あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

【シューズ探訪④】小出監督に学ぶ!ランニングシューズ選びに大切な3つのポイント

最近はランニングシューズをテーマに書きつらねているわけですが、現時点で次のシューズがまだ決断できていません。


asicsにするとか、今のシューズよりもソールが薄くて軽いシューズにしたい ──


というのは何となく決まっていますが、決め手を欠いています。


そのために、一度原点に立ちかえって小出監督に聞いてみることにしました。



ラソンは毎日走っても完走できない


f:id:you_key69:20180302230144j:plain

▲帯を目にする度、耳(目?)が痛いです



小出監督の著書にシューズ選びのポイントが書いてあったことを思いだし、ひっぱり出してきました。


以下、シューズ選びの項から抜粋です。


(1)こだわりを持つ


シューズはマラソンを快適に走るためのほとんど唯一といってもいい道具です。


自分にとっての ベストな 一足が 見つかるように、 できる限り こだわってみてください。


(2)ポイントはソール


まずは「ソール」を基準に選ぶのがポイントです。


特に重要なのが、ソールの「返し」。


試しにシューズのつま先を 手のひらで持って、グッと後ろに反らしてみてください。パッと手をはなすと、ソールが反発してすぐに元に戻ろうとします。この元に戻ろうとする力、つまり ソールの反発力を利用して、ランナーは地面を蹴っています。


たとえ初心者でも、大会のときはレース用のシューズを試してみるのもひとつの手です。


(3)試着の仕方


「サイズ」と「履き心地」の2つをチェックしなければいけません。


確認するのは横幅とつま先です。


靴下を履いてシューズの中でつま先を伸ばしても足の指が自由に動くくらい、先っぽに5ミリから7ミリの余裕があれば問題ありません。


「かかと」。今のシューズはヒールカップと呼ばれる硬い素材が入っていて、かかとをしっかりホールドしてくれます。そこが安定していないシューズはよくない。


ここが深すぎるシューズを買うと、はくときに得てしてかかと部分を踏んづけてしまいがちです。


あまりに細いシューレース(靴紐)は締め付けが弱いので避けた方が無難です。


程よく適度な強さで締めましょう。

あっぷりへんしょん ~こだわり・ソール・履き心地~


シューズ選びのポイントは、3点。


(1)こだわりを持つ

(2)ポイントはソール(返し)

(3)試着の仕方(横幅、つま先、かかと)


このポイントをおさえて、今週末、試着しにいってみようとおもいます。

【シューズ探訪③】なぜランニングシューズは2足持っておくといいか?


新たなランニングシューズを探しています。


週末に長距離をゆっくり走る(LSD)のと、平日に短い距離をダッシュするのとでは、向いているシューズは違うようです。


長くゆっくりならクッション性を重視し、短く速くなら軽さを重視。


前者はすでにリーボックので事足りているので、後者のスピード重視型シューズを追加したいとおもいます。


スピード重視なので、ソールが薄く軽いやつを ──


と、前回お話したようにいま物色している段階ではありますが、そもそもシューズが2足あると、何かと便利なんじゃないかと思い至ったのでここに書き留めておきます。



(1)雨対策


f:id:you_key69:20180301230012j:plain


最近だと雨や雪の日に走った翌日はシューズが乾ききらなかったがために走るのを断念するなんてことがありました。


そうなってもいいように予備としてももう一足“使える”シューズがあるといいです。



(2)洗いがえ

日頃お世話になってるシューズは定期的に洗ってあげたい。


でも一度洗うと、雨の日同様に乾くまで履けなくなってしまいます。


なので、(1)の理由と同じく予備が役に立つのです。



(3)使い分け

これが理想の活用法です。


スピードや距離、練習用・レース用というような使い分けができるといいです。


軽いシューズを履きすぎて、足を痛めないように注意したいですね。




(続く)

【シューズ探訪②】次のランニングシューズにasics(アシックス)を狙う理由


f:id:you_key69:20180228232431j:plain


前回、リーボックと決別し、他社メーカーのシューズを探すと云いました。


じゃあ、どのシューズメーカーにする?


狙っているのは、アシックス


f:id:you_key69:20180228232408j:plain

▲原宿の旗艦店へ偵察にいってきました



さて、なぜアシックスかというと、


・速い人がみんな履いてる気がするから

・日本のメーカーで日本人の足に合うらしいから

・デザイン(特にイエロー)が豊富だから


という理由からである。



はい、どれも大した根拠はありません。


人がモノを欲しがる理由というのは得てして論理的には説明できないものである。


とりわけ3つ目の理由は、購買意欲の大半を占めているような気がする。


f:id:you_key69:20180228232017j:plain

(左上)ソーティマジック、(右上)ターサージール、(左下)ゲルフェザーグライド、(右下)GT2000 New york 6



どれもまばゆいでしょ?


(続く)

【シューズ探訪①】脱・リーボック?スピードを求めるならブランド・シフトも辞さない構え

東京マラソンを終えた後、決めていたことがある。


ランニングシューズを新調する、ということを ──



Reebokとの決別


シューズの平均寿命は700km前後と云われている。


ぼくはRunKeeperでシューズの走行距離を記録しているが、優に2,000kmを超えている。


別に使えないことはないが、さすがにソールがすり減ってきているので、履き替えたい ──


と、昨秋くらいからずっと思ってて、また二代目もReebokがいいなぁと探していた。


次は少しソールが薄めで軽いやつを、と。


脚力はついてきたので、次は少しスピードを求めたい。


でも、幾多のリーボックストアを探訪してみて、うすうす気づきはじめていた。


リーボックのラインナップにはシリアスランナーないしチャレンジランナー向けのスニーカーが少ないということを ──


デザインはかっこよくていいのだが、専売特許のポンプが付いてたり、ソールが厚めだったりと、総じて重量があるのだ。


唯一、フロートライドという製品(カテゴリー?)は軽くてシリアスランナー向けらしいが、コストが高くつくので手を出しづらい。



ならば、別のブランドにシフトするか。


これはReebokフリークの僕にとって、大きな分岐点であった。


(続く)

『池井戸潤3』

半沢直樹シリーズ『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロスを読み終えました。




銀翼のイカロス」は敵もテーマも重かったので、読了後に胸の奥にずっしりきました。


個人的にはサクッと読めて、上司としての半沢から学べる仕事の哲学がつまった「ロスジェネの逆襲」が良かったですね。



エピローグにつまったエッセンス


「ロスジェネの逆襲」のエッセンスは、半沢が部下の森山に飲みの席で語ったエピローグにつまってるおもいます。


備忘のためにも、一部を抜粋してお届けします(長いのでだいぶ端折ってます)。


いつの世にも、世の中に文句ばっかりいってる奴は大勢いる。だけど、果たしてそれになんの意味がある。

<中略>

オレたちバブル世代は既存の仕組みに乗っかる形で社会に出た。好景気だったが故に、世の中に対する疑問や不信感というものがまるでなかった。

<中略>

そして間違っていたと気付いたときには、もうどうすることもできない状況に置かれ、追い詰められていた。

<中略>

だが、お前たちは違う。

<中略>

我々の世代にはないフィルターがあり根強い問題意識があるはずだ。

<中略>

世の中に受け入れられるためには批判だけじゃだめだ。

<中略>

お前たちのビジョンを示してほしい。

<中略>

果たしてどんな世の中にすれば、みんなが納得して幸せになれるのか?

<中略>

正しいことを正しいといえること。世の中の常識と組織の常識を一致させること。


原因は何か?という森山の問いに対し、半沢はこう答える ──

自分のために仕事をしているからだ。

<中略>

仕事とは客のためにするもんだ。ひいては世の中のためにする。

<中略>

誰かが、そうやって戦っている以上、世の中は捨てたもんじゃない。

あっぷりへんしょん ~サクッと観たいなら花咲舞シリーズ~


今日、花咲舞が黙ってない』のシーズン2(2015年版)を観はじめました。

「花咲舞が黙ってない 2015」DVD-BOX

「花咲舞が黙ってない 2015」DVD-BOX



シーズン1(2014年版)につづき、一話完結型でサクッと観れて爽快感があります。


半沢直樹をはじめ、今まで観たルーズヴェルト・ゲームや下町ロケット陸王などと違いモヤッと感を次回にまわすということがなくて良いです。



原作は『不祥事』『銀行総務特命』とのことですが、文庫でも花咲舞が黙ってないというタイトルがあるみたいです。


短編集らしいので、原作もサクッと読めそうですね。

【速報】東京マラソン2018、無事走り終えました。


f:id:you_key69:20180225183906j:plain


人生初のフルマラソン東京マラソン2018を無事完走したので、ご報告いたします。



ラップタイム


いきなりですが、記録を載せます。


f:id:you_key69:20180225183113j:plain


ご覧のとおり、5時間はきれましたが(ネットタイム)、ギリギリでした


一緒に走った(人生の)先輩からは、「来年、リベンジやぞ」と云われてしまいました。


ひえ~


確かに最低限の目標は達成したものの、満足いく結果とは云えないので、機会があればまたチャレンジしたいです。



フルマラソンの洗礼


f:id:you_key69:20180225183946j:plain


しかし、ちゃんと練習しないと改善は見込めなさそうです。


週末に30km走るにだけじゃだめですね。


普段からコンスタントに10km前後走っておいたほうがいいのかも?


30kmを越えたあたりで、体のあらゆるところがつり、ふだんつらないはずの腰や腕までつりだす始末でした。


これが、30kmの壁というやつだったのでしょうか。


みんなフルマラソンの洗礼は受けると聞いてはいましたが、これはまるで生き地獄でした。


しかし、歩きながらストレッチしたりエイドでスポンジをもらったり、スポンサーの久光製薬さんからは走行中にエアーサロンパスを提供していただけるというサプライズをいただいたことにより、なんとか走りきれました。


最後の1kmで、東京在住の妹が沿道で名前を大声で叫んでくれて、パワーが湧きました。


辛さなのか感動なのか分かりませんが、少しウルっときてしまいました。


本当に辛かったですが、近年まれに見る達成感でした。



謝辞


f:id:you_key69:20180225184010j:plain


沿道から声援をおくってくださった皆様、位置確認アプリで見守ってくれた家族、そしてボランティアとして精力的に大会をサポートしてくださった方々、本当にありがとうございました!

満を持して!東京マラソン2018のために田舎者が上京しました


f:id:you_key69:20180224161517j:plain


東京マラソン2018まで、あと1日


本日、東京ビッグサイトにて無事受付を済ませてきました。


いやぁ、あいかわらず人が多いっすね(田舎者)。


現地で先輩たちに合流したんですが、今回はいつも以上の持ち行列とのこと。


新たに導入された写真撮影のせいですかね。


東京五輪に向けたセキュリティ対策なのか、過去に不正があったためなのかは分かりませんが、おそらく相当な意見が寄せられると思うので、来年はまたきっと改善されることでしょう。


ただ、受付後のスポンサーブースの雰囲気や同志たちの熱気を見てると、こっちもモチベーションが上がってきますね。



本番はマラソン日和

にしても、歩き疲れたー


今、ようやくホテルに着きました。


田舎者は歩き慣れてないので、キツいんです。


しかし、本番が今日じゃなくてよかったです。


すごく暖かかったので、走ってたら干からびてたとおもいます。


f:id:you_key69:20180224161234j:plain

明日は寒すぎず、走るにはちょうどいい天気ではないでしょうか。


しばし休憩して、夕食がてら原宿にくり出して来ようとおもいます。


では、健闘を祈ります(自分の)!