あっぷりノート

走る、を創る │ あっぷり工房

旅、ギア、サプリ、マインド、トレーニング ── “走る”は創れる

【新提案】ジョギングで川を巡る「河川ラン」をはじめてみよう

f:id:you_key69:20210828224707j:plain


最近のイヤぁな流れを水に流したくて、ジョギングでの川巡りをスタートさせました。

新企画、爆誕です!


走れないときのコンセプトラン

f:id:you_key69:20210828225601j:plain

思うようにトレーニングができないとき、気分転換にコンセプトランをします。

トレーニング効果は度外視して、あるテーマに沿ってランニングで目的地を“集めて”いくのです。


たとえば ──

  • 城址
  • 古墳
  • 宿場
  • 自噴水
  • 道の駅
  • IC・SA
  • 市町村章
  • 一級河川
  • 季節の花
  • 聖地巡礼
  • GPSアート
  • 坂道・階段
  • 神社・仏閣
  • 公園・緑地
  • マンホール
  • 天然記念物
  • 奥の細道句碑
  • 浄化センター
  • 道路愛称名路線
  • 景観遺産・景観自慢
  • 位置ゲームのポータル

とあるテーマに絞って選曲された「コンセプトアルバム」ってあるじゃないですか。

あれのランニング版です。


トレーニングのことを忘れて、楽しめることうけあいですよ。

今回は河川を巡ることにしました。

河川ラン

f:id:you_key69:20210828224731j:plain

河川ランとは

ただひたすら一級河川を巡るランニングのこと
です。

ただ、川沿いにいくのではなく、「河川名標識」を見つけにいくのを目的にします。


河川名標識とは、こういう標識です

f:id:you_key69:20210828224749j:plain
思えば「河川ラン」に目覚めたのは北海道旭川での旅ランだった


べつに川なら何でもいいんですが、一級河川にしているのは「河川名標識」が見つけやすいからです。

ただ、あえて二級河川を「レア河川」とするのもいいですね。


ポケモンGOってあるじゃないですか。

あれと一緒で、河川名標識をポケモンとして捕まえにいくという遊びです。

一級河川とは

f:id:you_key69:20210828224838j:plain

ものすごいチロチロっとした、小川に「一級河川」が冠されていたりすると、

これのどこが「一級」なの?

って、思うことありません?


これは「国民の生活を守り、経済を支える上で重要な河川のこと」と、河川法で定められているからで、規模で定められているわけではないのです。

 一級河川のほかに二級河川、準用河川、普通河川があります。

わがまちの河川事情

f:id:you_key69:20210828224902j:plain

私の住む県は、揖斐川、長良川、木曽川の木曽三川が流れており、ほとんどがいずれかの川に合流します。

なので、川を探すには苦労しません。


川が多いせいで渋滞が多いと云われるくらいです(橋ばかりな上にクルマ社会なので)。

ホント、思い浮かべるだけで数々の川が思いつきます。


相川、大谷川、杭瀬川、泥川、牧田川、水門川、揖斐川、色目川、菅野川、矢道川、江西川、新規川、中之江川、金草川、犀川、根尾川、曽根川…

相川

f:id:you_key69:20210828224915j:plain

今回の目的地は家からわりと近い「相川」にしました。

暑くても余裕をもって目指せるからです。


相川(あいかわ)は、岐阜県不破郡関ケ原町と同郡垂井町、大垣市、養老郡養老町を流れる木曽川水系の河川。杭瀬川に合流する一級河川である。

桜と鯉のぼりが有名で、家族でよくみにいきます。


わがブログでもたびたび登場しますよ。

走ってきた

ランニングが楽しみで早起きできたのは、すごく久しぶり。

はじめてのトレラン以来でしょうか。


おかげでランニング中も拒絶反応を起こすことなく、走り切れました。

やっぱ、ランニングは楽しいです。

河川名標識

f:id:you_key69:20210828224938j:plain

標識、ゲットだぜ!


f:id:you_key69:20210828225000j:plain

ちなみに、こちら西方面の眺め。


f:id:you_key69:20210828225015j:plain

東向きの眺めは逆行。朝ランなので。

装備

f:id:you_key69:20210828225032j:plain

河川ランでは「河川名標識」を撮らないといけないので、カメラが必須です。

なので、あまり持ちたがらないランナーも多いのですが、スマホを持って走ることになります。


スマホを携帯するためには、できるだけジャマにならない「ランニングベルト」がオススメです。

私が使ってるのはATiCのベルト。


ムダがなくシンプルで、FlipBeltの3分の1くらいのお値段なのです。

補給

f:id:you_key69:20210828225052j:plain

補給はリポビタンアイススラリーです。

出走前に半分、プレクーリングとして飲み、目的地で残り半分を、栄養補給・水分補給として飲みます。

たった4kmで大げさな…と思われるかもしれません。


そうです。

大げさなんです。


あえて大げさにして、4kmでもナメるなよ、とカラダに戒めるようにしました。

経験者は語るのです。

脳内BGM

相川つながりで、脳内BGMは「Nostalgia」。

BPM188なので、ランニングに最適なテンポです。


やっぱカッコいい。

個人的なイチオシは「SWEET EMOTION」ですが、ちょいとテンポが遅い(130BPM)ですね。


↓こちらは175BPMでした。

これも名曲。織田哲郎、スゴい。

ピッチ

脳内BGMのおかげでゆっくりジョグでも速めのピッチが維持できました。

f:id:you_key69:20210828225122j:plain

BPM188で最高ピッチ188って、すごくないですか笑

少しでもアキレス腱への負担が減らせるとうれしいです。

5つのメリット

河川ランをしてみて思いついた5つのメリットをご紹介します。

  • 川はどこにでもある
  • 収集するのが楽しい
  • 川沿いは堤防で走りやすい
  • 並木道なら涼しい&美しい
  • あわよくば水浴びできる?

川はどこにでもある

城址や古墳は地域を選びますが、川はどこにでもあります

目的地を見つけるハードルの低さがウリですね。

収集するのが楽しい

川に限らず、テーマでくくるランニングは楽しいです。

コレクション欲をそそります。


知らず知らずのうちに遠くまで走れるようになっていた、という副次的な効果も期待できます。

川沿いは堤防で走りやすい

川に堤防はつきものです。

堤防は信号や交差点もほとんどないので、ランナー御用達のランニングコースじゃないでしょうか。


目的地にたどり着くまでのプロセスも快適なのです。

並木道なら涼しい&美しい

f:id:you_key69:20210828225140j:plain

これは川にもよりますが、川沿いに桜やアジサイなど、季節の花々が植えられていることがあります。

並木は日除けになりますし、花々は目の保養になります。


f:id:you_key69:20210828225149j:plain

川だけでなく、周りをとりまく豊かな自然もいっしょに愛でましょう。

あわよくば水浴びできる?

川の規模によっては水面が近い川もありますね。

暑い夏場は水浴びができるとオアシスです。

 
もちろん、注意は必要はですが。

注意点

f:id:you_key69:20210828225511j:plain

注意の話になったついでに、河川ランの注意点を。

増水時は避ける

これに尽きます。


あたりまえですが、命を守る行動を。

河川の探し方

最後にカンタンに川の見つけ方を2つ紹介しておきます。

川の名前を調べる地図

f:id:you_key69:20210828225203j:plain

川の名前を調べる地図」という、名が体をそのまま表したWebサイトがあります。

ここでお住まいの地域を探してみるといいでしょう。

地域名で検索

f:id:you_key69:20210828225215j:plain

もうひとつ。

市区町村 × 一級河川
でググるだけ。

結構、各自治体が河川一覧をつくっていてくれたりします。

近年は防災の観点からも河川の情報は重要視されていますからね。

その意味でもチェックしておきましょう。

さいごに 〜広義のトレーニングとは〜

久しぶりにランニングが楽しみで早起きできました。

ただ川を愛でるだけだったので、肩肘はらずに調子が良く走ることもできたのです。


そうそう、これが好きで走り始めたんだよね。

原点回帰です。


河川だけにうまく水に流せて良かったです。


これもひとえに「トレーニングしなきゃ」の意識がなくなったからだとおもいます。

しかし、広い意味でトレーニングできてるとも思うのです。


トレーニング(training)の語源は「電車(train)」と同じで、列車が客を目的地まで運ぶように、目的を達成までに導く行為をトレーニングというようになりました。

河川ラン(をはじめとしたコンセプトラン)も、

野望という名の積荷を目的地まで運ぶ行為
といえます。


そういう意味では広義のトレーニングになるのです。


はい、屁理屈w


皆さんも、ぜひトレーニングに悩める子羊ランナーになりそうなときは、気分転換に川をめざして走ってみてはいかがでしょうか ^^

走る、を創ろう。