あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

プラネタリウムも!外遊びも!時間を忘れて遊べる科学館「エンゼルランドふくい」が最高でした

先日の加賀・越前旅行で遊びたおした児童科学館『エンゼルランドふくい』。


ここ、旅の予定が狂ってしまうくらい一日がかりで遊べたので、簡単にご紹介したいとおもいます。

 

 

どんな施設?


エンゼルランドふくい、正しくは「福井県児童科学館」だそうです。


f:id:you_key69:20190313232247j:image

遊具や科学館としての機能を備えた、巨大な児童館だと思ってください。


開館は1999年ですが、2016年にリニューアルされたらしく、展示も体験も近代的な印象でした。

 

所在地は、福井県坂井市春江町です。

 

 

スペースシアター(プラネタリウム


f:id:you_key69:20190313232355j:image
大人:500円、幼児:100円 


時間によってポケモンや恐竜、ドラえもん、子どもでも入りやすい企画が用意されているので、お目当てのテーマがあれば事前に時間を調べておくといいです。

 

放映スケジュール


わが家は恐竜たちが主役の「ジュラシック・ヒーローズ」を観覧しましたが、「合い言葉は、もう二度と絶滅しない!」に吹いてしまいました。

 

今、ちょうど子どもたちが星座や宇宙にドハマりしているので、プラネタリウム中の質問にもバンバン答えられて楽しそうでした。

 

 

展示エリア


f:id:you_key69:20190313232457j:image
大人:100円、小人:無料


f:id:you_key69:20190313232526j:image
科学館らしい展示や体験ゾーン。


f:id:you_key69:20190313232555j:image
子どもたちは、なぜかこういう狭い回廊に興奮しますよね。


f:id:you_key69:20190313232704j:image

他にもワクワクや発見がたくさんありました。

 

 

芝生広場・こどもの村・こどもの雲


f:id:you_key69:20190313232723j:image

屋内でじゅうぶん遊んだはずなのに、外に出てもまた弾けます。


f:id:you_key69:20190313232733j:image

こどもの村」という名のアスレチック&遊具ゾーンもありますが、


f:id:you_key69:20190313232747j:image

こどもの雲」という名のトランポリンで、そのテンションは最高潮に。


前も云った気がしますが、子どもはトランポリンさえあれば、無限に遊び続けられます。

 

 

あっぷりへんしょん~予定が狂った越前・加賀旅行~


当初の計画では、その後、丸岡城に訪れる予定でしたが、結局閉館時間まで遊んでしまいあきらめる羽目に。


あとで振り返ってみると、これでもまだ5割くらいしか廻れてなかったようです。


夏なんかには噴水広場でも水遊びもできるみたいですね。


さらに予定を大幅に狂わすこと、うけあいです。


f:id:you_key69:20190313232228j:image
ちなみに翌日に訪れた『サイエンスヒルズこまつ』でも子どもたちが熱中し、(良い意味で)予定をくるわされました。


それについては、また後日!