あっぷりノート

星空撮影ビギナー向けの三脚が決まりました!


f:id:you_key69:20190118222441j:image

 

結論から云いますと、星空撮影用の三脚としてVelbon(ベルボン)のM45を購入することにしました。


必要最低限の機能でコストパフォーマンスが最高!と判断したからです。

 

 

星空撮影の三脚に必要なスペック

雲台


三脚を決める上で大事なのは、カメラを乗せる雲台(うんだい)


雲台のタイプには大きく

  • 3WAY
  • 自由(ボール型)

の2種類があり、ざっくりと

  • 風景撮影メインなら3WAY
  • 動く被写体を撮るなら自由雲台

と得手不得手があるようです。


まあ、 星空は風景でしょうってことで、3WAYは即決でした。


※ちなみに3WAYとは、カメラの角度を上下・左右・水平方向の3方向にレバーで変えられるタイプの雲台のこと

 

 

携帯性


星空撮影となると持ち運びがメインになります。


なので、携帯性にすぐれた三脚を選びたいところですが、一般的に自由雲台のほうが携帯性に優れる傾向にあるようです。


3WAYだとレバー(パン棒)があったりとかさばるからです。


でも、そんな3WAYの中でも小型の三脚はあります。


ご安心ください。「トラベル三脚」というカテゴリーです。

 

 

スペック


f:id:you_key69:20190118222758j:image

わがカメラの重量は483g。


よって三脚のスペックとしてはこれくらいあれば、撮影も持ち運びも十分なんじゃないかと。

 

  • 耐荷重 1kg以上
  • 全高 150cm程度
  • 縮長(収納時全長)50cm以内
  • 重量 1kg前後

で、もちろん雲台は3WAY

 

 

予算


入門機とされる3000円前後の価格帯を狙い目。


ノーブランドだと1000円台からありましたが、安かろう悪かろうも怖いので、名のあるメーカーの中から選びました。


調べるまでほとんど知りませんでしたが、国内メーカーでの有名どころはVelbon(ベルボン)やSLIK(スリック)等。
アジアだと台湾のVANGUARD(バンガード)
イタリアのManfrotto(マンフロット)はかろうじて聞いたことはあります。


ブランドは品質を担保してくれます。

 

 

Velbon(ベルボン)のM45


携帯性、スペック、予算、メーカー(品質)を総合的にみて判断した結果、選んだのは冒頭でお伝えしたとおりVelbon(ベルボン)のM45です。

 

 

 

スペック

  • 雲台 3WAY
  • 耐荷重 1.5kg
  • 全高 1550mm
  • 縮長 472mm
  • 重量 945g
  • 脚径 20mm
  • 素材 アルミ
  • クイックシュー 対応

 

関係ないかもしれませんが、「M45」ってプレアデス星団(すぼる)のメシエ番号と同じですよね。


星空撮影と何か縁があったのかも?

 

 

他製品との比較


もちろん、いきなりM45にたどりついたわけではありません。


同等スペックの同価格帯の製品と比較し、検討した結果です。


f:id:you_key69:20190118223046j:image

比較対象はこの3製品

 

  • Velbon EX-440N 4段 
  • SLIK GX 6400 4段 
  • ナショナルジオグラフィック NGPH001


スペック上、

  • 縮長(収納時全長)はVelbon EX-440NやSLIK GX 6400のほうが2mm短かったり
  • 脚径はSLIK GX 6400のほうが1mm厚かったり
  • 耐荷重はナショジオ NGPH001のほうが1.5kg分耐えられたり

 

とやや劣る点はありましたが、それ以外のスペックはすべてVelbon M45のほうが優秀でした。


価格も含めて…!


つまり、コスパ最強ということです。

 

 

あっぷりへんしょん~入門機は割りきりも必要~


ビギナーは結局、実際に三脚を使って撮影をしてみて、何が良くて何が足りないのか、肌で体感してみないとわかりません。


なので、カタログスペック上、上位機種より劣っているからと云って、それが撮影にどう影響するのかが分からないのです。


耐荷重、安定性、耐久性、周辺機器…


いろいろあるとおもいます。

 

向いてないならもっと良い三脚にこだわればいい。

 

そんな割りきりが必要だとおもってます。
まずは使ってみます。


そして結果はあらためてご報告します!