみました。

    ガチユルSITです。


    経験上、ガチユルの“ガチ”にSIT(Sprint Interval Training)を組み合わせると、“ユル”の8kmあたりからいい感じに苦しくなります。

    苦しくなり始めてからが本番だとすると、

    • Eペースなら15km
    • 10kmならビルドアップ

    はユルく走っておきたいです。


    Eペースでの10kmでは物足りないかもしれませんね。

    2日目 20kmジョグ

    脚が筋肉痛の状態で、かつ糖不足が完全解消しない状態で長めのジョグを追加します。

    が、最後上げて終われるくらい余裕があったので、やはり前日の追い込みが足りなかったかもしれません。

    そこは反省点ですね。


    ランニングウォッチを見ずに楽なペースという体感で走ってました。

    だいたい5'10/kmが気持ち良く走れるというのは収穫でした。

    これくらいが今のEペースかなという感じです。

    あっぷりへんしょん ~セット練を終えて~

    最後上げられたとはいえ、だいぶカラダに疲労がたまってるようです。

    昼間、子どもたちを公園に連れていき、午後帰ってきてから家で爆睡してしまいました。


    最近、昼寝なんてしなかったのにな…

    今週は少し、疲労を抜いて来週からスピ練再開したいと思います。


    平日はSIT。
    週末は5kmの20分切りや10kmの41分切りを。

    あ、でも桜の開花状況によってはお花見ランもありですね。


    大会が中止になって、モチベーションが上げにくいですが、ないものは自分たちで創っていこう。

    めざせ、クリエイティブ・ランナー!