あっぷりノート

あっぷりこーぼ | “走りたい”を創る工房

旅、ギア、サプリ、マインド、トレーニング ── “走りたい”は創れる

冬ランに!初めて「アームカバー」を装備してみた【CW-X HUO601】

f:id:you_key69:20201107234907j:plain



こんな方にオススメの記事
  • 玄関出ると寒い!

  • でも走ってるうちに暑くなってくる

  • 体温調節しやすいウェアはないの?


  • ランニング用のシングレットが快適すぎるので、寒くなってもこの恩恵に与りたい。

    ということで。


    f:id:you_key69:20201107234943j:plain

    キプチョゲ選手も。


    f:id:you_key69:20201107235028j:plain

    山一選手も。


    装備しているアームカバーを試してみることにしました。


    アームカバーとは

    アームカバーとは

    f:id:you_key69:20201107235100j:plain

    こういうやつです。


    他にも「アームバンド」や「アームウォーマー」「アームスリーブ」と呼ばれることもあります。


    さあ、この辺はサクッといきましょう。

    アームカバーの効果

    素材や機能によりますが、アームカバーには以下のような効果が期待できます。

    • 防寒
    • 紫外線対策
    • コンプレッション

    このあたりも…まあだいたい想像つくと思いますし、もっと詳しく解説している方もいらっしゃるので、サラッと端折ります。


    さて、今回私がアームカバーに手を伸ばした目的は「防寒」。

    アームウォーマー」としての役割です。

    どんなブランドがあるか?

    ひとまず目ぼしいブランドをしらみ潰しに探します。

    • 2XU
    • CW-X
    • SKINS
    • Phiten
    • ZAMST
    • UNDER ARMOUR
    • asics, NIKE, Mizuno 等

    色々ありますね。

    その中から「CW-X HUO601」というアームカバーに決めました。

    CW-Xに決めた理由

    なぜCW-Xに決めたかというと大きく2つ。

    ブランドと価格

    ありがちな理由ですみません o(__o)

    CW-X

    CW-Xは下着メーカーの「ワコール」が提供するスポーツブランド。

    インナーやタイツを探しているときにも気になって物色してたんですよね。


    ワコールといえば、くだんの一山麻緒選手。

    ここでも彼女が頭をよぎったのかもしれません (*´∀`)

    価格

    相場は機能性アームカバーでなければ、2000円前後からという感じでしょうか。


    CW-Xにも同価格帯のラインナップがあり、まあ安心を買うという意味ではコスパも良しと云えるでしょう。

    サイズ

    f:id:you_key69:20201107235625j:plain

    気になるサイズはメーカー提示のサイズ表のとおりで問題ありませんでした。

    貧弱な二の腕で恐縮ですが、最大上腕丈:24cmでSサイズでぴったりハマりました。


    f:id:you_key69:20201107235737j:plain

    上腕側の内側はこのようにラバー加工が施されていて滑り落ちないようになっています。

    使ってみた

    10月中旬に買ってみたものの、なかなか日の目を見ることができず。

    ようやく峠走でデビューを果たせました。


    山は日陰も多く、清流が流れたりしてひんやりしているので、腕試しにはもってこい。

    寒さを感じることなく無事帰還できました。

    アームカバーの利点

    使ってみて感じた利点を3つご紹介します。

    シングレットと相性抜群

    シングレット(ランニング用タンクトップ)は軽くて通気性もあって腕振りもしやすいので大変気に入っています。

    そんな特性があるのに、冬は長袖ウェアに替えるのははばかられる。

    そこで白羽の矢が立ったのが、アームカバーでした。


    アームカバーはシングレットの良さを残しつつ、寒さという弱点をカバーしてくれるのです。

    外したり縮めたりできる

    f:id:you_key69:20201108000112j:plain

    まだ秋口では「家を出た瞬間は寒いけど、走っているうちに暑くなってくる」ということがよくあると思います。

    そんなときこそアームカバーの出番!


    暑くなったら縮めたり、外せばいいからです。


    f:id:you_key69:20201108000645j:plain

    これも一山選手のウィメンズマラソン2020が印象的でした。

    あ。暑くなったら外せばいいんだね(・o・)

    という気づきがアームカバーに惹かれたきっかけです。

    外したアームカバーはランパンやタイツに挟んで走りましょう。

    一時的な収納ポケットに

    f:id:you_key69:20201108000128j:plain

    これは長袖ウェアでもできることですが、袖にティッシュとか絆創膏、小さいジェル等を詰めることができます。

    さらにアームカバーは上腕部も空いているため、上の方は重いもの、手首側は軽めのもの、というようにさり気なく収納することができるのです。


    携行品が多くなりがちなフルマラソンのときにも便利ですね!

    まとめ

    これからの季節

    走る前は寒いけど、走り始めたら暑い
    という状況に、ぜひアームカバーをお試しください (*^ー゚)b