あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

マラソンで目標達成するには、次の大会にエントリーしておくといい

2017年4月23日、ぎふ清流マラソンに出場します。

次の大会にエントリーしたことで心の余裕ができた

f:id:you_key69:20161219224550j:plain


たしか11月のはじめだったと記憶しているが、『高橋尚子杯 ぎふ清流マラソン 2017』にエントリーした。


本当なら12月のおおがきマラソンをはしり終えた結果で、エントリーする/しないを判断したかったのだが、すぐに出場枠がうまってしまうとのことだったので、受付開始時刻にすぐ申請した。


そのときは特に意識していなかったのだが、次の大会にエントリーしてしまうことで、初マラソンにたいするプレッシャーがだいぶやわらいだように感じた。


まずは完走できればいい。タイムは次の大会で追求すればいい」と ──


おかげで「おおがきマラソン」では、無理をしすぎず最適なペースで完走という目標が達成できた


次の大会にエントリーしていなければ、もしかしたら初マラソンでタイムまで欲張ろうとペースを乱してしまっていたかもしれない。


小さな目標でさえ達成できないときは?

大きな目標はスモールステップをすこしずつ重ねていくこと、とよく助言される。


小さな目標をすこしずつクリアしていけばいい。


でも、時には小さな目標でさえクリアできないこともあるだろう。


そんなときはどうすればいいか?


ナポレオン・ヒル博士曰く、

失敗とは、あなたの計画が完全なものではなかったということなのだ。そこで、次の計画を立て、もう一度スタートすればいい。


つまり、達成できなくてもいい。


また次の達成できるように計画を立て直せばいいのである。

心の中であきらめない限り、永久に敗北はないのだ




あっぷりへんしょん

清流マラソンでは2時間を切れるようにトレーニングしてみるつもりです。


でも、仮に達成することができなければ、また、別の大会にエントリーしようと考えています。

広告を非表示にする