あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

“テンマイルリゾート”でトレーニングと休養を一挙に両得する

「テンマイルリゾート」とは僕が勝手に造った単語である。


最近、“ちょっとそこまで…”の服をおしゃれに着る「ワンマイルウェア」というのをよく聞くだろう。


自宅から半径ワンマイル(約1.6km)の範囲に着る服で、部屋着とタウンウェアの中間のようなファッションのことだ。


それと同じような感覚でネーミングしたのが「テンマイルリゾート」である。


テンマイル=約16km、つまりクルマで30分足らずでたどり着ける距離にある“身近なリゾート”を指す。


高速道路に乗って遠出をするわけでもない、半日で気軽に行って帰ってこれる休養地。


本格的なリゾート施設じゃなくたっていい。


心身を鍛え、リフレッシュできるような場所・施設であれば、スポーツ公園やスーパー銭湯、漫画喫茶だって何だっていい。


先週末、そんな考えに思い至ったのでご提案してみたい。

 

 

養老天命反転地


f:id:you_key69:20180924213052j:image

まず、トレーニングスポットとして推したいのが養老天命反転地である。


最近インスタ映えスポットとして脚光を浴びつつあるせいもあってか、人の入りがすごかった。


少し前まではそうでもなかったのに。


でも我らランナーたちと子どもたちは“映え”など、どこ吹く風。


とにかく走り回るのだ。


f:id:you_key69:20180924213104j:image

いかんせん、アップダウンが激しい。


子どもたちは身軽に、子猿のようにするすると登っていく。


それを大人が追いかける。


フォアフット着地を心がけ、ハムストリングスに刺激を与えながら。


こういう公園はレーニングもレジャーも兼ねられて、一石二鳥なのである。

 

 

水晶の湯


養老天命反転地から水晶の湯(月見の森駐車場)まではクルマで20分程度。


遊び疲れた子どもが午睡するのにちょうどいい時間だ。


着く頃には復活し、今度は至福の温泉タイムである。


水風呂と歩行湯に交互に入って足の疲れを癒やしまくる。

 


f:id:you_key69:20180924212643j:image

露天風呂から夜景を望む。


前回もたまたま満月だったのだが、今回もまたまた満月だった。


なんでも本日9/24は「中秋の名月」だというではないか。


出た後は、フルーツオレを飲んで、食事処『水晶庵』で玉子丼を食む。


そう、水晶の湯がいいのは、温泉やその景観はもちろん、食事が旨いところにある。


特に卵料理味噌が絶品なのだ。


養老・海津まで30分圏内にお住まいの方には、ガチでお勧めしたいリゾートプランである。

 

 

あっぷりへんしょん ~これからの時期はハイキング × 温泉がいいかもしれない~


池田山でハイキング+池田温泉でリフレッシュとか、


多良峡森林公園の後の阿下喜温泉あじさいの里とか、


養老の滝からの水晶の湯でもいい。


家族でハイキングすると見せかけて自分だけ軽くトレイルランをしてしまう、というプランもいいかもしれない。


皆さんもぜひ身近なリゾート、テンマイルリゾートを探してみてください。 

 

美濃府中城跡 │ 城址ジョギング

 

前回体調不良につき道半ばでリタイアした美濃府中城跡へ走りに行ってきました。

 

 

美濃府中城跡


府中城とは、全国の国府(今でいう県庁所在地みたいなところ)にあったとされる城。


美濃国(みののくに)の国府垂井町にあり、今の安立寺の境内付近にあったとされます。


f:id:you_key69:20180923214812j:image

安立寺(西側)

 


f:id:you_key69:20180923214830j:image

石碑

 


f:id:you_key69:20180923215953j:image

美濃国府廟趾」と読めます。

 

城主は不破氏だったとのことですが、とにかく明確な記録がなく、場所や由緒は曖昧のようです。

 


f:id:you_key69:20180923215343j:image

安立寺 本堂

 


f:id:you_key69:20180923215404j:image

境内のヒガンバナ

 


f:id:you_key69:20180923215423j:image

帰る途中、よく整備された住宅街があって驚きました(失礼)

 

そして、以前の垂井宿ジョギングで見逃していた追分道標を拝むこともできました。


f:id:you_key69:20180923215442j:image

追分とは東海道美濃路中山道)の分岐点のこと。


f:id:you_key69:20180923215502j:image

垂井町はそんな重要な交通の分岐点でもあり、国府があった場所でもあり、美濃国にとって重要な拠点だったことがうかがえます。

 

やるじゃん、垂井。

 

 

あっぷりへんしょん ~ランナーにとってはやっと秋を感じる季節になってきました~


久々の秋晴れ。


f:id:you_key69:20180923215532j:image

いわし雲というのかひつじ雲というのか、ずっと日差しを和らげてくれていて快適なLSDを支援してくれました。

 


f:id:you_key69:20180923215706j:image

気づけばもう彼岸花が満開の季節ですね。


f:id:you_key69:20180923215604j:image

ホームコースの大谷川沿いも両岸に咲き誇っていました。


しかも、堤防ですれちがったおば様にご挨拶すると、


「おはようございます。ねぇ、さっきそこにカワセミが下りてきてたのよ」


「えっ、 カワセミですか?」


「そう最近はめったに見れないけど、昔はたまに見かけたの」と。


へえ、いいところじゃないの、秋分の垂井。

 

YouTubeはひと休みして久々に音楽はどうですか?Spotifyを使ってみた


f:id:you_key69:20180921213358j:image

 

ANGRAの新譜『Light of Transcendence』のMVについてamassのサイトからプッシュ通知が来た。


8/31に記事を会社で発見し、後で聴こうとPocketに記録したまま忘れていたが、思い出して聴いてみると、ええやん。


ええ曲やん。


で、思わず普段あまり使っていないTwitterでつぶやいてしまったことから私の熱の入れようが伝わったんじやないだろうか。


しかも記事のあとに全トラックのサンプル版が試聴できるようになっていて、軽い気持ちで聴いてみたところツボに入ったのだ


f:id:you_key69:20180921212522j:image

さらにその先には「アルバムはSpotifyで全曲リスニング可」とある。

 

 

Spotifyにサインイン


Spotify」ってあのサブスクリプションサービスの黒船か。


ミスチルの件で知ったやつだ。


ということで、そのAmassの記事から、直接Spotifyに飛んでみた。


アカウントを作るのは簡単。


よくある名前や生年月日 、性別を入力しメールアドレスとパスワードを決めるだけのやつだ。

 

とりあえず、まずは無料版でスタート。


Spotifyは無料版だとシャッフル再生しかできないと聞いた。


けれど、 どういうわけかAmassの記事からから直接飛んで再生したANGRAのアルバム(OMNI)はトラック順に再生されている。


なんだこれ、すげェラッキーじゃん。
(でも、初回のみだったのか、 2回目以降はシャッフル再生しかできなかった…)


もしかしたらURLに何か引数を渡せば、強制シャッフルが解除できるのかもしれない。


後で調べてみよう。

 

 

好きなアーティスト調べ


こんなに手軽に好きなアーティストが聴けるなんて思っていなかったので、欲を出して他のアーティストも調べてみた。


f:id:you_key69:20180921212645j:image

DREAM THEATERも、ある。


f:id:you_key69:20180921212653j:image

SYMPHONY Xも、ある。


f:id:you_key69:20180921212705j:image

STEVE VAIも、あった。


f:id:you_key69:20180921212715j:image

SUM41も。 


RACER Xも、 NIRVANAも、インペリテリも、ソナタ・アークティクカも。

 


f:id:you_key69:20180921212729j:image

わが青春、X JAPANも。


最近なんやかんやあった広瀬香美も。


小比類巻かほるだって。


f:id:you_key69:20180921212741j:image

もちろん、ミスチルも。


ドヴォルザークだってお手のもの。


さすがは収録曲4,000万曲は伊達じゃない。


CD要らなくなっちゃうじゃん、どないしましょ。


あ。でも、GLAYはなかった。

 

 

あっぷりへんしょん  ~音楽のある生活の再来~


最近は“音楽を聴く”といえば、もっぱらYouTubeがメインでした。


でも、 気づけばだらだらと無関係な動画を観続けてしまい、ただ時間を空費してしまうだけの生活にすこし嫌気がさしていたところでした。


いつの間にか手が止まってるし。


その点、Spotifyはホント、「音楽を聴くこと」に特化したサービスです。


昔は音楽を聴きながら勉強したりしたもんでした。


でも、動画見ながらはなかなか他のことが捗りません。


視覚と聴覚を同時に奪われるのが致命的なんでしょうね。


久々に音楽を聴きながら集中してみませんか──

 

 

大井宿で6つの枡形を走る│中山道ジョギング

中津川・恵那旅行は恵那峡に拠点を構えたので、ランニングの舞台には中山道の宿場町「大井宿」を選びました。

 

 

大井宿と枡形


大井宿は中山道46番目の宿場です。


恵那にあることは知っていましたが、実際にどのようなルートなのかは行ってみるまで知りませんでした。


そこで、前日にコースを確認。


f:id:you_key69:20180918233135j:image

ここからPDFのダウンロードしました。


どうやら私の大好きな 「枡形※」が6つもあるコースのようです。


f:id:you_key69:20180918234932j:image

楽しみ!


※枡形(桝形)については、こことかこことかこの辺中山道系エントリー記事をご参照ください

 

恵那峡~大井宿


大井宿と直接関係ありませんが、恵那峡の風景が印象的だったので、すこしお付き合いください。

 


f:id:you_key69:20180918233349j:image

恵那峡にたたずむ大井ダム

 


f:id:you_key69:20180918233415j:image

 ダムのすぐ西にかかる東雲橋

 


f:id:you_key69:20180918233437j:image

その名に偽りなく、雲が橋をまたいで幻想的でした。

 


f:id:you_key69:20180918233521j:image

今回は大井ダムがせき止める木曽川から派生する阿木川(あぎかわ)沿いを走って大井宿を目指します。

 


f:id:you_key69:20180918233552j:image

川沿いの山道を走るのは仮想いびがわマラソンにはもってこいかも?


と思ってたら、5kmもしないうちに恵那市街地に突入してしまいました。

 

 

大井宿~恵那駅


f:id:you_key69:20180918233629j:image

市街に入ってすこし雰囲気がかわりはじめたところに──

 


f:id:you_key69:20180918233649j:image
本陣


f:id:you_key69:20180918233707j:image
ひし屋資料館


f:id:you_key69:20180918233740j:image
明治天皇行在所

 


f:id:you_key69:20180918233805j:image

枡形を曲がった先に神社、宿場町あるあるですね。


f:id:you_key69:20180918233830j:image
市陣神社


f:id:you_key69:20180918233858j:image
大井橋


大井橋には木曾街道六捨九次の浮世絵が並べられており、


f:id:you_key69:20180918233919j:image
 ▲我らが大垣の赤坂宿ももちろん!


f:id:you_key69:20180918233938j:image

大井宿を拝むこともできました。

 


f:id:you_key69:20180918234002j:image

大井橋を渡りきり、しばらく行くと進入禁止ゾーンにぶつかり、北方向に折れたところに恵那駅があります。

 

 

中山道広重美術館


恵那駅近くに「中山道広重美術館」があります。


f:id:you_key69:20180918234826j:image

そこで今、『木曾街道六捨九次内』が展示されているんです(9月30日まで)。


せっかくなので観に行きたかったですが、今回は時間とメンバーの都合上、見送りました。


年に一回は開催されているらしいので、またの機会にぜひ拝見したいですね。

 


f:id:you_key69:20180918234134j:image

帰りは阿木川の対岸(左岸)を通ってかえりました。


f:id:you_key69:20180918234855j:image

 

 

あっぷりへんしょん ~やっぱり中山道大好き!~


当ブログを読んでいただいている方はご存じかもしれませんが、中山道の宿場町が大好きです。


f:id:you_key69:20180918234251j:image

前日は馬籠宿を訪れました。



f:id:you_key69:20180918234537j:image


人生3度目でしたが、何度行ってもステキな町並みです。


が、馬籠宿→妻籠宿のランニングコースはアップダウンがきつすぎて、たぶん挫けますね。


ウォーキングでもいいので、いつか挑みたいです。

 

『クアリゾート湯舟沢』はスイミングキャップ必須か?ラッシュガード着用はOKか?

 


f:id:you_key69:20180916221056j:image

 

恵那・中津川旅行に来てます。


そのプランの一つ、『クアリゾート湯舟沢』について気になっていたことが解決したので、ここに記しておきます。

 

 

スイミングキャップは要るか?ラッシュガード着用はOKか?


『クアリゾート湯舟沢』は温泉、プール、バーデ(ジャグジー)やホテルが一体となった複合施設です。


f:id:you_key69:20180916220644j:image

画像はすべて公式サイトより引用


プールは室内と屋外があり、つながっているので両方行き来ができます。


気になっていたのは、


・室内プールでもスイミングキャップ(水泳帽)がいるのか?


 ・ラッシュガードの着用は可能なのか?


の2点でした。


そして、結論から云うと両方ともOKです。


室内プールだと水泳帽の着用が必須のところも多いですが、ここは外と繋がっているせいか、必須にはなっていません。


何せ浮き輪の持ち込みも可能なくらいですから、むしろ扱いは屋外プールに近いかもしれませんね。

 

それと同じ理屈でラッシュガードの着用も可能だったんだと思います。

 

 

2018年の屋外プールは?


さて、室内プールはオールシーズン遊泳可能ですが、屋外プールは夏季限定です。


今年2018年はいつまで解放されているかと云うと、9月24日までのようです。


f:id:you_key69:20180916220711j:image

屋外には流れるプールとホットジャグジー( 温泉)があるので、流されたい人、水着のまま露天風呂に入りたい人はあと一週間以内に是非!

 

 

あっぷりへんしょん~気温30°ではプールは寒い~


もともとの天気予報では雨の確率が高かったので、室内でも遊べるクアリゾート湯舟沢をプランに組み込みました。


が、晴れてくれてよかったです。


屋外プールも堪能できたので。


でも、気温30°で入るプールは冷たくて寒かったです。


温水プールだからもっと温かいと思いきや、油断してました。


f:id:you_key69:20180916220738j:image

▲水着を来たまま温かいジャグジーを堪能できるバーデゾーン

 


一回バーデゾーンや外のホットジャグジーに浸かってしまうと、温かすぎてもうプールには戻れません。


子どもはプール、プールでしたが、大人はバーデ、バーデでした。

 


f:id:you_key69:20180916220842j:image

あ、でもウォータースライダーはなかなか迫力がありましたよ。


水は冷たいけど、 一度チャレンジしてみる価値はあります。

 

 

旅行を有意義に過ごす!計画を立てるための8つのチェックリスト


f:id:you_key69:20180915000613j:image

 

三連休ですね。


旅行中の時間をムダなく有意義に使うために、旅行の計画で最近心がけていることを備忘のため記しておきます。


すこしでも皆さんの旅行計画のお役にたてれば幸いです。

 

 

(1)目的地


まず、 目的地が決まらなければ意味がありません。


どちらの方面にいきたいか、何をしたいか。


日頃からアンテナを張り、行きたいところリストにしたためておくと、こういうときに本領を発揮します。


個人的には日常では体験できない「経験」や「学び」にできるだけ投資できるように心がけています。


「目的地 観光 体験 スポット」等、Google先生に尋ねるのもいいですし、地図を眺めながら、ここ面白そう!と地図基準で決めてもいいでしょう。


検索では発見できなかったスポットに出逢える可能性大です。

 

 

(2)営業日・休館日


これ、しくじるとかなり無計画感が漂ってしまいます。

 

行ったけど閉まっていた──

 

ホント、予定が狂っちゃいますからね。勿体ないです。


特に月曜日は注意が必要ですね。


祝日なら問題ないことも多いですが、博物館や科学館など公共施設系は休館日だったりします。


祝日でも念のため、ご確認ください。


あと、昨今の豪雨の影響だったりで臨時休業を余儀なくされている施設・店舗もあります。


謹んでお見舞い申し上げます。

 

 

(3)割引


最近ならスマホでWeb画面を見せるだけで割引が適用されるところもありますし、JAFカードも意外とバカにできません。


事前にコンビニでチケットを購入するだけでも違ったり、生協なんかで安く買える場合もありますよね。


同じ体験をするなら安いにこしたことはありません。


目的地が決まったら、各所の割引・クーポンを検索しまくりましょう。

 

 

(4)食事処・レストラン


私、個人としては優先順位は低めですが、どこで食事をとるか、何を食べたいか、ご当地ものを入れると旅に厚みが出ます。

 

予め決めておけば「何食べたいー?」「えー、何でも良い」というタイムロスは未然に防げますからね。

 

ここは意外と盲点なんじゃないかなとおもいます。

 

 

(5)雨の日


 残念ながら曇天の予報なら雨のリスクヘッジもしておきましょう。


子連れなら科学館や博物館に屋内プール。


美術館なんかもいいですね。


雨風しのげる場所がセーフティネットになります。

 

 

(6)滞在時間・所要時間(移動経路)


その場所にどれくらい居て、次の目的地まではどれくらいかかるのか。


 プランを練る上で重要です。


意外とすぐに見て回れてしまった、というと時間をもて余してしまうし、逆に目的地間の距離がものすごい遠かったとなると予定していたイベントに間に合わなくなってしまう危険性もあります。


分単位じゃなくてもいいので移動経路はざっくり把握しておくと良いでしょう。


Googleマップのマイプレイスにピン留めしておくとかなり便利ですよ。


f:id:you_key69:20180915001335j:image

▲例えばこんな感じ

 

 

(7)拠点・宿泊施設


2日以上かけて滞在するなら拠点をかまえる必要があります。


わが家はだいたい“帰って、寝て、朝食”くらいしかホテルで過ごさないので、それさえ満たされればあまり宿泊場所に重きをおきません。


温泉フリークなので、日帰り温泉に寄ってホテルに戻り、ただ寝るだけというパターンも多いです。

 

まあ、ホテル・旅館をとるのは自然の流れなので割愛しましょう。

 

 

(8)ランニングコース


そして忘れてはいけないのが、自分へのご褒美、ランニングコースです。


これは旅の醍醐味と云っても過言じゃありませんよね?


いつもと違う場所を走るのはまじでテンション上がります。


朝イチに観光地を走ると景観を独り占めできるメリットもあります。


これは是非、計画の中に組み込んでおきましょう。

 

 

あっぷりへんしょん~とにかく調べまくるのが正義~


独身の頃、かつては行き当たりばったりの旅行をしたもんでした。


国内、海外かかわらず、その方が想定外の出逢いがあって面白いと思っていました。


ある種、それは一つの正解でした。


でも、家族を連れていくとなるとまたその考えは変わります。


妻に迷惑かけたくないし、楽しみにしていた子どもたちをガッカリさせたくありません。


そんな想いからたどり着いたのは、とことん調べまくることです。


確かに事前に調べることによって驚きが幾分か減ってしまうかもしれませんが、そのぶん家族が笑顔になってくれるなら、むしろプラスに働きます。


そしてまた次も旅行に行きたい!というサイクルが延々と繋がるといいです。


子どもが旅行についてきてくれるまでは、そうやってプランニング・マインドを研鑽していきたいですね。

 

雨の休日に!プラネタリウム、図書館、カフェが楽しめる「ハートピア安八」

せっかくの週末も雨だと予定がくるっちゃいますよね。


でも、安心してください。


手軽に(しかも子連れでも)楽しめる屋内スポットが安八町にあるんです。

 

 

ハートピア安八

f:id:you_key69:20180913220601j:image

「ハートピア安八」は安八郡安八町が誇る公共施設


プラネタリウム、図書館、児童館、カフェ、民俗資料館などが設えられた複合施設です。

 


f:id:you_key69:20180913221713j:image

(以下、画像は安八町役場ホームページから引用)

 


先日、はじめてここに訪れたのですが、大垣の科学館・図書館をしのぐくらい 良かったので、簡単に共有したいとおもいます。

 

 

プラネタリウム 


まず、プラネタリウムが無料で楽しめます。


f:id:you_key69:20180913220629j:image

何が良かったって、床に寝転びながら天井を見上げて観るスタイルが、斬新で、心地よくて気に入りました。
(もちろん、 椅子に座っても観れます。)


最近のプラネタリウムって昔のただ星を観るだけじゃなくて、ちょっとしたアトラクション要素もあっておもしろいんですね。


たぶん、プラネタリウムを観たのなんて10年以上ぶりだったと思います。

 

 

図書館


f:id:you_key69:20180913220657j:image

児童書も充実していて、子どもたちへの読み聞かせスペースもあり、思い思いの本を選べて楽しんでいたようです。


f:id:you_key69:20180913220715j:image


私はアートディレクター見習いとして、『日本のロゴ』シリーズが読めて大満足でした。

 

日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷

日本のロゴ―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷

 


デザイン系の本って高いですからね。
図書館 で読んだり 、借りられるとありがたいです。

 

 

カフェ


入口入ってすぐのところに、カフェ『カリス』があります。


f:id:you_key69:20180913220826j:image

モーニングやランチもありますが、わが家は昼過ぎに向かったのでティータイムにお邪魔しました。


太っ腹なのか、ドリンクを頼むだけでシフォンケーキとアイスが付いてきました。


そして、何にも頼んでいない子どもにも無料でアイスクリームがもらえました。


安八、まじ卍。

 

 

児童館


f:id:you_key69:20180913220956j:image

わが家は時間の都合上行けませんでしたが、児童館(遊戯室)もありました。


雨の日、外遊びできないときは重宝しますよね。


f:id:you_key69:20180913220936j:image

 


先週末、日曜日の午後に訪問したのですが、全体的に空いていて非常によかったです。


今週末の天気もパッとしないので、予定変更の候補に「ハートピア安八」はいかがでしょうか?


気軽に室内で楽しめますよ。

 

 

あっぷりへんしょん~帰りは安八温泉に立ち寄ろう~


f:id:you_key69:20180913221439j:image

安八温泉

 

ハートピア安八で遊んだあと、その他もろもろの用事を済ませ、帰りは安八温泉に寄って帰りました。


以前、百梅園ジョギングで発見した温泉です。


念願かなって訪れることができました。


大人300円、小学生未満無料で、コスパは高いです。


ただ、シャンプーやボディソープは持ち込みが必要なのでご注意あれ。


また、サウナがないためか、水風呂もありません。


よって、 ランニング後のクールダウンに冷水をキュっと浴びたい人には不向きかもしれません。


上記を認識の上、ハートピア安八帰りにぜひお立ち寄りくださいませ。