あっぷりノート

あっぷりノート ς

モルモットからオオカミへ

GARMINウォッチがGPS捕捉しないときの対処法

f:id:you_key69:20200215223459j:plain


こんな方にオススメの記事
  • GARMIN(ガーミン)ウォッチユーザー

  • 普段は瞬時にGPS捕捉するのに

  • たまに捕捉しなくなると不安になる

  • しかもしばらく待っても捕捉しない

  • さすがに何とかしたい


  • そう、優秀なGARMINウォッチなだけに、突然調子が悪くなると不安になりますよね。


    でも、大丈夫。


    私がGPS捕捉を復旧させた方法を伝授いたします。



    GARMINの優れたGPS捕捉速度

    GARMINウォッチのすごいところは瞬時にGPS捕捉してくれるところです。

    以前、他社のGPSウォッチを使ってたこともありましたが、その差は歴然でした。


    そんなガーミンでもたまにヘソを曲げてしまうことがあります。

    あれ?どうしたの?

    と思いながら、しばらくウォーミングアップしてるとそのうち捕捉してくれます。


    捕捉が遅くても1kmくらい走ってるうちに検知してくれるのが、 ガーミン。

    GARMINウォッチのGPSが捕捉しない!

    しかし、なぜかまったく捕捉してくれない日が連続することがあるのです。

    捕捉するまでその辺を徘徊するけど、てんでダメ。


    あきらめてそのうち反応があるだろうと楽観してると結局帰ってくるまで無反応なこともあります。

    とくに寒い時期なんかは悠長に待ってられないので、はやめに見切りをつけて泣く泣くGPSを使わない日が続くことも。

    ※GPSが無効の場合は内蔵の加速度センサーが計測をします


    しかし、さすがにレースが近づいてくると不安になります。

    こんな不安定な状態のままスタートラインに立つのか。

    GPS捕捉が必要な理由

    そもそもなぜGPSを捕捉させないといけないしのか。

    それは

    レースペースが正しく測定できないから

    体感的に1kmあたり30秒くらいずれてる気がするのです。

    レースペース走もできなきゃ、閾値走もできません。


    いつもと同じコースを走っても、GPS捕捉されていないと距離が短く測定されてしまうのです。

    ジョギングするくらいなら許せますが、 とてもトレーニングできるような状況ではありません。


    これは、GPS捕捉の復旧が急務です。

    GPS捕捉を復旧させる方法

    では、どうやって復旧させればいいのか。

    スマホのGarminConnectとウォッチを接続して位置情報を同期させる

    手順は以下のとおり。

    1. スマホの位置情報ON
    2. スマホとウォッチをBluetooth接続する
    3. GARMIN CONNECT起動
    4. ウォッチ側に「転送完了」表示
    5. あとは神頼み

    スマホの位置情報をウォッチ側に連携することで、捕捉が早くなるという理屈だそうです。


    私はこの方法で解消できました。

    GPS捕捉が遅くなる原因

    GPSの捕捉の速さは天候や、障害物の有無、前回の測位からの時間によって変動するらしいので、

    • 一度捕捉が遅くなってから放置してたり
    • 前回と異なる場所/初めての場所で起動したり

    するときに捕捉が遅くなることがあるそうです。


    そこをGarminConnectアプリで補完してあげると、捕捉しやすくなるんだとか。

    そもそもスマホがGPS検知しない

    この方法を使うためにはそもそもスマホがGPSを正しく検知できている必要があります。

    こんな時に限ってスマホもダメなことありますよね。


    そんなときは、詳しくはこちらのページをご覧いただきたいですが──

    私がよく頼るものに、GPSテストツールなるアプリがあります。

    f:id:you_key69:20200215223841j:plain

    そこで、GPSのリセット&再検知をすると復旧するケースが多いです。

    それでもダメなときは?

    GPSオフ

    そもそもGPSがオフになっていないでしょうか?

    よく室内でトレーニングされる方はGPSをオフにしてたりするかもしれません。


    下記のとおり、アンテナマークに×印は「GPS=オフ」の意味です。

    f:id:you_key69:20200215223809j:plain

    オフになってる場合は、

    1. メニュー
    2. アクティビティ設定
    3. GPS
    4. オン

    に切り換えましょう。

    困ったときのON/OFF

    それでもダメなら、ダメ元で「困ったときの再起動」を試してみましょう。


    まずは、上記の手順でGPSのON/OFF
    だめなら電源のON/OFF

    工場出荷時設定

    必殺

    • 全設定リセット
    • マスターリセット

    という手段もあります。

    これは今までのログが消去されたりするので、それなりの覚悟がいります。


    マニュアルをよく読んで、自己責任で行いましょう。

    サポートセンター

    まだ 直りませんか。


    それでは最終手段、ガーミンのサポートセンターに頼りましよう。

    パワーセーブへの移行時間

    f:id:you_key69:20200215223459j:plain

    あと、レース前の準備としてパワーセーブへの移行時間を5分から25分に切り換えておきましょう。

    パワーセーブになってしまうとせっかく捕捉したGPSが水の泡。


    再開時にまたGPS信号を探すことからスタートしなければならなくなります。

    レース前は捕捉してから号砲までの待ち時間があるので、25分に設定しておくと良いでしょう。


    手順は下記。

    f:id:you_key69:20200215223536j:plain


    なぜか大きな大会ほど、人数が多いからか、ビルの影だからか、見知らぬ土地だからか、GPS捕捉がいつもより遅い気がするんですよね。

    ということで、前もった準備を!

    まとめ

    日頃は優秀なGARMINウォッチだけに急に調子が悪くなると、こっちの調子まで狂っちゃいますよね。

    GPSが捕捉しないときは

    • GarminConnectと接続してみる
    • 電源ON/OFFしてみる
    • マニュアルを再読してみる
    • サポートセンターに問い合わせてみる
    など、やれることをやってみましょう。

    健闘を祈ります!