あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

念願!クロスバイクにパニアバッグをつける │ 最強の通勤用自転車 CYLVA F24

最強の通勤自転車をめざすために、ずーっとパニアバッグ(サイドバッグ)を求めさまよっていた。


オルトリーブにはなかなか手が出ないけど、ドッペルギャンガーは安すぎて逆に不安。


もうないなら作ろうか」と血迷いそうになった矢先、よさげなパニアバッグにめぐり逢った。


f:id:you_key69:20170918222912j:plain

GREEN GURU Freerider


サイズもデザインも良い。


装着のしかたもシンプルで良い。


じつは、だいぶ前にリアキャリアをつけたときから気になっていたパニアバッグである。


このたび、そいつを入手し、使ってみたので、入手方法やスペック、特徴や注意点をしるしておこうとおもいます。


どうぞ。



入手方法


二の足を踏んでいた理由が、その購入方法にある。


地元(米国)のサイトからの直輸入となり、PayPalでの決済なのだ。


それはまだ良いとして、指定した色でちゃんと届くんだろうか…とか、間違ってたときにどうやって返品すればいいんだろう…とか、不安のほうが大きかった


Amazon楽天でも扱ってるショップは散見されたものの、あいにく当時はどこも入荷待ち状態。

そこで、とりあえずAmazonの「ほしいものリスト」に登録しておいたところ、それから数ヶ月たって、運よく出荷が再開したとの通知がきたのだ。


その数ヶ月間、別のパニアバッグを物色していたが、運命的な出逢いもなかったので、このチャンスは逃すまいと即購入を決意した。


※記事執筆時点(2017.9.17時点)でも、カラーによってはまだAmazonで購入可能です



容量・サイズ感

f:id:you_key69:20170918223751j:plain

大きさは公式サイズで36cm×28cm×23.5cmと表記されているが、どこが高さでどこが奥行きなんだかよくわからないので、ここでしっかりと明記したい。

高さ:36 cm

幅:28 cm

奥行:23.5 cm


である。


親切だろう。


ぼくは通勤には弁当+貴重品しかもっていかないので十分な容量である。


f:id:you_key69:20170918223812j:plain


奥行はもうすこし狭くてもよかったくらいだ。


折りたたむと、こう、ペチャンコになる。

f:id:you_key69:20170918223833j:plain


奥には1つだけ仕切りがあり、A4ファイルがちょうど入る収納スペースがあるので、ぼくはここに貴重品や名刺なんかをひとまとめにしたB5サイズのポーチを入れている。

f:id:you_key69:20170918223919j:plain

バッグ・イン・バッグならぬ、ポーチ・イン・パニアである。



装着感

つけかたは至極カンタン。


リアキャリアにフックで引っかけて、

f:id:you_key69:20170918223936j:plain


伸縮式のフックで固定するだけ。

f:id:you_key69:20170918223954j:plain


自転車本体のカラーとGreenGuruのロゴデザインがマッチしてて、好き。


パニアを折りたたむとこうなるが ──

f:id:you_key69:20170918224035j:plain

畳んだままつけっぱなしにはしない。


目的地に着いたら、パニアごとはずして、バッグとして持ち運ぶからだ。


そのほうが、わざわざ中身だけを出してバッグを折りたたんで ──とするよりも、格段に楽なのである。



注意点

使いはじめて約一ヶ月が経過した。


最後に、パニアバッグを使う上での注意点を3つほど述べておきたい。



まず、伸縮式のフックでしっかりとキャリアに留めること


うまく固定しないと、すこしの段差でパニアごと外れてしまうのだ。


取りつけやすい反面、外れやすいのである。


最初のころ、固定があまく、段差を乗りこえたはずみでパニアが落下し、弁当を破壊してしまったことがあった。



次に、これはこのパニアバッグに限ったことではないが、重心が後ろにずれるので、後輪がすべらないように注意を払うようにすること


ドリフトしやすくなるのだ。


クルマでもFR車のほうがドリフトしやすいのとまったく同じ原理である。


とくにクロスバイクは全体が軽く滑りやすいので、最初は注意しすぎるくらい注意しておいたほうがいい。



そして、自転車スタンド(キックスタンド)は強いほうがいいかもしれない。


ぼくの場合、CYLVAの純正スタンドを使いつづけているんだけど、すこしやわらかい気がするのだ。


パニアをかけると重みでスタンドがしなり、自転車が倒れそうになることがある。


スタンドについては良いのがあれば変えてみようかとおもっている。



あっぷりへんしょん ~もっとダサく実用的に~

リアキャリアを搭載したときにも宣言したが、もっとクロスバイクをダサくしていきたいと思っている。


スポーツ系バイクは、スピードを追求し始めるとどんどんムダが削ぎおとされ、洗練されてスタイリッシュになっていく。


でもぼくが目指してるのは最強の通勤自転車である。


実用的でなければならないのだ。


実用性をめざすと、スピード重視型とは逆のベクトルへむかうことになる。


つまりどんどんダサくなるはずなのだ。


でも、パニアバッグをつけてもまだカッコいい。(と思ってるのはオーナーだけ?)


メッセンジャーバッグより快適にはなったのは間違いないので、さらなるダサさの高みをめざして駆けていきたい。

頭がカラっぽなときは外周ランニングがいい

先週末、義兄が遊びにきてくれた。


昼間はいっしょにBOOK・OFFやヤマダ電機をめぐり、夜中はいっしょにマイクラ(Minecraft)にいそしむ。


翌日はクルマのディーラーでもめぐろうか ──


そんな調子で一日をすごしていると、翌朝のランニングはどうしよう?なんて考えにもいたらず、頭がカラっぽのまま翌朝をむかえることになる。


そして、起きるやいなや「どこまで走りにいこう?」となる。



走るところに困ったら、とりあえず外周


そして今日(9/16)もおなじ情況におちいった。


台風がきてるから土曜の朝は走れないなァとあきらめていた。


が、朝起きたら雨が降っていなかったのだ。


雨雲レーダーを確認すると、8:30までに帰ってくれば雨にうたれずに走れるはずだ。


でも、どこまで走りにいこう?


そんなときに便りになるのが、外周ランニングである。


先日、外周ランニングは苦行のように云ったが、よくかんがえれば都心ではみんな皇居の周りを走っているし、競技場の外周コースを走っている人もいる。


みんなストイックなのだ。


ぼくにとって新鮮だっただけであって、とくに斬新なトレーニング方法ではないのである。


結局、3週連続の外周ランニング


気づけば、先々週(9/2)、先週末(9/10)と今日(9/16)と3連続で外周ランニングをしていた。


f:id:you_key69:20170916220112j:plain

▲9/10の10kmダッシュ


前回の外周ランニングに学んで、クルマ通りの多い交差点を避けるルートにしたんだが、これがかなり良かった。


f:id:you_key69:20170916222454j:plain

▲往路は東海環状の下を北上します



余計なことに頭をつかわず、ランニングだけに集中することができたのだ。


f:id:you_key69:20170916222509j:plain

▲復路は大谷川を南下します


一方で、前回、自宅を水分補給ポイントにすればいいと思ったのでドリンクを自宅に置いて走ったが、コースを変えたことにより自宅によりづらくなってしまった。


f:id:you_key69:20170916222525j:plain


曇りときどき小雨の天気だったので、いいペースで走りきることができた。


f:id:you_key69:20170916221601j:plain

▲本日9/16の20kmレースペース



でも、ハーフマラソンで1時間50分で走りきるなら、1kmあたり5分15秒程度で走らなければならない。


まじかー。


まだまだじゃん。


がんばろ。


RunKeeperでペースをふりかえれる機能があったなんて知らなかった。


f:id:you_key69:20170916215901j:plain

▲最後にスパートがかけれるくらいの余裕ができるようにはなってきました



あっぷりへんしょん ~ランニングペースに最適なテンポの曲を探ろう~


今回、ランニング中の脳内BGMは大黒摩季の『熱くなれ』だった。


義兄とBOOK・OFFで手にいれたベスト版の影響である。

ベスト オブ ベスト: All Singles Collection

ベスト オブ ベスト: All Singles Collection

青春時代にアトランタ五輪マイアミの奇跡を目の当たりにした世代としては、感涙ものだ。


ただ、頭の中でヘビロテしてるうちに違和感をかんじていた。


走るペースと曲のテンポがマッチしないのだ。


1キロ5分15秒のペースで走るリズムと、曲のテンポが合致すれば、いいペースメーカーになるとおもうのだ。


ただ、完全におあつらえ向きの曲である。


そんな曲あるだろうか?


あっ ──


なければ、作ればいい。


しかも、走りながら。


ペースメーカーとなる曲を、最適なペースで走りながらつくればいいのだ。


われながら天才的な発想である。

夏秋ランニングの強い味方!「スパッツ」をご紹介します

「スパッツ」について紹介するの、わすれてました。


f:id:you_key69:20170912214707j:plain



汗対策としてのスパッツ

暑い時期、5kmも走れば汗がふきでてきて不快感がカラダを侵食しはじめます。


地肌にウェアがはりつく不快感。


そして、必要以上にカラダを冷やす不快感。


そんなとき、インナーウェアが欠かせません。


インナーウェアが一気に吸汗して乾燥させてくれるからです。


そんな体験をした先日、インナーウェアがよかったという記事を書きました。


そのとき、下半身の汗もなんとかしたいと考えていたら「スパッツ」にたどり着きました。


AmazonReebokのスパッツをさがして、さっそく購入。

すでに何回か履いて走ってみたのですが、進捗を報告できていなかったので、ここに記すことにします。



所感

と、前置きでひっぱるまでもなく、「スパッツ」は良い!


f:id:you_key69:20170912214738j:plain


ということを声高にさけびたい。


9月に入り、涼しくなってきたものの、長距離をはしるならインナーと上下あわせてぜひ身につけたいランニングウェアである。


とくに流した汗がすぐに冷えやすい秋口には、マストアイテムなんじゃないだろうか。

【日曜大工】書斎のデスクを自作する

今回のテーマは、3D。


書斎(DEN)のデスク(DESK)を自作(DIY)します ──


f:id:you_key69:20170906215740j:plain


グラつかない机を作りたい

前々から書斎用のデスクを探していたが、ちょうどいいのがない。


ぼくのフィロソフィーとしては、「ないものは、つくろう」である。


ただ、机の自作はまったく自信ない。


かつてのお絵かきテーブルの完成度をご存知の方はお分かりかもしれないが、あまい。


実物は写真よりひどい。


あのペースでぼくが机をつくると、まちがいいなく不安定なやつができる


グラグラになる。


机の自作というと、よくワンバイ材をダボで連結させたり、ツーバイ材で脚をつくったりと皆さんよくやられている。


みんな、すごい。


でも数ミリのずれが命取りになる。


ぼくにそんなリスクは背負えない。


ならば、どうするか。


ある程度できあがった天板と脚からよさげなサイズ・素材のものをそれぞれ入手し、組み合わせてデスクを完成させたい。



材料

天板と脚をそれぞれ、別のサイトで入手しました。

f:id:you_key69:20170906215548j:plain

天板(1500×450 ウォルナット)

鉄脚(680mm)


開封。


f:id:you_key69:20170906215651j:plain


くわしくみていきましょう。


天板

実際は組み立て家具の天板なので、裏側にネジ穴やダボ穴があったりします。


f:id:you_key69:20170906215716j:plain


福岡県の高野木工製で、天然木の風合いが肌で感じられます。


f:id:you_key69:20170906215740j:plain



鉄脚

脚の長さや塗装の有無が選択できますが、ぼくはツヤなしブラック塗装をえらびました。

f:id:you_key69:20170906220208j:plain

ターンバックル製のアンティーク調の鉄脚。

鉄脚のなかではいちばんコストパフォーマンスが高いとおもいます(あっぷりノート調べ)。


ビス

ビスは鉄脚に付属しているものを使います。

f:id:you_key69:20170906220220j:plain


作り方

作り方というより、もはや組み合わせ方ですが。


(1)脚をつくる位置をマーキングする

f:id:you_key69:20170906215902j:plain


(2)ビス穴をドリルであける

f:id:you_key69:20170906215915j:plain


(3)天板と脚をビスで留める

f:id:you_key69:20170906215938j:plain


それだけ。


f:id:you_key69:20170906215957j:plain


で、結果、書斎がどうなっかというと ──


Before

f:id:you_key69:20170906220018j:plain


After

f:id:you_key69:20170906220030j:plain


あんまりかわってない?



あっぷりへんしょん ~書斎をねぐらに~

そもそも部屋かたづけたら?という声がきこえてきそうです。


そう。


デスクがないので、この部屋から足が遠のいていたんです。


でも、今回デスクが設置されたことにより、ずいぶんと作業がしやすくなりました。


これをきっかけに、書斎をより書斎らしくしていきたいと考えています。


最近よく耳にする「書斎=DEN」とは、巣、洞穴、ねぐらという意味らしいです。


まだまだ巣やねぐらとは呼べませんが、それくらい快適にこもれる部屋にアップデートしていきたいですね。

修行!自宅の外周をひたすら走る3つのメリット/デメリット

ぼくにとってはイレギュラーだけど、超規則的なトレーニングをためしてみた。


自宅の外周を走るトレーニングです。


どうぞ。



外周ランニングへの挑戦

もう、すっかり秋である。


9月にはいってから急に明け方は涼しくなり、空も高くなった。


f:id:you_key69:20170902225644j:plain


天高く馬肥ゆる秋である。


先週は温泉街をゆるりと走るだけのごほうびを与えてしまったので、今週はすこしばかり追いこみたい。


駅伝部の学生たちは、ひたすら競技場の中を何十週も走りつづけるというじつに禁欲的なトレーニングをするらしい。


ぼくも中高生のころはよく走らされた。


それから20年近くたった今、その負荷を自らに課そうというのだ。


ドMである。


ということで、自宅の外周を走ってみた。


f:id:you_key69:20170902225748j:plain


1周約4km、堤防と県道を走るコースである。


それを5周=20km走った結果、感じたメリットとデメリットを以下に記録しておきたい。


メリット

(1)とことんペースだけを追求できる

ふだん写真を撮ったり、史跡を散策したりと走る以外にも足を止めがちである。


が、外周を走るだけとなると、ひたすら走る以外にすることがない


走るしかないのだ。


だから、ただペースだけを追求することができる


逆にいうと言い訳できなくなる


素の力が露骨に出るのだ。


今回は涼しさも手伝ってか、20kmを6分/km以内で走りきることができた。よかった。



(2)いつでも帰れる

家の周りを走るので、いつでも帰れる安心感がある


いつも10km以上先の目的地にいくと、その先で何か故障でもしたときに、帰ってこれるか不安になることがある


それが一切ない。


もし、有事の際に誰かから呼び出しがあっても、すぐに駆けつけることができるのだ。


とにかく自宅なので、何でもできるのである。


で、走ってみて思ったが、自宅を給水ポイントにしておけばよかった


そうすれば、ドリンク持って走る必要もなくなる


(3)ZONE(無我)の境地

これは100%保障されたメリットではないが、同じコースをひたすら走っていると、いつの間にか無意識に走っていることがある。


無意識=集中している状態である。


いわゆるゾーン状態である。


アスリートとしては理想的だろう。


そして、この集中している状況下では思わぬアイディアをひらめいたりする


走ることによりその恩恵にあずかれる確率が上がるらしいが、集中しやすい状態をつくることで、さらに天からのギフトを享受しやすくなるはずだ。



デメリット

(1)いつでもギブアップしそうになる

自宅に近いことが逆にデメリットにもなる。


というのも、自宅がものすごく誘惑してくるのだ。


もう挫折してもいいよ、と。


4周目のときは危うかった。


あと1周走れば20kmだが、4周でも16kmだから、もうやめてもいいんじゃない?と、自宅が誘惑してくるのだ。


この外周ランニングには、それに打ち克つぐらいのストイックさが求められるのである。


これが意外と精神的にキツかった。


(2)無我のリスク

無我の境地に入ることが逆にデメリットになることもある。


マラソンランナーがコースを間違えてしまったという珍事を耳にすることがある。


集中しすぎるあまりに周りが見えなくなってしまうからだ。


素人でも同じようなことが起こる。


あれ?いつの間にこんなとこまで走ったっけ?ってなことがあり、われにかえった瞬間、自分でもちょっと怖くなる。


トレーニング中に自転車にひかれたりしない?


赤信号に気づいてなかったりしたらどうする?


これは走る場所にもうすこし配慮する必要がありそうだ


(3)マンネリ

分かっていたことだが、同じコースを走り続けるせいで、過ぎ行く風景に飽きてしまう


変化といえば、さっきの周より交通量が増えたなァとか、高架の影の位置がかわったなァとか、そういう程度ある。


あまりに単調なサイクルがつづくので、最後の方は堤防の芝生を走り出す奇行に出たりして、無理やり変化をもたせようと努めたくらいなのだ。


もともと史跡や季節の花をめぐるランニングをライフワークしていたぼくにとっては、かなり苦行であった。



あっぷりへんしょん ~外周ランニングはいざというときのトレーニングに~

外周ランニングはメリットもあるが、苦行の側面が多くあり、これを目的にしたりコンスタントにおこなうことを考えると、走ることに挫折してしまう気がする。


この修行は、月に一回程度でじゅうぶん。

いや、2ヶ月に1回でもいいくらいだ。


なので、いざというときの飛び道具として隠し持っておきたい。

たぶんココ!文化財『柏尾廃寺跡』のありかを推測します

今年の7月に当ブログで、養老町文化財「柏尾廃寺跡」を探しにいったが、見つけることができなかったとご報告したのは、まだ記憶に新しいこととおもう。

(もちろん、覚えてるよね?)


もちろん覚えてるが、念のためおさらいしておきたい、という方はコチラをどうぞ。


あの探索から1ヶ月半たつが、なんと突如として有力な情報がまいこんできたのである。


しかも、大垣市直々に、だ。



『咲楽』の養老改元1300年特集

大垣市から毎月、フリーの情報誌として『大垣市 咲楽』が届く。


数少ない大垣市にまつわる情報源としてぼくは重宝していて、ひそかに毎月たのしみにしているのだ。


f:id:you_key69:20170901234659j:plain


その『咲楽』2017年9月号では、養老町を特集している。


というのも、奈良時代元正天皇が養老の地をおとずれて感銘をうけ、西暦717年には元号を「養老」に改元されたというから驚きである。


そのため、2017年が改元1300年となる節目の年となり、すこしばかり盛り上がっているというわけだ。


そんな特集の中の1テーマ、「名所めぐり」のページに“それ”はあった。


f:id:you_key69:20170901234532j:plain


右下の ──


f:id:you_key69:20170901234511j:plain


千体仏(柏尾寺跡)


あくまで千体仏がメインだし、「廃」の字は抜けているものの、これはまぎれもなくあの「柏尾廃寺跡」のことであろう。


こんなところにあったのか。



さっそく7/15のジョギング実績を見返したところ ──


f:id:you_key69:20170901234431j:plain


惜しい。手前まで来ている。


道路をこえて、さらに奥(西側)だったのだ。


なるほど。


今週末は事情があって探索はできないが、近いうちにぜひリベンジしたい。


f:id:you_key69:20170901234942j:plain


自宅から片道7kmなので、少し遠回りして養老公園に寄ってかえってくるというようなルートもおもしろいかもしれない。


以上、意外なところから「柏尾廃寺跡」のありかが明るみになりかけています、という報告でした。

【日曜大工】押し入れを本棚にカスタマイズする

f:id:you_key69:20170831232514j:plain


だいぶ時間がたってしまったが、日曜大工のご報告です。

どうぞ。


理想の本棚ってなかなかないんです

わが家の音楽室には押し入れ(クローゼット)がある。


押し入れといっても、間仕切りとなる棚はいっさい入れなかった


f:id:you_key69:20170831232619j:plain


というのも、楽譜を収納する本棚を入れようと思っていたからだ。


そのため、しばらく楽譜を収納するにふさわしい本棚をさがしていた。


けど、相応のものになかなか巡りあわない。


楽譜は一般の書籍にくらべてサイズも大きく重いので、全面的に並べようとおもうと本棚には相当の耐久性が必要になる。


棚の厚みを分厚くするか、棚の幅をせまくするか。


そんじょそこらの柔い棚では、重みですぐに棚がしなってきてしまうのだ。


そして、ただ強ければいいというものではない。


そのクローゼットにぴったりハマるサイズも大事である。


そりゃ、そうそう見つからんだろう。


オーダーメイドするか?


えっ。


オーダーメイドするなら、もう自分でつくればいいじゃん。


そうだね、そうしよう。


ないものは、つくろう

ということで、使った材料はこれだけ。

f:id:you_key69:20170831233116j:plain


基本SPF材でつくります。

材料

・1 × 6材

・1 × 2材

・1 × 1材


棚受け

・1 × 1材

・L字棚受け(銅製)


その他

・ビス(3.3 * 30mm のビスはものすごく重宝します!)

f:id:you_key69:20170831232104j:plain


作り方(というより構造)

重みでゆがむのは避けたいので、背面全体に1 × 1材の棚受けをとおします。

f:id:you_key69:20170831230123j:plain

棚受けはもちろん、マグネットやどこ太を駆使して下地を探り、下地に打ち込みました。


前面も1 × 2材で補強します。

f:id:you_key69:20170831230335j:plain


最後に銅製の棚受けを追加。

f:id:you_key69:20170831230510j:plain


というわけで、できあがり。


f:id:you_key69:20170831232514j:plain


これで歪むようなら、その間に2本棚受けを追加すればいい。


今回は報告が目的ですが、作り方や寸法なんかの要望があれば、おこたえします。



あっぷりへんしょん ~次は念願のMyデスク作成へ~

ぼくの日曜大工は棚系ばかりだが、作るにつれて工具や材料が充実してきて楽しくなってきた。


これで弾みをつけて、次はMyデスクを自作してみようと思います!