あっぷりノート

走る、を創る │ あっぷり工房

旅、ギア、サプリ、マインド、トレーニング ── “走る”は創れる

スピンバイク向けのGARMINデータ項目は「Dozen Cycle」がオススメ!

f:id:you_key69:20211231004739j:plain



こんな方にオススメの記事
  • スピンバイクのトレーニングに合うGARMINのデータ項目を知りたい

  • 色んなセンサーをつけるのでモニター項目が足りない…

  • 確かにスピンバイクで心拍センサースピードセンサーケイデンスセンサーを付けてると、それだけでモニター項目を3つ消費してしまいます。

    で、さらに走行時間ラップ時間推定距離まで見ようとおもうと、もはやデフォルトの表示項目数では足らないのです。


    ということで、GARMINのConnect IQでたくさんデータ項目が表示できるアプリを見つけてきました。

    f:id:you_key69:20211231005558j:plain

    Dozen Cycle」です。

    今回は、Dozen Cycleをオススメする理由や設定方法をご紹介いたします。


    私のGARMINウォッチはForAthlete 230Jなので、その例で進めますよ~


    GARMINのデータ項目とは?

    GARMINのデータ項目とは、


    GARMINデバイス(ウォッチやサイクルコンピュータなど)上に、走行距離やペース、時間を表示してくれる画面のこと
    です。

    データ項目は「データフィールド」とも云い、Connect IQというアプリから無料でダウンロードできます。


    →詳しくは「Connect IQからGARMINのウォッチフェイスやデータフィールドをDLする【ForeAthelete 230J】」をどうぞ

    バイクトレーニングにオススメのデータ項目は?

    f:id:you_key69:20211231010430j:plain

    上記はランナー向けの記事でしたが、今やスピンバイカーなので、GARMINのデータフィールドもバイクトレーニングに特化した仕様にしたいと思います。

    特にスピンバイクでは色んなセンサー()をつけるので、下記のようなデータ項目を同時に確認したくなるんです。

    • 時間
    • 距離
    • 心拍数
    • スピード
    • 現在時刻
    • ケイデンス
    • ラップ時間

    こんなにたくさんの項目を一気見できるデータフィールドはないか?

    タイトルで結論を云っちゃってますが、こんなわがままを叶えてくれるのが「Dozen Cycle」です。

    Dozen Cycle とは

    f:id:you_key69:20211231005645j:plain

    1. ケイデンス(or 平均心拍数)
    2. 現在心拍数
    3. スピード
    4. 走行距離
    5. バッテリー残量
    6. 平均速度
    7. Bluetooth
    8. 走行時間
    9. 累積標高
    10. 現在時刻
    11. 標高
    12. GPS精度

    Dozen Cycle」とは、RunやSwim, Walk等のアクティビティにも対応している「Dozenシリーズ」の自転車版ですね。

    ラップ時間はありませんが、Dozenシリーズのすごいところは1画面で12項目のデータを一気に参照できるところにあります。

    そのおかげでいちいちページ送りをする必要がなくなるんです。


    これをスピンバイクに活用します。

    データフィールドの見方

    f:id:you_key69:20211231010050j:plain


    左上から順に

    • ケイデンス※/現在心拍数
    • スピード/距離
    • バッテリーメーター(緑色のバー)
    • 平均速度/Bluetooth/時間(Timer)
    • 累積標高(Total Ascent)/現在時刻/標高/GPS

    ※ケイデンスセンサーが接続されていない場合は、平均心拍数を表示

    あと、心拍数とケイデンスは色分けで表示されます。

    スピンバイクでは標高はまったく必要ありませんが、まあ、気にしないでおきましょう。

    GARMINデバイスへの設定方法

    まず、Connect IQをダウンロードしておきましょう。

    Garmin Connect IQ™

    Garmin Connect IQ™

    Garmin無料posted withアプリーチ

    GarminConnectのメニューから「Connect IQストア」が呼び出せるようになります。

    Connect IQからのダウンロード

    f:id:you_key69:20211231085059j:plain

    設定はめちゃくちゃカンタンです。

    1. 検索 > データ項目 > Dozen Cycle
    2. Bluetooth をON
    3. スマホとGARMINデバイスを同期

    GarminConnectでの設定

    これは必須ではなく、お好みではありますが。

    たとえば

    • 心拍計の表示形式(絶対数か%表示か)
    • ケイデンスの色分けゾーン

    等の詳細設定を行いたい場合は、Bluetoothを接続したままGarminConnectから設定変更できます。

    1. GarminConnectアプリのメニュー
    2. Garminデバイス
    3. 接続中のデバイスをタップ
    4. アクティビティ&アプリの管理
    5. データ項目
    6. Dozen Cycle
    7. 設定

    最初はスキップしても良い作業です。

    GARMINへの適用

    f:id:you_key69:20211231005720j:plain

    ウォッチ側の設定はざっくり以下のような手順です。

    1. アクティビティ設定
    2. トレーニングページ
    3. データページ1
    4. ページ分割数 > 1項目
    5. 「1項目」を選択
    6. 「Connect IQ」を選択
    7. 「F3b DozenCycle」を選択

    分割数を1項目にするというのを忘れがちなので、気をつけてください。

    あと、一瞬「F3b?」と思うかもしれませんが、GARMINデバイス側にはこのように表示されるみたいです。

    Dozen Cycleの使用例

    Dozen Cycle利用者の例をご紹介します。

    って、ぜんぶ私ですがw

    サイクリング

    まず神社ポタリングで動作確認。

    心拍計やケイデンスセンサーは接続していないので、値は0です。


    センサー類がついてないと、多項目表示のありがたさは半減しちゃいますね。

    やっぱガチトレーニングで真価を発揮するデータフィールドのようです。

    スピンバイク

    スピンバイクではセンサーフル装備でチャレンジ。

    時間や距離と併せてスピードやケイデンス、心拍数が一緒に見られるのはうれしい。


    なんとなく「これくらいのケイデンスで漕いだら心拍がこれくらい上がるな〜」というのもわかるし。

    これはレギュラー入り確定ですね。

    【結論】GARMINウォッチは最強

    ということで、スピンバイクでトレーニングする上でオススメなGARMINデータフィールドは「Dozen Cycle」です。

    初めてGARMINウォッチ(230J)を手にしたときは、正直ここまで楽しめるとは思ってませんでした。


    スピンバイカーに転向しても、見事にサイコンの役割まで果たしてくれるんです。

    執筆時点で230J/235Jは残念ながら、生産終了になってしまったので、完全な後継機ではありませんが、同一価格帯なら

    • ForAthlete 55
    • ForAthlete 245

    あたりになってくるでしょうか。

    ランにもバイクにもオールマイティに使えるので、よければご検討されたし^^b