あっぷりノート

あっぷりこーぼ | “走りたい”を創る工房

旅、ギア、サプリ、マインド、トレーニング ── “走りたい”は創れる

冬ランニングの天敵!手のかじかみを防ぐ走り方とは?

 

一時よりマシになりましたが、でもまだこの時期、早朝に走りに出ると寒いです。


手がかじかむ(悴む)んです。

 

 

 

手の悴みによる弊害


ランニング中に手が悴むと良いことは全くなく

  • 補給食が食べづらい
  • カメラのシャッターが切れない
  • そもそもスマホを取り出しにくい
  • 心拍が測れない

etc.
いろんなところに弊害がおきてしまうんです。


なので、できるだけ手が悴まないように工夫をこらし、結論を導きだしました。

 

 

手の悴み対策


このように──


f:id:you_key69:20190204222533j:image

親指を中にいれ、四本指でしっかり握りしめるのです。


親指を出した方が肘を引きやすいので、体幹を駆使した腕ふりができるのですが、それでも手が悴むよりはマシ。


最初は違和感をかんじますが、慣れてくれば何とかなります。


親指を中に入れることで、圧倒的に冷えは抑えられるんです。


指先の冷え、手の悴みにお悩みのランナーはぜひお試しあれ!

 

 

あっぷりへんしょん ~冷えたらすぐ温めよう~


朝の手の悴みって1日尾をひくんですよね。


なんか血行不良に陥ってしまうというか。


そのまま免疫力まで衰えてしまうような感覚に見舞われます。


もし冷えてしまったらぬるま湯につけたり、グーパーマッサージをしたりして、早めの回復を心がけましょう。