あっぷりノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

【保存版】冬の朝ジョギングを走りぬく4つのコツ

ランニング

冬まっさかりである。


冬といえば朝ジョギングである。


今回はいまさらではあるが、僕が冬の朝ジョギングをはじめた当初に直面した問題とその打開策についてまとめておきたい。


f:id:you_key69:20170118222653j:plain

Pounding the asphalt via photopin (license)



直面しがちな朝ジョギングの課題

ときは2015年の年末にさかのぼる。


── 天気がいいし、日光がもったいないので走りたいなあ。


走ることは健康や脳にもよいという主張をいろんなところで見聞きしてきた。


が、なさけないことに以下のような懸念が頭をかけめぐっていた。


(1)早起きできなさそう
(2)寒そう
(3)膝とかこわしそう
(4)総じて、続かなさそう


みずからのネガティブ・マインドにヘドが出そうである。


そんな中途半端な動機だったが、今おもえばうまく乗りこえられたんだとおもう。


よかったのは精神論ではなく、じつに論理的な手段をとったからだろう。


ではくだんの懸念事項をどうやって乗りこえたのか。


以下に記しておきたい。



対策1.早起きできなさそう →15分だけ走る

くわしくはコチラをご参照いただきたいが、二度寝、三度寝しても走れる時間」というのが15分なのである。


もっと走りたいと欲をだすと、もっと早起きしなきゃならなくなる。


それで起きれなくなったら本末転倒だから。


ちなみに15分で2kmは走れる。


運動不足のからだにはけっこう効く。


真冬でもしっかり汗かくしね。


たぶん有酸素運動にもなってる、はず。



対策2.寒そう →ウィンドブレーカーをまとう

当ブログでは再三紹介しているが、ホントこれがなかったら絶対つづいてないとさえ感じている推しアイテム。

軽くてあったかい。


この件も過去に記事にしているので、くわしくはコチラを参照されたし。


ちなみに朝の気温が0℃前後だと歯がガタガタふるえるくらい寒い。


ウィンドブレーカーだけで心もとないときは、首もとにタオルをまいたり、ニット帽かぶったり、軍手をはめたりと体温調節する。


ただ、基本的に手持ちのモノで何とかできるのがいい。


それで15分走ればじゅうぶん温まるから。



対策3.膝とかこわしそう →スロージョギングにたよる


膝に負担をかけないためには、フォアフットランニングが良い。


また、スロージョギングは準備体操もやらなくていい、というのが気に入った。


なんせ朝はそんな時間さえ惜しいからだ。


ぼくをもっとも奮い立たせた書籍がこれ。


これも何回か紹介した本である。


ちなみに「仕事に効く!」と掲げているあたりがニクい。


これをよんで、あやふやな記憶力や散漫な注意力が強化されるんじゃないかと、ついあわい期待をよせてしまったが、この1年間で「頭が良くなった!」という実感は、残念ながら今のところ、ない。



対策4.総じて、続かなさそう →習慣化アプリに管理してもらう

これも以前のコチラで紹介したとおり。


習慣記録アプリなら続いているかが一目でわかるし、忘れないようにリマインダー機能もある。


特に「KeepDo!」はアプリを起動せずして、通知画面から1タップで記録できるのもいい。


習慣記録のための操作はシンプルにこしたことはない。


ポイントはアプリでコントロールするのではなく、アプリにコントロールしてもらうことである。


できる社長は秘書をつけないらしいが、ぼくには秘書が必要だったのだ。


あわよくば美人の…と思っていたが、そういえばスマホ機種変してからはアプリを使っていなかった。


それでも続けられるようになるものである。


あっぷりへんしょん ~セルフまとめ記事です~

僕がいままで冬のジョギングについて書いてきたことの、いわばまとめ記事のようなものであるが、じつは1年間下書きのまま保存されていた。


最近キュレーションサイトの転載が問題になっていたので、自分の記事をまとめるならぜんぜん良いだろうということで、世に対するアンサーアーカイブとして今回、加筆修正してリリースしてみた。


また何かしら記事がたまったら、“セルフまとめ”やってみます。

自分が欲しいモノは“節目”のどさくさに紛れて手に入れる

ライフスタイル


f:id:you_key69:20170116160944j:plain


LEGOのテクニック・シリーズから、プルバック式のレゴが発売されたので、買ってみた。


どさくさに紛れて。



D太郎がくる

レゴ (LEGO) テクニック スタントトラック 42059

レゴ (LEGO) テクニック スタントトラック 42059


わが家の引っ越しのときには、いつもきまって珍友のD太郎がくる。


“引っ越しの手伝い”という名目で、静岡だろうが愛知だろうが岐阜だろうが、いつもきまって、来る。


なので、手伝いのお礼に何か贈り物を準備しておきたい。


“お礼”という名目で。



趣味のあう同志には自分がほしいものを贈る

f:id:you_key69:20170116161035j:plain


趣味のあう仲間はいい。


プレゼントをかんがえやすくていい


そんな仲間に贈るプレゼントは、だいたい自分がもらってうれしいものである。


だから選んでるうちに自分もほしくなって、自分の分も一緒に買ってしまうのである。


正確にいうと、プレゼントを探してるうちに自分のほしいものが見つかり、じゃあ相手にも贈ろうということで2つ買う、みたいなことだ。


義兄の誕生日にナーフを贈ったときもまったく同じ現象で、今回のD太郎へのレゴもおなじ症状が再発しただけのことである。


f:id:you_key69:20170116160906j:plain


だって、ほらこんなにかっこいいでしょ。



あっぷりへんしょん ~究極のドサクサは引っ越し~

友人のプレゼントでもドサクサにまぎれることはできるが、引っ越しなんかはその最たるイベントだとおもう。


「引っ越しはものを捨てるためにある」という名言をきいたことがあるが、引っ越しはものを買い替えるチャンスでもある


新居ではあれやこれが必要になる ── という名目で、ほしいものはこの機会にどさくさに紛れて手にいれておきたい。


プレゼント、引っ越し、あとは宝くじが当たったときだろうか。


つまるところ、ふだん何でもないときに買うのがうしろめたいモノは、人生の節目のどさくさに紛れていろいろ手にするのがいいとおもいます。

【ご報告】引っ越しました!

私事ですが、2017年1月14日に転居しました。


f:id:you_key69:20170115181208j:plain


田んぼのど真ん中ですが、いいところです。


個人的にはこの2.5畳のナゾの小部屋をどう改造していくか ──


f:id:you_key69:20170115181040j:plain


たのしみにしているので、またそんな風景もお届けできればとおもいます。

3ヶ月ほぼ毎日連続ブログを投稿して何が起きたか?そのためのコツとは?

じつは2016年10月14日から3ヶ月間、ブログの連続投稿をこころみていました


でも、達成できなかった。


途中、寝落ちしたり、風邪をひいたりで投稿が歯抜けになってしまったのである。


情けないことに、10/14に意を決したにもかかわらず、10/16にはもう更新が途切れてしまった。


その時点で意思の弱さが明るみになってるではないか。


しかしながら、どうにかふんばった結果が92日中70回の投稿で、達成率は約76%(1週間で5日程度)。


結構がんばったつもりなのに8割にも達していないなんて、ふがいない結果である。


でもそんな中、すくなからず学ぶこともあったので、ふりかえりも兼ねて書きとめておきたい ──


というのが今回の趣旨です。



3ヶ月間、ブログの連続投稿をしてみて学んだこと

f:id:you_key69:20170115061714j:plain


まず、学んだのは「目的もなく3ヶ月連続投稿を試みても、何も起きない」ということ。


なんともおもしろくない結果になってしまって、すみません。


そもそも、なぜ90日間連続投稿をしようとしたかというと ──


なんだっけ?


じつはあんまり覚えていない。


ただ、なんとなく何かを読んでいて、まずブログを90日連続投稿をすれば、何か起きる・何かが変わる、というようなことを聞きつけてチャレンジしたんだとおもう。


直感的なやつである。


単に「おもしろそうだ」という。


実際、おもしろかった。


けれど、達成率が中途半端だったせいか、結果、何も起きていない。


プロセスはあもしろかったのに、結果おもしろくないことになるとは、そういうこともあるんですね。


木を見て森を見ず、である。


書くスピードが上がったとか、ネタに敏感になったとか、記事がとりあげられやすくなったとか、小さな変化はあったかもしれない。


でも目的なくやっていたので、達成感がなかったのかもしれない。


それなら3ヶ月と区切らずに、のうのうと更新を続けているほうが良いかもしれない。



毎日投稿するスピード感を養うコツ

f:id:you_key69:20170115062818j:plain


ただ、週5で投稿するにしても、それだけ投稿するにはそれなりのスピード感ががもとめられる。


その点においては小さなコツを見いだせたので、せめて書き留めさせてください。


・ブログの更新時間を天引きする

スキマ時間をつかって空いたときにちょこちょこ書いていたのではなかなか進まない。


毎日21時から30分とライティングのための時間を決めて、一気に書き上げて投稿してしまうほうが同じ時間のつみかさねでも圧倒的にはやい。


・書けるところまでで区切りをつける

テーマや内容の粒度にもよるが、30分で書き上げてしまう等、書き上げ時間のリミットを決めてしまうこと。


イムリミットがせまってきたら、文章のまとめに入ること。


収拾がつかなければ、途中までを公開して、続編につなげてしまう


質よりスピードなのだ。


プライドとの闘いともいう。


・下書きをしない

僕の場合、Evernoteに書きためておいて、醸成するまで公開しないなんてことがザラにあった(今でもたくさんたまってるが)。


でも、いきなりブログのエディタ画面で書きはじめてしまうと、もう書ききるしかなくなってくる


そしてそのいきおいで公開にまで、こぎ着けられてしまうのだ。


ひとたび公開してしまうと一気に気が開放されるからフシギなものである。


あとは、野となれ山となれだ。


・公開後に修正する


野となれ山となれ、とは云ったものの、もちろん公開後の記事をあらためて読みなおす


そして気になる文脈とか文章のリズムがおかしければ、直す。


修正は公開後にするのだ。


ブログは永久にβ版(死語)なのである。


オススメは、翌朝読み返すこと


なんでこんなタイトルなんだろう?とか、ここの意味伝わりづらくね?とか、一回寝かせてから読むと粗がめだってくるのだ。


ラブレターは夜書くな、とはよく云ったものである。


あっぷりへんしょん ~足りなかったこと~

今回のブログ連続投稿に足りなかったのは、すべて「目的意識」のひとことに尽きる。


目的がなかったから意思もつづかず、寝落ちなんてしてしまうのだろう。


本当に必要なら寝てなんかいられないからね。


そのうえで、ネタ集めや実行力、質の向上といったテクニック的なものをみがいていけたらいい。


もうちょっと自分探ししてみます。

クロスバイク用の通勤カバン!メッセンジャーバッグ「TIMBUK2 クラシックメッセンジャー S」のご紹介

f:id:you_key69:20170113130233j:plain


前回のつづきです。



TIMBUK2の「クラシックメッセンジャー S」

理想に近いメッセンジャーバッグとして選んだのはTIMBUK2の「クラシックメッセンジャー」のSサイズであるが、僕がこのバッグをえらんだ基準は以下の3つだった。


(1)A4サイズの書類が入るか

(2)弁当箱・水筒が入るか

(3)職場に持っていって違和感がないデザインか


これらの条件を満たしているか。


満たしているとおもって入手したが、実際どうだったかをご報告します。


(1)A4サイズの書類が入るか

f:id:you_key69:20170113212705j:plain


このようにA4のクリアファイルがすっぽり入る。


クリア!


(2)弁当箱・水筒が入るか

f:id:you_key69:20170113212720j:plain


このような弁当箱・水筒が入ったバッグが、


f:id:you_key69:20170113212737j:plain


すっぽり入る。


クリア!


(3)職場に持っていって違和感がないデザインか

今日はじめて職場に持っていったが、誰にも気にかけてもらえなかった


それくらい違和感がないなかったということだろう(ということにしておく)。


クリア!



***


最後にいままでのビジネスバッグに入っていた、財布と折りたたみ傘を移しかえてしまってみた。


f:id:you_key69:20170113213336j:plain


うむ、収納力には問題なさそうである。


惜しい点

もちろん、すべてパーフェクトとは云わない。


欠点とまではいかないが、惜しかった点も正直にお知らせしておきたい。


(1)持ち手の位置

f:id:you_key69:20170113213538j:plain


持ち手の位置、もう少し上にずらせなかっただろうか。


肩掛けベルトから外して手に持ちかえるときに、持ち手をもつとビッグが微妙にかたむく。


何か意図はあるんだろうが、アンバランス。


(2)外ポケット

フタを開閉せずにアクセスできる外ポケットが1つあると良かった。


今の季節なら手袋を外してサッと入れたり、スマホの出し入れに使ったり、(あまりないかも知れないが)読んでた文庫本をサッとしまったり。


内ポケットが充実しているだけに、この点はほんとうに惜しかったとしか云いようがない。


(3)開閉がめんどくさい

f:id:you_key69:20170113215905j:plain


バッグのふたはマジックテープとロックで開閉するようになっていて、よくいえば堅牢だが、開けるのに手間がかかるというデメリットがある。


めんどくさいあまりにロックをしないと、紐がだらしなく垂れさがり、自転車にひっかかったりする。


紐をつかわなくていいよう、何かしら工夫したいおもう。


あくまでメッセンジャーバッグは通過点

前回お伝えしたとおり、最終的な理想形は、パニアバッグである。


そのままビジネスバッグとして使えるパニアバッグだ。


逆にいうとビジネスバッグをそのままリアキャリアに引っかけられるようにしたい。


そんなパニアバッグ兼ビジネスバッグが見つかるまでは、このメッセンジャーバッグを使いたおしていきたい。


自転車通勤用に“ひとまず”メッセンジャーバッグを買いました

ガジェット/文具

f:id:you_key69:20170112215742j:plain


カバン問題、暫定対処のお知らせです。



パニアバッグか、メッセンジャーバッグか、カゴか

通勤用クロスバイクを選ぶにあたり、必須条件だったのが、「良い通勤カバンとの出逢い」であった。


以前お話したとおりクロスバイク(シルヴァ F24)は通勤用にはうってつけだが、通勤バッグが入るようなカゴは装備されていない。


そこでパニアバッグをつけるか、



メッセンジャーバッグを提げるか、



無難にカゴをつけるか、



という選択肢がのこされた。



で、迷ったときの消去法である。


まず、カゴはない


カゴから卒業したくてクロスバイクに変えたくらいなので、カゴにはもどりたくない。


カゴに荷物がはいってることでどれだけバランスをくずされ、ストレスになっていたことか。


そうなるとパニアバッグかメッセンジャーバッグのどちらかである。



暫定的に、メッセンジャーバッグ

で、タイトルにもあるとおり、まずはメッセンジャーバッグを使うことにした。


なぜ「まずは」かと云うと、理想はパニアバッグだったからである。


メッセンジャーバッグでもいいが、デメリットとして


・背負うことにより汗をかく

・バッグがずれてきてストレスになる

・スーツの型がくずれる


云々、少なからず欠点が想定されたからである(つかう前から悲観的だけど)。


一方、パニアバッグにはその欠点が一切ない。


なので、パニアバッグ一本でずっと探していた。


かれこれ2ヶ月くらいだろうか。


でも、ぜんぜん理想のバッグにめぐり逢えない。


出逢いはタイミングと妥協とはよく云ったものである。


この期におよんで出会さないのであれば、妥協するしかあるまい。


ということで、理想に近いメッセンジャーバッグを選んだわけである。


まずは。


ひとまず今(1月)は汗をかく時期ではないし、通勤時間も15分程度なので上述のデメリットにさほど苛まれることもないだろうという妥協である。


できれば今夏までには理想のパニアバッグにたどり着きたいとおもっている。


まだあきらめてないよ!



TIMBUK2の「クラシックメッセンジャー S」


さて、理想に近いメッセンジャーバッグとして選んだのはTIMBUK2の「クラシックメッセンジャー」のSサイズである。


サンフランシスコ生れのブランドへの信頼というのもあったが、僕がえらんだ基準はほとんどこの3つに帰着する。


(1)A4サイズの書類が入るか

(2)弁当箱・水筒が入るか

(3)職場に持っていって違和感がないデザインか


これらの条件を満たしているか。


次回、くわしくご説明します。


もはや“最強“?ドラム用グローブがランニングに使えるか検証してみた

ランニング ガジェット/文具 音楽


f:id:you_key69:20170111033838j:plain


かつて楽器屋でバイトしていたころ、先輩スタッフのみんながドラム用グローブを軍手がわりに機器の搬入や設置作業をこなしていた


かっこいい。


これは、ぜひ真似したいとおもい、ぼくも買った。


そしていまだに軍手としても使っている。


引っ越しの梱包だって、スタッドレスタイヤの交換だって、このドラム用グローブで作業できる。


ドラムスティックがしっかり握れるように、滑り止め加工までしてある。



f:id:you_key69:20170111033539j:plain

▲もうかなり年季はいってますが



なんなら軍手より薄手で便利である。


しかも最近気づいたのだが、グローブをつけたままスマホのタッチパネルを操作することもできる


これはすごい。


軍手も驚きである。


もうこの時点で“最強”とうたってよさそうなものだが、もうひとつだけ確かめておきたいことがある。


それは、

── ドラム用グローブをランニング・グローブとして使えないか

という仮説である。
(というのも、以前ランニング・グローブの考察をおこなったことがあったからである



ランニンググローブとして使えるか

以前、ランニング時の防寒とスマホ操を実現するために、軍手×スマホのてぶくろモードで使うとわりきったことがあった。


が、正直てぶくろモードになんてめんどくさくていちいち切り替えなんかしない。


結局ランニング中にスマホをいじるときは軍手をはずして操作していた。


ところがここにきて、あらたな刺客の登場である。


それがもしドラム用グローブで解決してしまうのであれば、ドラム用グローブは晴れて“最強のグローブ”の座につくことができるのだ。


タッチパネル操作ができることは確認済みである。


あとは、ランニングに支障がないか

・保温性はあるか

・ムレたりしないか

それだけだ。



走ってみた結果

で、走ってみた結果だが、問題なくつかえた


もちろん保温性はある。


保温性といってしまうと堅くるしいけど、素手で走るよりもちろん温かい


寒さはしのげるレベルである。


ただ、手のひら側がレザー調なので、ムレたりしないかを懸念していたのだが、

f:id:you_key69:20170111033539j:plain


手の甲のほうがメッシュ素材なので、心配にはおよばなかった。

f:id:you_key69:20170111033838j:plain


かんがえてみれば当然かもしれない。


長時間激しくドラミングするドラマー向けの製品なんだから、そのあたりの通気性や柔軟性はしっかり考慮されているはずだ。



まとめ

ドラミング、軍手、ランニングに活用できるドラム用グローブに僕は「最強」の栄冠をささげたい。


最後にかんたんにまとめておくと、ドラム用グローブは

・通気性
・滑り止め加工
・薄手
・丈夫
・タッチパネル対応
・デザイン

と優れていて、グローブとしてオールマイティーだとおもうのである。


通気性が高かったり完全防水ではなかったりするので、寒さや水には弱いだろう。


なので、防寒や防水を目当てとしたふつうの「手袋」の用途を期待してはならない。


が、作業用やスポーツ用としてならドラム用グローブはマルチに活躍してくれるはずである。


ちなみに僕が使っているのはVATER(ベーター)のドラミング・グローブであるが、10年ほど前に買ったやつなので今も継続販売しているのかは不明であるが、

見たかんじはAmazonでも販売されていそう。


3000円そこそこで“最強”を手にすることができるので、よければ是非。