あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

背筋を伸ばしてご飯を食べよう!そのメリットとは?


f:id:you_key69:20181026215332j:image

 

昨日、筋トレに入れ込む前にまずは姿勢を良くしようと話しましたが、ちょっと唐突だったかもしれません。


長年のクセはそんなすぐに直りませんからね。


そこで、提案です。


まずは食事の時間から始めてみませんか?

 

 

 

なぜ「食事中」なのか?


食事中の姿勢を正すことのメリットを2つご紹介します。

 

 

時間


f:id:you_key69:20181026215343j:image

普段の姿勢を急に変えろと云われても、長続きしません。


しかも長時間ならなおさら厳しいでしょう。


でも“食事中だけ”と限定してしまえば、ケジメがつけやすいです。


ただし注意点がひとつ。


腹筋にチカラを入れすぎると食事が胃に入らず、消化によくありません。


お腹を高く上げて、肩甲骨をしめるイメージで臨みましょう。

 

 

しつけ


f:id:you_key69:20181026215451j:image

体幹だのフォームだの云っていますが、きっかけは子どもに
「おなかつけて食べなさい」「姿勢が悪いからこぼすんでしょ」
と注意していたことからでした。


そうはいうものの、自分はできているんだろうか──


と、問いかけながら自分の姿勢をみてハッとしたんです。


注意できる分際じゃありませんでした。


食欲はその人の本性を映します。


食事の姿勢を正して、自分の理性をコントロールしてみませんか。

 

何てったって“しつけ”は漢字で書くと「」ですもんね。

 

 

“自分”の振り見て我が振り直せ


今週、仕事で久々に東京にいきました。


通りにはガラス張りの店舗が軒をつらねていて、通りを歩く人たちの姿を映します。


自然と自分の歩く姿が視界に飛び込んできます。

 

すると、すこし背筋がしゃんとのびる気がするんです。


自分の振りを見て我が振りを直す。


きらびやかな街に鷹揚と歩く人が多いのは、そんな環境のせいなのかもしれません。


田舎者も負けてはいけません。


最近、妻には「パパの背筋がピンとしてると面白い」と嘲笑されます。


ですが、 くじけてはいけません。


子どもたちのため、そして、自分のためにも、まずは食事のときだけでもがんばるんです。