あっぷりノート

あっぷりこーぼ | “走りたい”を創る工房

旅、ギア、サプリ、マインド、トレーニング ── “走りたい”は創れる

高強度トレーニングにはあきらめる勇気も必要!カラダの危険信号に従おう!

f:id:you_key69:20190603212741j:plain


415走で10kmにチャレンジしました。


が。


タイトルで謳っているとおり、カラダの異変を感じて中断してしまったので、報告いたします。


9kmまではいいペース


ラップタイムを掲載しますが、415チャレンジをクリアするためには、順調なペースでした。


f:id:you_key69:20190603212805j:plain


よし、イケる!


ラスト1kmでスパートをかけようとしたそのときです。



突如として襲いかかる異変


忘れもしない、9.27km地点。


とつぜん胃液が逆流してきたのです。


さいわい嘔吐にはいたりませんでしたが、これ以上の続行は危険と判断し、ランニングを中止。


f:id:you_key69:20190603212905j:plain

最後はほぼウォーキングで残り700mほど歩き、10kmをフィニッシュしました。


反省


さて、何がいけなかったんでしょうか?


思いあたるのは以下。

  • BCAAの飲み忘れ
  • 水分の採りすぎ
  • 心肺能力の不足
  • スパートのペース過剰


中でも、心肺能力は深刻だとおもってます。


10kmの415チャレンジで、ゼェゼェハァハァいってるんで。

f:id:you_key69:20190603212944j:plain

これじゃあハーフでのサブ90はまだまだ達成できそうにありません。


逆に脚はぜんぜん疲れていないので、脚力はついてきたような気がします。


問題は心肺。


心肺が心配…



トレーニングでは無理しないように!


ここで声高に云いたいのは「トレーニングではぜったいに無茶をしてはいけない」ということです。


本番で無理してしまうのは分かります。


ウォームアップも丹念にやるし、補給もしっかりとるし、アドレナリンも出まくるし。


何より設定した目標にコミットする力が、ものすごい引力になります。


でも、トレーニングで無理しちゃダメです。


ここで倒れたり、ケガしたりしたら、かんじんの本番に臨めなくなってしまうからです。


まさに本末転倒ってやつですよね。


なので何度も云いますが、トレーニングでは絶対にムリは厳禁です!



ちなみに、本番でも無理は禁物です。


あきらめて次のレースでリベンジを誓う、潔さも時には必要です。



まだ序章にすぎない


このゴール直前で負傷棄権してしまうかんじ、『陸王』のプロローグと重なりますよね?


ぜんぜん立場もレベルもちがいますが( ̄▽ ̄;)


今までのはエピソードZERO。


垣製(和製的なノリで)茂木裕人のサクセスストーリーはここからが始まりなのです!