あっぷりノート

あっぷりノート ς

モルモットからオオカミへ

初めての1000mタイムトライアル!目安のペースは?

f:id:you_key69:20200520235319j:plain



こんな方にオススメの記事
  • 1000mのタイムトライアルをしてみたい

  • でもどんなペースで走ったらいいかわからない


  • まずはじめに、御礼です。


    Twitterのフォロワー様数が1000名を突破しました!


    ありがとうございます。

    記念に何か「1000」にちなんだことを企画したいと思いついたのが、1000mタイムトライアル(TT)


    気持ち的にはトライアルというより、タイムアタックでしたが。

    苦しかったけど、楽しめたのでシェアいたします!



    1000mの謎

    さて、勢いで1000mとは云ったものの、1000mをどれくらいで走れるかは未知数でした。


    試したこともないし、VDOTの指標でも1500mからしかない。

    ネットにもあまり情報が転がってない。


    ならば自ら、モルモットとして実験するしかない。

    保守的にいって、センバル(1000mインターバル)より少し速いくらいペースで落ち着かせようとも考えました。


    が、それじゃあおもしろくおりませんよね。

    きっかけは記念企画なので。


    まったくもって未知の世界だからこそ、今しか突っ込めないと思い直しました。



    決行日時点の自己ベスト

    • FULL 3:27'29"
    • HALF 1:29'16"
    • 10km 40'53"
    • 5km 20'13"
    • VDOT 49~51

    これくらいの走力のランナーが1000mに突っ込んだらどうなるか、
    これからつっこもうとしている方の参考になればと思い、報告いたします。

    結果

    まず結果から

    f:id:you_key69:20200520235445j:plain

    1000m  3'23" でしたッ!

    ── にもかかわらずペースは3'21/kmというのはどういうこと(゚ー゚*?)


    何も前知識がない状態だったので、目安もわからずとにかく突っこんだワケですが…

    f:id:you_key69:20200520235458j:plain

    グラフの示すとおり、気持ちが良かったのは最初の200、300m。


    残りの800mは地獄。

    500mくらいで歩きたい!と思ったくらいです。

    いや、ホントに記念企画じゃなかったら歩いてたかもしれませんw

    1000mTTの課題

    タイムはさておき、初挑戦してみて痛感したのは

    ペースコントロールが激ムズ
    ということでした。


    フィジカル的にはツラくて長かったけど、頭を働かせるには短い1000mです。

    3分の間にペースを抑えようとか上げようとか考える余裕すらなく、ましてや時計をみながら調整とかいう情況ではありませんでした。


    カラダにペース感覚を覚えさせ、コントロールできるランナーこそ、真の1000mを乗り越えられるんだとおもいます。


    しかし、こんなハイペースな感覚どうやって身につければいいんでしょうか。

    もっと短い距離(400mとか)で叩き込むんですかね(-ω- ?)


    次回は未定ですが、コントロール力の腕試しにまたチャレンジしてみます。

    1000mTTのメリット

    さて、学びの多かった1kmTTですが、他にもメリットがあると感じています。

    たとえば、下記。

    • 平日の朝でもできる
    • 短いコースでもできる
    • 異次元を垣間見できる

    平日の朝でもできる

    f:id:you_key69:20200521001021j:plain

    ふだんのペースよりも速く走るし、距離も短い。

    なので、今回もウォーミングアップとクールダウンもあわせて15分程度で走れました。


    クーパーテスト(12分間走)並みに短時間で、達成感の得られるトレーニングです。

    短いコースでもできる

    f:id:you_key69:20200520235623j:plain

    たった1000m(1km)で良いので、5kmや10kmのトライアルのように長いコースを準備する必要はありません。


    今回はふだんクーパーテストで走っているコースを一部切り取って実施。


    アップダウンが少なくて、人通りがなくて、なるべく直線に近い道路が理想的でしょう。

    異次元を垣間見できる

    f:id:you_key69:20200520235650j:plain

    GARMIN CONNECTのスクリーンショットで1km当たり3分前半のペースを拝んだことは、未だかつてありませんでした。


    「こんなの初めて…!」

    が体験できます。


    決して走力が上がったわけではありませんが、少し夢を見させてくれます笑

    注意点

    ランニングエチケットを

    こんなご時世に、大手を振ってゼーハーはできません。

    ランニングエチケットは最大限に守りましょう。


    ランニングエチケットの3S

    • ソロで
    • 早朝に
    • 空いている場所で

    よろしくお願いします!

    諦める勇気を

    今回は恥ずかしいくらい、突っ込んで失速しました。

    そのおかげで、内臓が飛び出るかと思うほど苦しく、終わってから久々に血の味がしました。


    あと数10m走ってたら、倒れこんでたかもしれません orz

    苦しければ中断もありです。


    諦めても試合終了じゃありません。

    また新たな試合への幕開けになるだけなので、ときには撤退する勇気も必要です。

    次なる目標は?

    最後に恐縮ですが、個人的な展望もしたためておきます。

    1500mの初挑戦

    前述したとおり、1000mってVDOTの指標になってないんですよね。

    f:id:you_key69:20200520235846j:plain

    短すぎて参考にならないからでしょうか。

    最低でも1500mからとなっています。 


    1500走(持久走)懐かしいですね、スポーツテストで20年前にやりました。


    当時の記録はまったく覚えていませんが、サブ3 の目安となるVDOT=54では1500mは約5分のようです。


    なので、5分切り(3'20/km)できればサブ3に一歩近づけたという指標になるかもしれませんね。


    まだまだ知らない世界がある。勉強せねば!

    5kmTTのリベンジ

    夢のサブ3ランナーになるために、キロ3分台で走るのにカラダを慣らしていきたいと思っています。

    その意味で、1kmTTはじゅうぶんその役目を全うしてくれました。


    クーパーテストでも3200m(3'45/km)行けるようになって来たので、5kmTTの20分切りリベンジを来週末やってみようとおもいます。

    あっぷりへんしょん ~1000mの洗礼~

    たくさんのlikeや励ましのコメントをいただき、ありがとうございました。

    リスペクトする快速ランナーさんたちも似たような経験をされたりして大変興味深かったです。


    今回は無事、1000mの洗礼を受けることができたので、これからも引き続きチャレンジを重ねていきたいとおもいます!

    今後とも、よろしくお願いします!