あっぷりノート

あっぷりこーぼ | “走りたい”を創る工房

旅、ギア、サプリ、マインド、トレーニング ── “走りたい”は創れる

5kmがダメでも10kmのタイムトライアルならどうだ!

f:id:you_key69:20200405000218j:plain


こんな方にオススメの記事
  • レースが中止になり目標を失ってしまった orz

  • モチベーションを維持する方法はないか?


  • レースの目標タイムに合わせて、いろんなタイムトライアルやってみませんか?



    タイムトライアルを走る理由

    2020年はハーフマラソンのサブ90(90分切り)を目標にしていました。

    が、4/26のぎふ清流ハーフマラソンが来年に延期(実質上の中止)に。


    これは「無理せずチカラをつけておくように」というご託宣ととらえ、鍛え直すことにしました。

    5km、10kmと順を追ってウデ試しをしたいとおもいます。


    トライアル(trial)=試し、試験というコトバが表すように、自分の現在地を把握するうえで有用なので。

    撃沈した5kmTT

    すこし振り返りになってしまいますが、先週末5kmのタイムトライアルで撃沈しました。

    詳細は下記の記事に記載しましたが、結果は「20'13」。

    自己ベストとはいえ、目標の20分切りがかないませんでした。


    しかし、あきらめの悪い男。

    「じゃあ、10kmならどうか?」とトライアルしたくなってしまったのです。


    10kmのタイムトライアルなら

    • 5kmよりややペースを落として走れる
    • 5kmより長い距離を走るため、より実践的な練習になる
    というメリットを期待してのチャレンジです。

    VDOTで目標を確認

    走力の指標であるVDOTで目標を確認します。

    サブ90レベルはVDOT=51。

    距離 タイム ペース
    5km 00:19'36 3'55/km
    10km 00:40'39 4'04/km
    ハーフ 01:29:59 4'16/km

    実はここに10kmに希望を託した理由があります。

    5kmだと3分台で走らなければならないところを、10kmなら4分台で走れる。

    まだまだ3分台で走ると急激に苦しくなってしまんです。

    でも、4分台ならまだ耐えられる気がする。


    なので、4分台でどこまで追い込めるか、実験してみようと企んでいました。

    Time has come.

    GARMINで自己ベストを確認

    従来のベストは、昨年12月(4ヶ月前)の41'20"でした。


    当時、おおがきマラソンに向けてサブ95を目指していたときの結果です。


    今回の目標はさらに上を目指し、41分切り。

    あわよくば40'39(av. 4'04/km)です!

    タイムトライアルの結果

    さっそくですが、タイムトライアルの結果は──


    f:id:you_key69:20200405000859j:plain

    40'53"(4'05/km)

    41分切り達成できました!


    皆さん、たくさんのメッセージありがとうございました!


    f:id:you_key69:20200405000920j:plain

    1km~5km

    やはり4分台はレベル的にも精神的にも安心して走れます。

    今ふり返ってて驚いたんですが、5kmの通過タイムが、1週間前に走った5kmTTと同じ20'13"でした。


    前回つっ込みすぎたのが露呈したのと同時に、今回はナイスペースと云えるでしょう。

    7km~8km

    7kmあたりから一時的にペースが4'15/kmを下回ることが増えました。

    高架をくぐるアップダウンもあり、そこそこダメージが蓄積してくる頃です。


    8km時点ではラップタイムが4'12を示し、ヤバいと思いましたが、後ほど紹介する秘密兵器に発破をかけられなんとか粘ります。

    9km以降

    ラスト1kmは上げてくつもりでスパートをかけてみました。

    そして残り400mあたりで、こみ上げて来るものがあります。


    ── それは、胃液でした。


    ウゲェ、苦しい。吐きそう。


    あわよくばもっと行きたかったのですが、41分切りが視野に入っていたので、少しペースを落として呼吸を整えます。

    やはり3分台になると急激に苦しくなるようです。

    結局、最後は無難に合わせた形になりました。

    勝因は秘密兵器?

    今回は秘密兵器を用意しており、それが奏功したと分析しています。

    それが、

    GARMINのペースアラート
    です。

    ペースの上限・下限を設定しておくことで、アクティビティ中にその範囲から逸脱するとビープ音とバイブで知らせてくれるのです。

    今回は8km前後で失速しかけたときに、うまくGARMINごケツを叩いて立ち直らせてくれました。


    この機能、もっとはやく使えばよかったです。

    時計を気にするストレスがかなり抑えられるので。

    コース紹介

    今回もお気に入りの杭瀬川沿いを走るコースでした。

    本当ならタイムトライアルにはフラットなコースが向いていますが、このようなRelive映えするコースを求めて多少のアップダウンを容認しちゃってます。

    動画

    ランニング風景をInsta360GOで撮影してみました。

    あまり代わり映えのない風景ですが、Instagramにもアップしてるのでよかったら覗いてみてください。

    ハーフマラソンの予想タイムは?

    今回と前回のタイムトライアルの結果、VDOTは以下の表のとおりです。

    km タイム VDOT
    5 20'13 49.2
    10 40'53 50.6

    VDOT=50.6だとハーフで90分がギリギリ切れないくらい。

    机上では。


    結局、切れるか切れないかは、試してみないとわかりません。

    ということで、ひとりハーフマラソンも計画中です!

    あっぷりへんしょん ~ひとりイベントを企画しよう~

    大会がことごとく中止になってしまったので、普段やらないタイムトライアルで走力を測っています。


    ぎふ清流ハーフマラソンの開催予定日だった4/26も、もし町民運動会が中止なら「ひとりハーフマラソン」やりたいです。


    そこでサブ90を目指します。


    それまであと2週間、スピード練習を重ねてVDOTを上げていきたいとおもいます!