あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

FamiTrackerの打ち込みは「nanoKEY2」を頼る

先日のFamiTrackerは、文字入力用のキーボードじゃ使いづらすぎた。
(使いづらすぎた体験はコチラを参照)
 
わざわざ文字キーを鍵盤に見立てるというのは酷だ。
 
それ以外に打ち込む方法はないか、悩んだ末にたどり着いたのは「nanoKEY2を導入する」という結論である。
 

f:id:you_key69:20141020234120j:plain

 

■nanoKEY2とは

nanoKEY2はコルグ社の提供するMIDIキーボード。
 


nanoシリーズ2 : nanoKEY2|KORG INC.

 
 
Amazonで買ったら、こんなスタイリッシュな外箱で届いた。
 

f:id:you_key69:20141020232448j:plain

▲イエロー×シルバーはぼくの大好きなコーディネート
 
 
PCへの接続はUSBだけ。
 
テンキー付キーボードと比べるとこれくらい。

f:id:you_key69:20141020233002j:plain

 
中途半端な薄さと微妙なタッチ感は、期待を裏切ることはなくても期待を超えることもない。
 
これぞKORGクオリティ。
 
あえて「FamiTrackerの補助用」というふうに用途をわり切っておくと、いざCubaseに使えたときに「ラッキー」とまで思えてしまうのでオススメだ。
 
物は考えようである。
 
 

■FamiTrackerでのセットアップ方法

FamiTrackerへのセットアップ方法は驚くほど簡単だった。
 
USBでPCにつなげた状態で、FamiTrackerを起動する。
 

f:id:you_key69:20141021222238p:plain

 
あとは、「File」 > 「Configuration」 > 「MIDI」タブの順に開き、「Imput Device」にnanoKEY2を選択するだけ。
 
 
KORG KONTROL Editorで編集できたのは意外だった。

f:id:you_key69:20141021222316p:plain

 
これで改めてロックマンサウンドの打ち込みも再開できそう。やったね。
 
 
 
 

■あっぷりへんしょん ~機材の棚卸しをしよう~

MIDIキーボードを探してた中で、すでに打ち込みも演奏もそこそこできるキーボードを持っていたことを思い出した。
 

f:id:you_key69:20141019121255j:plain

▲実家に眠っていたKX-49
 
 
こいつに任せることも考えたが、でも邪魔だし使う機会がないからなあ…
 
もう要らないよって思し召しかも。
 
逆にnanoKEY2を有効活用する考えにシフトしてみよう。
 
簡易的なDAWアプリと連携できるなら、それこそ音源搭載のキーボードさながらに使えるかも?
 
使えたときのラッキー度が高まるはずだ。
 
 
▼こんなシーケンサとかにね
 
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
広告を非表示にする