あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

赤坂お茶屋屋敷跡のボタン │ 季節の花ジョギング

f:id:you_key69:20170515190326j:plain


人が集うところを避けたい。


人がとおらない道をとおりたい。


人が寝静まっているときに活動したい。


人が集まるシーズンをずらして訪れたい。


みんなとちょっとだけ違う自分でありたい。


そんなアウトロー欲求がだれにでもあるんじゃなかろうか。


そんなアウトロー欲求を満たしてくれるスポットがここ、大垣の赤坂にはあります。


お茶屋敷跡の牡丹

5/14は大垣祭りの日。


駅前には人が集うので、郊外へいきたい。


シーズンオフをねらって。


できるかぎり人が活動しない時間帯に。


普段とおらない道をたどって。

f:id:you_key69:20170515221134j:plain


そこでおとずれたのが、赤坂町にあるお茶屋屋敷跡である。

f:id:you_key69:20170515221142j:plain


昨年は景観遺産めぐりをメインに訪れたが、今年は季節の花「牡丹(ボタン)」がメインである。

f:id:you_key69:20170515221225j:plain



メインとはいいつつ ──


f:id:you_key69:20170515221317j:plain

咲いてないことは知ってたんだけれど。


f:id:you_key69:20170515221345j:plain

このように切り落とされている(昨年同様)。


ただ、すでに時期外れとおもいきや、まだツボミの花も、

f:id:you_key69:20170515221409j:plain

f:id:you_key69:20170515221439j:plain

いくつかあったし、


f:id:you_key69:20170515221455j:plain

一輪だけわが道をゆく、アウトローなボタンが咲いていたりもした。


人間はアウトローのちょっと危険な香りに惹かれるけど、アウトローなボタンにはたくさんの蜜蜂がその香りに誘惑されていたようである。


f:id:you_key69:20170515221553j:plain

こんな時期のこんな時間帯にきたので、ひとっこ一人おらず、


f:id:you_key69:20170515221607j:plain

こんな時間から解放してくれているお茶屋屋敷跡にただただ感謝である。


雑踏に疲れたら、ぜひ癒しの空間におたちよりください。


あっぷりへんしょん ~普段とおらない道はたのしい~

今回のメインテーマはもちろん季節の花“ボタン”であったが、その道中をあえてハイライトしたい。


というのも、はじめて通った道がものすごくよかったのである。


f:id:you_key69:20170515221825j:plain

通ったのは荒尾町の北瀬古を南北にぬけるルート。


先にのせた写真でいうところの、この脇道ルートである。

f:id:you_key69:20170515221910j:plain


ふだんクルマでは左のカーブに沿っていってしまうが、あえて脇道に入ってみた。


これが大正解だったのである。


詳細は割愛するが、



f:id:you_key69:20170515222042j:plain

f:id:you_key69:20170515222054j:plain

歯科医院あり、


f:id:you_key69:20170515222115j:plain

リゾート風の老人ホームがあり、


f:id:you_key69:20170515222217j:plain

f:id:you_key69:20170515222230j:plain

いくつかの寺院があり、


f:id:you_key69:20170515222247j:plain

祠も、


f:id:you_key69:20170515222307j:plain

神社も、


f:id:you_key69:20170515222336j:plain

製作所だってある。


見所満載のルートだったのである。


おそるべし、北瀬古コース。

f:id:you_key69:20170515222432j:plain


今後、赤坂方面にいく際には、ぜひ活用したいルートである。

f:id:you_key69:20170515222155j:plain


つぎは、どこへ行こう。

f:id:you_key69:20170515222527j:plain

広告を非表示にする