あっぷりノート

走る、を創る │ あっぷり工房

旅、ギア、サプリ、マインド、トレーニング ── “走る”は創れる

夜散歩しながらラヂオ収録してみた

f:id:you_key69:20210925154755j:plain

どうも。最近ラヂオ収録に東奔西走しているランニング・ブロガーのアオヤマです。

stand.fmの使い方にはだんだん慣れてきましたが、未だどこで収録するか迷ってます。


今回は、試みに夜道を散歩しながら録ってみました。


#4 走りやすい場所【ベスト3】

f:id:you_key69:20210925154819j:plain

stand.fmの配信内容と台本の一部を掲載いたします。

stand.fm


音声メディアの収録場所で悩むのと同じように「どこで走るか」を考えるランナーさん向けに個人的に走りやすい道ベスト3を紹介することにしました。

台本

個人的に短い距離を周回するのがニガテだったり、陸上競技場が近場にないので、のんびり長く走れることを基準にしています。

第3位 農道

f:id:you_key69:20210925154922j:plain

まず、第3位は農道です。

トラクター等の農耕車が走る道のことですが、まさしく田んぼの田が表すように、縦横無尽に田んぼにはりめぐらされていて、見通しが良くて走りやすいです。


ちなみに舗装されていない畦道ではなく、ちゃんと舗装されてる広域農道という道がオススメです。


ただ、交差路があったりするのと、田植え・稲刈りの時期によってはトラクターや軽トラに出くわしやすいのが、注意点ですね。

第2位 堤防

f:id:you_key69:20210925155017j:plain

続いて第2位は堤防です。

多くのランナーに人気ですね。


堤防がなぜ走りやすいかというと、交差点がなく、ノンストップで走りやすいからです。

また、多くの場合、国道や鉄道と交差するような場合でも、うまく陸橋をくぐれるように設計されています。


走ってて気持ちがいいですが、長時間だとだんだん飽きてくるという、欠点があります。

また、日除けがない河川敷の場合、夏走ってるとキツいですね。

第1位 峠道

f:id:you_key69:20210925155237j:plain

そして、栄えある第1位は峠道です。


峠は景色も楽しめるし、アップダウンで負荷もかけられるし、木陰が涼しいとメリットしか感じません。

これからの季節は紅葉が楽しめます。


逆に冬に入ってしまうと凍結したり閉鎖される可能性もあるので、行くならまさに今ですね。


近くに農道・堤防・峠道がない!という場合は自転車やクルマで走りやすい場所まで行っちゃうのもありです。

今はあまり遠出しにくい時代ではありますが、できるだけ近場で走りやすそうな場所を探してみましょう。

注意点

f:id:you_key69:20210925160103j:plain

最後に注意点です。


どれも景色は楽しめますが、都会を走るようなオシャレさとは無縁です。

また、コンビニやトイレもないので、いざというときのエスケープルートは考えておきましょう。


まあ、そんなコース設計もランニングの楽しみのひとつですし、日によって走るコースを変えてみるというのもアリですね。

今回は走りやすいコースBEST3は、農道・堤防・峠道というお話をさせていただきました。

編集後記

f:id:you_key69:20210925155353j:plain

初めて夜散歩しながら収録してみましたが、ヘッデンつけながら、スマホ片手にボソボソ話してる姿は完全に不審者です。

ホントは仕事の帰り道に録りたかったのですが、こういう日に限って帰りが遅くなり、深夜の収録となってしまいました。


しかも、今はまだマシですがに襲われそうですし、これからは寒くなりそうです。

まだ、決定打に欠けますね〜


今のところベスト収録プレイスはクルマの中ですね。

皆さんはどこで録られてるんでしょうか?