あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

カメラ初心者のための星空撮影入門


f:id:you_key69:20190116222515j:image

▲オリオン座と冬の大三角

 

 

先日、星空撮影への憧れについて語りましたが、実はまだ懲りずにチャレンジしています。


いまだによくわからないことも多いですが、「習うより慣れろ」の感覚で少しずつコツをつかみかけています。


そのあたりを今日は備忘もふくめて共有させてください。

 

 

 

明るさの調整


f:id:you_key69:20190116225303j:image

まずは暗闇を明るく写すための調整方法です。撮影モードをマニュアルにしてから各設定に臨みましょう。

 

ISO感度


光をとらえる能力を表す値。その値を上げれば、たくさんの光をとらえて写真は明るくなります。


 ISO感度の特徴
  • 上げるほど明るくなる
  • 反面、写真のザラつき(ノイズ)がひどくなる


感覚的にはISO感度を800~1600くらいに抑えたほうがノイズが少なくできる気がします。


ちなみに、ISO感度の「ISO」は“International Organization for Standardization”の略という、フィルムとか光とかまったく関係のない略語です。

 

 

シャッタースピード(露出時間)


露出時間を長くすることで明かりを多く採り入れることができます。


ただ、ご存知の通り、星は動くのでシャッタースピードが長すぎると点ではなく線になってしまいます。


 シャッタースピードの特徴
  • 遅らせる(長くする)ほど明るくなる
  • 反面、被写体が動く場合はブレる


推奨は20秒(20")程度と聞きますが、経験上5秒前後でもじゅうぶん明るく撮れます。


その程度なら星もまったくブレません。

 

 

絞り値(F値


レンズの絞りを開ける(絞り値を小さくする)と明るくなります。


単純に、絞らずに(絞り値を下げて)開けるから明るくなるという理屈です。


 絞り値の特徴
  • 低いほど明るくなる
  • 反面、低くするには大きいレンズが必要になり、大きいほど高価に。


つまり、ここを追求するとコストがかかり始めます。


私のカメラはF値3.9が限界なので、ほとんどその状態で撮影しています。

 


明るさ調整のまとめ


明るさの調整をまとめると、

 

もし、写真が暗くなってしまう場合は、シャッタースピードを我慢してもう少し上げるか、ノイズを妥協してISO感度を上げる…というような微調整をすることになります。


f:id:you_key69:20190116223418j:image

ISO感度:3200、SS:6秒、F値:4.5

 

 

その他の設定

 

ノイズリダクション(ノイズ除去)


前述のISO感度を上げること等により発生するノイズを低減(Reduce)する機能。


 特徴
  • 写真のザラつき(ノイズ)を削減できる
  • 反面、処理にシャッタースピード(露出)の時間相当が必要


この機能をONにすると、単純に撮影時間が倍になります。


私の場合はシャッタースピードを4~8秒程度で撮るので、倍になったところで知れていますが、20秒くらいで撮る場合は待ち時間が長くて苦痛です。特に寒空の下では。


たとえONにしても、ISO感度を上げていると、結構ノイズは残ったままになります。


クオリティよりも、とにかく撮影枚数を優先して練習したい場合はOFFでもいいかと。

 


手ぶれ補正OFF


手ぶれ補正はごく稀に誤動作を起こすらしく、三脚使用時は(手ぶれしないはずなので)OFFにしておいたほうが良いらしいです。

 

 

ホワイトバランス


寒色系がいいとの声もあったり、オートでもいいとの声もあったりします。


私の場合は寒色系が好みだったので、白熱灯色にしています。

 

 

セルフタイマー


あと、忘れちゃいけませんね、セルフタイマー。


私のような素人がタイマーなしでシャッターを切ると、ボタンを押した瞬間にブレてしまいます。


なので、セルフタイマーは2秒に設定します。

 

 

天候

星空は取り直しがききません。その最大の理由が天候です。

 

ぜひ天をも味方につけたいです。

 

雲行き


撮影スキルの熟練度にかかわらず天敵だとおもうのが、雲行きです。


僕は帰宅途中の空が澄んでるとモチベーションが上がるんですが、いざ夜中に外に出てみると分厚い雲がおおいかぶさっていたりします。


たとえ天気予報で晴天でも撮影タイミングに雲がないとは限りません。


f:id:you_key69:20190116220809j:image

たとえば、GPV気象予報というようなサイトで時間ごとの「雲量」を確認するといいです。

 

 

月の満ち欠け


当たり前ですが、空が暗いほど星はキレイにくっきり撮れます。


星空を撮影してみて初めて感じたんですが、月って明るいんですね。


新月に近いほど星空撮影には適してるようです。


f:id:you_key69:20190116220653j:image

今日のほしぞら(国立天文台暦計算室)


ただ、私のようなビギナーはそこまで神経質になりません。


雲がない上に月もなければラッキーくらいの感覚で。

 

 

道具


レンズ


広角レンズがあると星空と風景を一緒に写す 「星景(せいけい)写真」が撮りやすくなるらしいです。


また、前述のように絞り値(F値)が小さいレンズはさらに高価だそうです。


カメラ業界には「レンズ沼」という言葉があるくらい、奥が深くハマると抜け出せないみたいです。


恐ろしいので、まだ、いいです。。。

 

 

三脚


f:id:you_key69:20190116220506j:image

100円の三脚をもう1本みつけたので、これで試してみました。


90°真上の上空を撮影できるので、当初の三脚よりは圧倒的に使いやすいのですが、何せたっぱが足りません。


カメラのモニターが覗きこめず、被写体が入ってるのか、ピントが合ってるのかが撮影するまでわからない、という非効率な状態です。


これはかなり不便なので、ちゃんとした三脚を探そうと思います。

 

 

防寒グッズ


空気が澄んでいる真冬がホントにキレイなんですが、とにかく寒いのが難点です。


手持ちの防寒グッズ

等を総動員して撮影に臨みます。


まだまだ首元と足先が冷えるので、

  • 暖かソックス
  • ネックウォーマー

が欲しいですね。

 

そういえば、スノボで使ってたネックウォーマーどこいったんだろ…

 

 

照明


夜中に出歩くので、最低限の照明は必要です。そんな照明を3種類紹介します。

 

ランタン


f:id:you_key69:20190116220237j:image

庭キャンプをやるために買ったsuaokiの3WAYランタン。


f:id:you_key69:20190116220253j:image

暗闇の中で自分の居場所を周知する意味で、縄張りをはるように置いています。

 

 

ペンライト


撮影スポットまでの道を照らすペンライト。


f:id:you_key69:20190116220110j:image

この時期の早朝ランニング用にダイソーで購入しました。


LEDが乾電池一本で動作するので、省エネで優秀なんです。

 

 

赤色ライト


真っ暗だとカメラの角度やボタンなど、手元の確認できません。かと云って、星空の下に眩しい明かりがあると興ざめです。


そんなときは明るすぎない色味の落ち着いたライトが必須です。市販のライトにフィルムを貼る方もいるほど。


ですが、私の手元にはちょうどいいライトがありました。


f:id:you_key69:20190116215928j:image

自転車用ライト(Sunspeed)の付属品です。


2個付いていたので、1個余ってたんですね。
眩しすぎず、邪魔にならず、ちょうどいいです。

 

 

画像編集


本格的にやるなら画像加工もします。


RAWとJPEGの両方で撮影する方もいるようです。


最初、RAWが何かの略だと思ってましたが、実は英語でそのままraw(ロー、生)でした。生魚をraw fishという、あれですね。


つまりのRAW(生データ、無加工)のまま撮って、あとから画像編集ソフトで加工するのです。


ただ、RAWファイルの加工には専用ソフトが必要だったり、技術も手間もかかるので、私はJPEGで撮ってます。


何なら、数多く撮りたいときはQVGA(320 * 240px)で撮ることもあります。

 

 

データ連携


ブログに掲載する(または、SNS等への投稿)手間を省けると、よりモチベーションが維持できます。


今は

  1. カメラで撮った写真をSDに保存
  2. SDカードをPCに入れて、PCからクラウドDropbox)にアップロード
  3. クラウドストレージから画像参照して投稿

という工程ですが、これが面倒。


この辺のストレスも軽減できるように環境を考えたいですね。熱が冷めないうちに...


カードリーダーをUSB経由でスマホに接続できたら良かったんですが、いかんせん私のDIGNOにはUSBホスト機能がないので、一旦PCを経由せざるを得ない状況におちいっています。


Eye-Fiカードを持っていたのですが、もう2年以上前にサービス終了していたんですね。

 

 

あっぷりへんしょん  ~今後の課題~


f:id:you_key69:20190116222645j:image

カシオペア座(ISO:1600、SS:10秒、F値:3.9)



たちまちは三脚防寒着がほしいです。


あと、深夜に外出すると翌朝早朝ランニングができなくなるので、時間の使い方も工夫したいですね。


 

悲願!わが“推し景観”が大垣市景観自慢に認定されました!


f:id:you_key69:20190115231506j:image

 

 

2019/1/15付で発行された大垣市広報の某ページ。


f:id:you_key69:20190115231614j:image

ん?

 


f:id:you_key69:20190115231636j:image

あっ!

 

 

景観自慢「アスピックブリッジ」


ちょうど1年前、景観遺産に浅中公園の「アスピックブリッジ」を推薦し、大垣市の応募フォームに投稿しました。


なんと、それが認められたのです。


景観遺産ではなく景観“自慢”のほうですが。


広報によると、景観自慢は「将来的に景観遺産への移行が期待される建造物など」とのこと。


ダメ元で投稿しましたが、認められて良かったです。

 

 

大垣遺産アプリ


f:id:you_key69:20190115231506j:image

広報の同ページには「大垣遺産」なるアプリの案内が載っていたので試しにダウンロードしてみました。


f:id:you_key69:20190115231841j:image

景観遺産・景観自慢に限らず、文化財(史跡・建造物・名勝など)も載っていて、 より大垣散策を(もちろんランニングも!)有意義にしてくれそうな情報がつまっているようです。


早速アスピックブリッジについても掲載されていました。


f:id:you_key69:20190115231423j:image

f:id:you_key69:20190115231433j:image
f:id:you_key69:20190115231446j:image

もう少し使いたおしてみて、気づきがあればまた共有します!


それでは、おやすみなさい!


 

星空 × 堤防 × 城址 × 心拍ラン × 20km を走ってきました


f:id:you_key69:20190113233544j:image

名古屋~日進で、星空 × 堤防 × 城址 × 心拍ラン × 20km を敢行してきました。


その様子をレポートします。

 

 

 

星空


f:id:you_key69:20190113232437j:image

朝6時頃、東の空にひときわ輝く星を発見。

 


おそらく明けの明星、金星ですよね?


f:id:you_key69:20190113232456j:image

美しすぎてと道中に何度も撮ってしまいました。

 


f:id:you_key69:20190113232536j:image

真っ暗ですが、植田緑道という堤防コースをひた走ります。

 

 

堤防


天白川を河口まで下ったことは何回かあります。


f:id:you_key69:20190113232731j:image

でも、今回は上流の方へ向かいます。


それだけでワクワクします。

 


f:id:you_key69:20190113232557j:image

植田緑道をひたすら上流へ走ると、


f:id:you_key69:20190113232651j:image

いつの間にか天白川ウォークコースになっていました。


f:id:you_key69:20190113232619j:image

途中で途絶えたり、国道がくぐれなかったり、対岸しか渡れなかったりしますが、それも一興です。


f:id:you_key69:20190113232751j:image

今回は、牛舎に迷いこんでしまいました。

 

 

岩崎城


f:id:you_key69:20190113232817j:image

天白川を上ると日進市は岩崎に合流します。


f:id:you_key69:20190113232834j:image

川をはなれ、少し丘を上ると突然「岩崎城」の看板が。

 


f:id:you_key69:20190113232850j:image

どん!

 


f:id:you_key69:20190113232923j:image
資料館は営業前でしたが、


f:id:you_key69:20190113232942j:image

ちゃんと公園内まで入れました。


f:id:you_key69:20190113232958j:image

 水琴窟や庭園に


f:id:you_key69:20190113233011j:image

敵の侵入を防いだとおもわれる、土橋!

 


そして──

 


f:id:you_key69:20190113233034j:image

天守!!

 


f:id:you_key69:20190113233052j:image

織田信長の父、信秀の築城。
長久手の戦いで秀吉軍を阻止し、徳川・織田連合軍の勝利に貢献したとのこと。


f:id:you_key69:20190113233112j:image

南側からの眺めが壮観でした。


f:id:you_key69:20190113233141j:image

少し高台にあるので、日進市の南半分を一望できます。


f:id:you_key69:20190113233159j:image

やっぱ、城はいいですね。


f:id:you_key69:20190113233406j:image

じっとしていると凍えそうなので、帰ります。

 

 

20kmLSD


f:id:you_key69:20190113233243j:image

今回、20km弱走りましたが、とにかく寒かったです。


f:id:you_key69:20190113233304j:image

指先も足先もしもやけになりそうなくらい。

 


f:id:you_key69:20190113233318j:image

補給食にザバスのピットインゼリーを携行しましたが、手がかじかんで開封できず、歯で噛みちぎるハメに。


しかも、冷えて顎もうまく使えず、ゼリーを噛むことでさえままならない状態でした。


極寒のなかで補給するなら、同じピットインでも、リキッド系のほうが向いてるかもしれません。

 

明治 ザバス ピットイン エネルギージェル 栄養ドリンク風味 69g×8個

明治 ザバス ピットイン エネルギージェル 栄養ドリンク風味 69g×8個

 

 

 

心拍トレーニング


今回のランニングにはいろんな楽しみがありましたが、裏テーマはマイブームの「心拍トレーニング」です。


キロ6分ペースでLSDを走り終えたあと、どれくらい心拍が上がってるのか。


これが楽しみだったのです。


まず、寝起きで計測した安静時心拍数ですが、


f:id:you_key69:20190113234039j:image

44bpmって…日に日に下がってるけど心臓止まらないか心配になるレベル。


そして肝心の、2時間弱走った後の心拍は──


f:id:you_key69:20190113233425j:image

計測不能


手がかじかんでしかたがなかったので、血流が悪かったのかもしれません。


何度計測してもダメでした。


指先をマッサージできればよかったですが、しもやけになりそうでそんな握力も残っていませんでした。


無念。

 

 

あっぷりへんしょん~天白川を攻略したい~


 結婚した頃、日進市に住んでいたことがありました。


その頃から「行きたいとこリスト」に掲げたまま、未訪だった岩崎城を拝むことができて満足です。


名古屋の街中走ると信号や歩道橋が多くペースが乱されます。


やはり堤防を走るのが良いでしょう。


また、天白川下流へ走るより上流へ走ったほうがのんびりしてして気持ちが良かった気がします。


f:id:you_key69:20190113233459j:image

何より今日はめちゃくちゃ天気が良かったですね。


 

スマホアプリで3kmダッシュの前後の心拍を計測してみた

昨日の続きです)


昨日はじめてスマホアプリ『Runtastic Heart Rate 心拍計』を使いました。


筋トレの後も大して心拍(脈拍)が上がっておらず、さらなる鍛練を遠回しに課せられた気分でしたが。


ランニングのほうではどうでしょう?


結果が分かりやすい(はずの)、ダッシュで試してみてました。

 

 

3kmダッシュ心拍計


ホントは5kmダッシュするつもりだったんですが、寝坊してしまい、距離を3kmに縮めてのチャレンジです。


これが、トレーニング前。


f:id:you_key69:20190112211409j:image

朝とはいえ、50bpm(拍/分)って低すぎやしないか。


大丈夫なんでしょうか。



レーニング内容はこんなペース。


f:id:you_key69:20190112211323j:image

ダッシュとはいえ、キロ3分後半から4分前半。


終了後はかなり息も上がり、苦しいくらいでした。


心拍は果たして、どうだったんでしょうか?

 


f:id:you_key69:20190112211251j:image

143bpm(拍/分)

 


ふむ、運動強度を逆算すると、約69%


これで、ようやくLSDの推奨強度


こんなペースでLong Distanceは絶対走れません。そもそも僕にとってはSlowですらないし。


でも、少なくとも3km走るならこれくらいの負荷をかける必要がありそうです。

 

 

あっぷりへんしょん ~もうすこし様子見~


昨日今日の心拍トレーニングを試してみた結果、思った以上に脈拍が上がりませんでした。


それを鵜呑みにするなら、もっと運動強度(負荷)を上げろということなんでしょうが、これ以上は界王拳でも使わないかぎり不可能です。


ただ、いずれも共通するのはいつもよりトレーニング時間が短かったこと。


いつも通りのトレーニングでもしばらく心拍計を使ってみて、 正しい使い方を会得したいとおもいます。


 

筋トレ前後の心拍を測ってみる

 

昨日の続きです)


適切な強度のトレーニングができているかをチェックするには、心拍数を計測しながらの「心拍トレーニング」が良いらしい。


でも、計測器は?


要らないんです。


f:id:you_key69:20190111233835j:image

スマホさえあれば。

 

 

Runtastic Heart Rate 心拍計


ダメ元で「心拍計 アプリ」とGoogle先生に訊ねてみた。


すると、出てくる出てくる。


中でも評価が高かったのが、『Runtastic Heart Rate 心拍計』。


まず、スマホアプリだけで測れることに驚いた。


どうやって測るかが想像できなかったからである。


f:id:you_key69:20190111233822j:image

どうやらスマホのフラッシュを指に当てて、カメラでスキャンすることで脈拍(≒心拍)を読み取るらしい。


すごい。


調べれど仕組みが分からなかったが、光学式心拍計と同じ原理なんだろうか?


「血管に光を当てて心臓の鼓動と共に変化するヘモグロビンの量を読み取る」というアレ。


確かにトレーニングの真っ最中に測るのには向いていないかもしれないが、トレーニング後にふりかえることくらいは簡単にできそうである。


無料版では1日3回までなので、大事に使おう。

※ちなみにPRO版は200円(2019/01/11現在)


本来はランニング用に探していたが、試しに筋トレの前と後でそれぞれ測ってみることにする。

 

 

筋トレ前後で心拍計


今日は新年会(もちろんノンアルコールで)だったので、帰宅後あまり筋トレ時間がとれなかったが、

・スタンディングカーフレイズ 6セット
・ プッシュアップ 3セット

を1.25倍速でこなした。


f:id:you_key69:20190111233329j:image

筋トレ前は、78拍/分。

 


f:id:you_key69:20190111233340j:image

筋トレ後は、98拍/分。


あれ?ぜんぜん上がってなくない?


結構息が上がるくらいやったのに…。


運動強度を逆算すると、30%程度になる。


ジョギングのような有酸素運動でさえ強度は50%程度が推奨。


筋トレのような無酸素運動は70%以上になってもおかしくない。


それが、30%。


まだまだ負荷が足りないということなんだろうが、これが厳しい現実ってやつだろうか。

 

確かに今日のトレーニング時間は短かった。


なので明日、5kmダッシュで再検証したいとおもいます。

 


(続く)
 

さらなる高みへ!心拍トレーニングを取り入れる


f:id:you_key69:20190111071612j:image

 

ランニングにしても筋トレにしても、トレーングの負荷が適切なのかわからなくなるときがあります。


もっと追い込んでいいのか、やり過ぎなのか。


ランニング系の本を読んでいると、必ずと云っていいほど「心拍数を測る」ことが推奨されています。


重要性はわかっていたが、心拍数を測るには計測器が必要だと思っていて敬遠していました。


が、結果、特殊な器具は要らないことが判明したので、ご報告いたします。

 

 

心拍トレーニング


心拍トレーニングの重要性は各所に謳われていますが、最近読んだ中野ジェームス修一氏の著書から一部抜粋しておきます。

 

心拍数を基準にすると、パーソナルトレーナーがついていなくても、自分にとっての最適の負荷で練習できるので、練習の効率化に最適です。

 

市民ランナーなど一般のスポーツ愛好者こそ、心拍トレーニングを積極的に取り入れるべきです。

 

心拍ランは、目標心拍数(ターゲット・ハートレイト)を設定して、その心拍数で走ります。

・目標心拍数(/分)=(最大心拍数-安静時心拍数)×目標強度+安静時心拍数・最大心拍数(/分)=220-年齢

・安静時心拍数は、起床時に寝床で上体を起こして測ります

・目標強度(対最大心拍数)

 ウォーミングアップ 50~60%
 LSD 60~70%
 ペース走 70~80%

 

参考文献

 


私は35歳なので、最大心拍数の目安は185拍/分


安静時心拍数は、測ってみたら62拍/分


なので、ペース走をするなら160拍/分まで追い込んでいいことになります。

 

 

計測器は要るのか?


なるほど、確かに効率的に適切なトレーニングができそうです。


でも、専用の計測器がいるんでしょう?


ランニングウォッチに心拍計機能が付いているものがあればそれで良いですが、値が張ります。

 

私の使っているガーミンの235Jは別売の胸ベルト(ハートレートセンサー)を外付けすれば可能ですが、物々しくなってしまうし、心拍計だけ別で買ったほうが安上がりかもしれません。


あえて機器に頼らず、アナログに測る方法もあります。


手首に10秒間、指をあてて測り、6倍するという原始的な方法です。


でも、トレーニングしながら測るには手間がかかります。


うーん、じゃあもっと良いデバイスにめぐり逢ってからでいいかな、と諦めかけたとき──


めぐり逢っちゃいました。


もっと簡単な方法に。


(続く)

 

星空を撮影してみたい!カメラ初心者だけど。

 

空気が澄んでるからか、田舎だからなのか、夜の星空がめちゃくちゃキレイ。


できることならこの美しさを記録に残したい。


ということを昨年末からぼんやりと思うようになった。


カメラについてはてんで無知だが、星空を撮影することができるだろうか?


※2019年1月1日、元日の撮影挑戦記です

 

 

必要な機材


まず、最低限必要な機材を調べてみた。


・カメラ(マニュアルモード搭載)
・三脚


以上。

 

カメラ


星空はマニュアルモードを搭載したカメラなら撮れるらしい。


わが家には幸い、長男が生まれたときに買ったミラーレス一眼である。


f:id:you_key69:20190109211445j:image

パナソニックのGF3


が、結局スマホのほうがラクでほとんど使っていないのだ(思い出したかのようにイベント事で年に1,2回使うくらい)。


2011年製の古い機種ではあったが、機能を調べたところ、ビギナーが星空を撮影する分には十分のスペックが備わっていた。


詳しい設定は後述します。

 

 

三脚


かつて工作で使ったことのある100円の三脚。


f:id:you_key69:20190109211528j:image

とりあえず、コレを使う。


ダメ元ですが、ないよりは幾分かマシなず。

 

 

オリオン座で練習


まずは自宅から見えるオリオン座で練習してみる。


なんの知識もないまま試したら、一番最初はこんな写真が撮れた。


f:id:you_key69:20190109211658j:image

▲ヒドい


100均の三脚では角度が足りず、手で固定しながらやるハメに。


結局手ぶれしまくったりして、三脚の大切さを痛感する。


f:id:you_key69:20190109211725j:image

▲ぶれた

 


シャッタースピードを変えるとF値が勝手に上がって、明るくなったりしてムズい…

 


f:id:you_key69:20190109211748j:image

▲明るすぎる


だんだん何が正解かわからなくなってきた。

 


f:id:you_key69:20190109211829j:image

▲雲に阻まれる

 


これでどうだ?

 


f:id:you_key69:20190109211848j:image

▲よし、これで良し!


とにかく寒かったので、足早に退散してしまいました。

 

 

あっぷりへんしょん ~課題をクリアしていく楽しみ~


さらに調べてみると、

  • 手ぶれ補正
  • ホワイトバランス
  • ノイズリダクション

等々、調節しなければならないようだ。


課題である。

 


f:id:you_key69:20190109211937j:image

▲こんな三脚も発見した。100均だけど。

 


月の満ち欠けやレンズだってこだわりだすとキリがない。


奥が深い。

 


先週、しぶんぎ流星群が極大をむかえた。


f:id:you_key69:20190109212002j:image

残念ながら大垣市は厚い雲におおわれたままでしたが、場所によっては火球もみられたらしいですね。


いつかそんな天体ショーをカメラにおさめられるといいです。