あっぷりノート

あっぷりこーぼ | “走りたい”を創る工房

旅、ギア、サプリ、マインド、トレーニング ── “走りたい”は創れる

ちょっと待ったァ!物置の棚板を追加購入する前に、別のオプションを考えてみて!

 

物置の収納力アップのために、棚板を増設したいことってありますよね?


でも、純正品は高い!


なので、別のオプション(選択肢)を採用することにしました。


どうぞ。

 

 

 

わが家のヨド物置『エルモ(LMD-2211)』


f:id:you_key69:20190119233932j:image

わが家で使ってる物置は、ヨド物置の『エルモ(LMD-2211)』です。


初期装備のままだと140cmの棚板が2枚しか付属しておらず、収納力が最大限活かされていません。


f:id:you_key69:20190119232254j:image

ヨドコウのWebカタログより
 
上図のとおり、幅70cm分だけ棚板がない空間があるのです。


そこで、そこにも棚を増設しようとしたところ──

 


たった幅700mmの棚板(純正)で、1枚5,000円。

 

高っ!!


2枚にすると単純に10,000円…


オプションで儲ける収益モデルか!


こういうことしちゃうからサードパーティ製品が頭をよぎっちゃうんです。


でも、物置の棚板なんていうマニアックなカテゴリーに、サードパーティ製があるのかしらん?

 

 

屋外用スチールラックは?


いや、やはりそんな都合の良いニッチな棚はみつかりません。


つぎに思い至ったのが、別のラックを組んで設物置内に置する案でした。


たとえば、

コクヨ
・福富士
・双福鋼器
・キタジマ
・プラス KR
・シーエスラック

なんかが、業務用ラックを取り扱っています。


物置の空きスペースを測ったところ、

  • 幅700mm
  • 高さ1500mm前後
  • 奥行き400mm前後

であれば、棚の設置ができそうでした。


上記スペースにはまりそうなラックを、各メーカーのサイトや通販サイトを片っぱしから調べつくしました。


その結果たどりついたのが、キタジマ製のスチールラック「DK-574」です。

 

 

キタジマ製のスチールラック「DK-574」


確かに柱が増えたりするので見た目は劣りますが、5000円で棚3枚増やせるし、絶対コッチのほうがいい!


ということで、Amazonで購入。

 


どんな荷姿で届くのかと思いきや、


f:id:you_key69:20190119231951j:image
こんなコンパクトに収まって届きました。

 


f:id:you_key69:20190119231912j:image
開封

 


f:id:you_key69:20190119231900j:image

説明書はぐっちゃぐちゃ。

 


f:id:you_key69:20190119232947j:image

「大人2人で」とのことでしたが、1人で15分ほどで組み立てられました。

 

 

設置検証


さて、早速物置に棚を置いてみると──

 


f:id:you_key69:20190119233032j:image

何ということでしょう。

こういうのもシンデレラフィットって云っていいんでしょうか?


採寸して買ったから当たり前か。


でも、色合いも思った以上に違和感なくて、イイ!

 

 

注意点


組み立ては以下のとおり実に簡素ですが、


f:id:you_key69:20190119231734j:image


ご覧いただいてわかるように、棚の高さの調整のためには、ビスを外さなければならないので、やや手間だとはおもいます。

 

各棚の高さは組み立てる前に決めてからビス留めしましよう。

 


f:id:you_key69:20190119233344j:image
あと、わが家の場合は、棚が2枚余りました。


棚の希望枚数をカスタマイズできると尚ありがたいですね。

 

 

あっぷりへんしょん~オルタナティブな方法は無限大~


以上、物置には純正の棚板を増設するのではなく、スチールラックを買い足すのもいいかも?のご提案でした。


棚板に限らず、オルタナティブな(代替的な )発想は、常に考えるクセをつけておきたいですね。