あっぷりノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

アイロンビーズでドット絵コースターをつくる

アート/クラフト

アイロンビーズでドット絵コースターを作った。気持ち悪い配色の。

 

f:id:you_key69:20150321052359j:plain

 

なぜ気持ち悪い色になったかは…ご覧ください。

 
 
 

■コースターとしてのアイロンビーズ

先般の「ドット絵のアイロンビーズ・チャレンジ」は、何か思ってたのとちょっと違う、というのが第一印象だった。

 

だが、しばらく手元に置いておくと何となく愛着がわいてくる。

 

ザイオンス効果というのだろうか、それとも「美人は三日で…ブスは三日で…」という心理だろうか。

 

心理学に疎いぼくが知るよしもないが、いずれにせよ、もうちょっと仲間を増やしたくなった。

 

その最たるきっかけは、例のマリオやクリボーが「コースターにちょうど良いサイズ」ということに気づいたこと。

 

そこで、コースターを増やして来客時のおもてなしアイテムにしてみたくなったのだ。

 
 

そもそもコースターとして使っていて「熱い飲み物なんか淹れたときに溶けないか」なんて野暮な心配がよぎったが、アイロンビーズは120℃を超えないと溶け始めないようだ。

 

うちの家族はそんな熱い飲み物を飲むには猫舌すぎるので、気にすることはないだろう。たぶん。

 
 
 

■コースターをつくるにあたってのルール

それはさておき、本題。

 

コースターとして使うには、縦横比がほぼ1:1の図案が向いている。

 

よって、アイテム系はほとんどその条件を満たすんじゃないかと思う。

 
 

さらに細かく云うと、うちにあるコースターはだいたい10cm × 10cmサイズなので、アイロンビーズパーラービーズ)は直径5mmだから、ビーズが20個四方に収まればコースターとして容認できるサイズとなる。

 

つまり、20 × 20 以内のドットに収まればよろしい。

 
 

あと、もう一つ個人的な条件を付け加えたい。

 

余ったビーズを使うこと。新しいビーズを買い足してはならない

 

これ以上ビーズを増やしたくないから。

 

色が足りなくなるであろう点については、心を鬼にして目をつむる(←なんか相容れない言い回し)ことにする。

 
 

ということで、マリオのパワーアップアイテムを題材にして作った。

 
 

まずはスター。コースターだけに。

 

f:id:you_key69:20150321202612j:plain

 
 

興が乗ってきたので、次はキノコ。絵的にスーパーマリオ3のを採用する。

 

f:id:you_key69:20150321202555j:plain

 

異様な配色に、妻からは「毒キノコ!」という罵声が。

 
 

ちなみにドット絵の図案はこうだ。

 
・キノコ

f:id:you_key69:20150322102241p:plain

 
・スター

f:id:you_key69:20150322102303p:plain

 

「余ったビーズを使うこと」という制約のせいで、図案とかけ離れた気持ち悪いコースターになってしまったことがよくわかる。

 
 

しかし、コースターとしての不足はない。

 

f:id:you_key69:20150321202859j:plain

 

よく云えば、艶やか。ヴィヴィッド。

 
 
 

■あっぷりへんしょん ~いい歳こいた大人がアイロンビーズを楽しむための3つの工夫~

まさか、齡31にしてアイロンビーズをやることになるとは思ってもみなかった。

 

人生に誤算はつきものである。

 

しかし、そんな運命に立ち向かう中で編み出した工夫を最後に3つ挙げて締めくくろうと思う。

 
 

(1)ピンセットを使う
これはみんなやってることだろう。

 

初体験のときに感じたことだが、ビーズの間にビーズを入れる作業が思った以上に手間取る。

 

特に男の指じゃキツいんじゃないだろうか(そもそも大人の男がやるものなのか甚だ疑問ではあるが、現にここにいるので)。

 

そこでピンセットを採り入れたことにより、飛躍的に作業効率がアップした。

 

f:id:you_key69:20150321034213j:plain

 

ギャッツビーのピンセットがおすすめ。

 
 
 

(2)ビーズはあえてピンに立てない
画像で伝わるだろうか。

 

f:id:you_key69:20150321032732j:plain

 

ビーズをプレートのピンに立てるのではなく、ピンの間に挟んでゆくのだ。

 

そうすることで、ピンがぶれにくくなる(気がする)。

 
 
 

(3)色は使いたい色だけ手に入れる
アイロンビーズをやる前に、この記事を読んでいただいてるのであれば、助言させていただきたい。

 

自分の欲しい色を買って、始めよう

 

いろんな色が入ってるアソートセットを買ってしまうと、いろんな色が入ってるがゆえに至極不便である。

 

f:id:you_key69:20150307081403j:plain

 

欲しい色を探すのも大変だし、欲しい色が足りなくなる可能性もある。

 

結果、欲しい色がないとこういう不気味な色合いになってしまうのだ。

 
 

 

ぜひこれを反面教師にしてほしい。

 

 

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
広告を非表示にする