あっぷりノート

あっぷりこーぼ | “走りたい”を創る工房

旅、ギア、サプリ、マインド、トレーニング ── “走りたい”は創れる

【全ランナーへ】制限されない外出だからこそ、むしろ気を引き締めてランニングしよう

f:id:you_key69:20200403233351j:plain


こんな方にオススメの記事
  • ランニングは外出制限にあたらないんだって?

  • よっしゃ、ラッキー


  • そんなランナーがいちばん危険です。


    油断して足元すくわれないように、警鐘&ご提案です。



    警鐘&提案

    まず、いきなり結論です。

    以下に補足します。

    制限されない外出とは

    某ウイルスの影響で、不要不急の外出を控えるよう自粛の要請がはじまっています。


    そんな中、「不要不急」の定義がわかりづらいため、こんな外出は制限しませんよと逆に該当しない活動の例としてあげられているのが下記です。

    • 病院に行く
    • 仕事のため公共交通機関を使う
    • スーパー・薬局に生活必需品を買いに行く
    • ランニングなど外で運動する

    あらためて並べられると、一見ランニングは不要不急では?とおもいますが、なぜ制限されないかというと

    • 3つの“密”に該当しないため
    • 体力を維持するため
    • ストレス発散のため
    というように、感染リスクを減らしつつ、免疫力を上げる効果が期待できるからです。


    しかし、単純に「じゃあランニングしよっと」と早合点してはいけません。

    ここらで気をひきしめておかないと、むしろ自分で自分の首を絞めることになってしまうからです。

    ランニングのメリットとデメリット

    たまたまですが、密閉・密集・密接とは無縁であることはランニングのメリットでした。

    自治体やワイドショーが取り上げてくれたのは、ある意味ラッキーだったかもしれません。


    しかし、その反面、重大な注意点があります。

    密閉・密集・密接に該当しない=常に人目にさらされている状態である
    ということです。


    みんながいろんな自粛を強いられる中、エチケットを守らず走っていると、ランナー全体に悪い印象を与えてしまいます。いつも以上に。

    なので、道行く人に見られていることを自覚して、いま一度ランニングのマナーを見直したいとおもいます。

    ランニングする時のマナー

    「見直しましよう」と偉そうにいっていますが、ほとんどは自分への戒めの意味合いが強いです。


    思いつくかぎり挙げてみましたが、どうですか?

    • 集団で走らない
    • 信号無視しない
    • 交通ルールを守る
    • ゴミは絶対捨てない
    • 大音量で音楽を聴かない
    • 夜走るなら万全の体制で走る
    • 歩行者の邪魔にならないよう配慮する
    • 追い抜く時はスピードを落とすか間隔を空ける
    • 犬の散歩中の方を追い抜く時は特にスピードやコースに配慮する
    守れてますか?

    解決策

    上にいろいろ挙げましたが、そのほとんどは

    信号や交差点、歩行者が少ない場所を早朝に一人で走る
    これで解決するとおもいます。


    大都会だと難しいでしょうか。

    堤防とか農道とか、そういうところがオススメです。

    注意点

    ランニングが良しとされているのは健康のためです。

    たとえマナーを守ったとしても、己の健康を害するようなことがあってはなりません。


    たとえば。

    追い込み過ぎない

    ハードな練習で追い込みすぎて体調をくずしては本末転倒です。


    レースもなくなったことですし、あまり高強度な練習で長距離や長時間追い込むのはやめましょう。

    私もハーフまでの距離におさえようとおもいます。


    強度を上げたいなら、短距離で。

    私はSIT(Sprint Interval Training)をゴリ推ししてます笑

    しっかり補給

    疲労を残さないために、回復するために、トレーニング後は

    • プロテイン
    • グルタミン
    • クエン酸
    等をしっかりとってよく休みましょう。

    リカバリー

    温かいお風呂に浸かるのもいいですね。

    温冷交代浴が最高です。


    本来なら温泉なんかの水風呂を使ってできるといいのですが、自宅のシャワーでもできます。

    冷水を浴びて、すぐにお湯に浸かる。


    最高に気持ちいいです。

    風呂上がりにスタティック・ストレッチ

    あと、とにかくたっぷり寝る


    これ大事。

    いつも以上にカラダを労ってあげましょうね。

    さいごに

    不要不急に制限されないからと甘えてはいけません。


    わが村大垣市も田舎だからか意識が希薄のような気がしています。

    感染者が出ているというのに。


    ふつうにジム通いを続けているお年寄りや集団で走っているランナー、詰所に集められる消防団員。

    たとえ自分は免疫力が強くて無症状かもしれないけど、人に感染させてしまうリスクがあることを自覚せねばなりません。


    さもないと、ランニングはOKとされていても肩身が狭くなっちゃいます。


    2月頃、一度マラソン大会に逆風が吹きかけたことがありました。

    そこへ一転、制限されない外出として追い風が吹きつつあります。


    このチャンスをふいにしてはいけません。

    自分たちのライフワークは自分たちで守り抜きましよう。


    すべて、自分自身の戒めとして。