あっぷりノート

あっぷりこーぼ | “走りたい”を創る工房

旅、ギア、サプリ、マインド、トレーニング ── “走りたい”は創れる

冬ランの前に!3つの「室内ウォーミングアップ」で温まろう


こんな方にオススメの記事
  • 寒くなってきて外に出るのに躊躇してしまう

  • ウォーミングアップなのに逆に冷える

  • 玄関を開けるのが恐怖


  • 先日、冬場のウォーミングアップについて以下のようなツイートをしました。

    少なからず共感をいただけましたが、140文字ではすべてを伝えきれなかったので、補足させてください。


    冬ラン前の寒さ問題

    f:id:you_key69:20201201223841j:plain

    冬ランあるある。


    走ってると暑くなってくるので厚着はできない

    だけど、走る前が寒すぎる…

    家から出たくない…

    これは冬ランニングの宿命かもしれません。


    レースのときでも合羽着たり、ゴミ袋かぶったりと、出走前の防寒対策は皆さんいろいろと工夫されてますもんね。

    ふだんの練習ではレースのように途中で脱ぎ捨てるわけにもいかないので、工夫が必要です。

    室内ウォーミングアップ

    f:id:you_key69:20201201223854j:plain

    そんな防寒対策の一つとしてオススメしたいのが、

    玄関を出る前に室内で温めてしまう方法
    です。

    室内でも寒さを感じる時期ではありますが、外より断然マシです。


    外に出る前に室内でウォーミングアップをしてしまい、あらかじめ温まっておけば玄関を開けるのも怖くなくなります。

    おすすめは「筋トレ」

    f:id:you_key69:20201201223904j:plain

    色んなウォーミングアップが考えられますが、おすすめは腕立て伏せなどの「動きの伴う筋トレ」です。

    • ウォーミングアップ
    • 筋力アップ
    • 脂肪燃焼効率アップ

    ランニングによる脂肪燃焼効果も高まるので一石三鳥です。

    なぜ「動きを伴う」必要があるのか

    なぜ「動きを伴う」筋トレなのかというと

    • ストレッチ効果
    • (朝ランなら)目覚まし効果

    も期待できるからです。


    運動前のストレッチは柔軟体操などのゆっくり伸ばす動き(スタティック・ストレッチ)よりも、ラジオ体操のような全身を動かすような運動(ダイナミック・ストレッチ)が良いとされます。

    なので、筋トレの種類もプランクのようにじっと耐えるアイソメトリック系ではなく、筋肉や関節の伸縮をともなうアイソトニック系の筋トレを行います。


    どのような運動が該当するか、以下に3つの例を挙げます。

    3つのウォーミングアップ例

    f:id:you_key69:20201201224634j:plain

    カラダを温めるためには大きい筋肉を動かすことがポイントですが、室内で静かに行う点にも配慮しなければなりません。

    室内で走り回るわけにはいかないし、皆が寝静まっている時間は物音を立てたくないので。


    その条件を満たす3つのウォーミングアップを紹介します(難易度順)。

    • 肩回し
    • 腕立て伏せ
    • マウンテンクライマー

    当方マウンテンクライマー推しにつき、マウンテンクライマー贔屓になっている点、あしからずご了承ください m__m

    肩回し

    f:id:you_key69:20201201222556j:plain

    • 肩回し 前・後・横 20回ずつ

    もっとも簡単なウォーミングアップですが、肩甲骨をほぐせるのでランニングへの効果は抜群。

    肩から背筋にかけての大きな筋肉を動かすと、ポカポカしてきます。

    腕立て伏せ

    f:id:you_key69:20201201222707j:plain

    • 腕立て伏せ 20回

    腕を広げて大胸筋に効かせることで、さらに温まりやすくなります。

    マウンテンクライマー

    • マウンテンクライマー 30秒~60秒

    すこし負荷が高いですが、イチオシなのは「マウンテンクライマー」です。


    ウォーミングアップに加えて

    • 腹斜筋を鍛える
    • ストライドを伸ばす
    という効果も期待できるため、一石三鳥です。

    足音を立てずに柔らかく行うのもトレーニングの内です。

    マウンテンクライマーツイスト【上級者向け】

    さらに上級者向けとして、脚を上げるのと同時に左右にひねる「マウンテンクライマーねじり(ツイスト)」というトレーニングもあります。

    1日1分、続ければ腹筋がしまってくるので、ご興味のある方はぜひ。

    さらに効果を高める裏ワザ

    f:id:you_key69:20201201224048j:plain

    合わせ技としてウォーミングアップ効果を高めるために試してみていただきたいのが

    室内でウィンドブレーカーを着て筋トレする
    という方法です。


    外に出るために着るのではなく、ウォーミングアップ効果を高めるために室内でウィンドブレーカーを着るのです。

    着た時と着ていない時では、同じ1分でも温まり方が段違いなので、時間のないランナーさんには特に有効です。


    温まったら、玄関でウィンドブレーカーを脱いで外に出ればOK。

    室内ウォーミングアップのメリットを最大限に活かしていきましょう。

    まとめ ~プレウォーミング~

    f:id:you_key69:20201201223947j:plain

    12月に入り、私もとうとう今朝から長袖デビューを飾りました。

    つい最近まで「プレクーリング!」とか云っていた気がしますが、あっという間に「プレウォーミング(予温)」を使う時期に突入してしまいましたね。


    いずれにしても、工夫次第でいくらでも快適に走ることができます。

    いや、その創意工夫するプロセス含めてランニングの楽しいところですよね。


    「走る」を創ろう。