あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

縄跳びをする2

実に20年ぶりの縄跳びだ。

f:id:you_key69:20150907062359j:image


あらかじめスキミングした情報を手がかりに、土または芝生の場所をさがす。



自宅から徒歩1分。

芝生地帯にきてみた。

f:id:you_key69:20150907062432j:image

やってみる。

芝がからんでできない。

うっすら体が重い気もしたが、きっとぼくのせいじゃない。

芝が悪いんだ。


すぐ別の場所をさがす。

歩くこと10分。

高架下はどうか。

f:id:you_key69:20150907062504j:image

秘密基地っぽくてワクワクする。

上は新幹線が走る。

f:id:you_key69:20150907062535j:image

アスファルトだが、まあいいだろう。


まずタイマーで3分セットして跳んでみた。

すると、「足が痛い」「3分が長い」
「水飲みたい」というネガティブマインドが怒濤のごとくおしよせてくる。


むかしは何百回と跳んでた記憶があるが、びっくりするほどに50回が限界である。

この際、男らしく回数ではなく時間で勝負だ。

と意気込んだが、2セット目で挫折。


縄跳びもそうだが、場所探しにたくさん歩いて疲れた気がする。

次は用意周到にリベンジしたい。


(続く)


■最高回数
・50回

■時間
・3分 × 2セット
広告を非表示にする