あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

秋雨を雨マラソンのシミュレーションに活かす

雨、雨、雨。

雨続きで連日、休足日をとっていたが、こらえきれずに秋雨ランニングを強行した。

という、単なる日記です。

 
f:id:you_key69:20160923002054j:image

 

 

 

■雨の日にしかできないこと


雨の日は視界もわるいし、足元もわるいし、積極的に休む日にしよう、というような記事をいろんなところで目にする。

そんな中、「雨の日にしかできないこと」としてピックアップされていた話題が目をひいた。

それは

── 雨のマラソンのシミュレーション

である。

ためしに走ってみてわかったが、滑りやすいことはもちろん、ぬかるみでは泥を浴びるし、雨に体温を奪われたりとそれはまあ凄惨なありさまである。

これが本番の日、しかも冬だとおもうとちょっと萎える。

ただ、雨のランニングにサングラスは重宝する。

ゴーグルの役目をはたしてくれるから。

日差し対策ではなく、雨粒対策になる、という収穫を得たりもする。

そんなプラスの情報を仕入れたり体験したりして、万が一の場合に備えなければならない。

同僚は「のどが乾かなくていい」ともいっていた。

なるほど。

でも「シューズが濡れるのはイヤだけどね」ともいう。

たしかに。

ぼくの新品のシューズもなかなか日の目を見ることができず、温存されっぱなしなのであった。

 

(おしまい)

広告を非表示にする