あっぷりノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

念願のドクターイエローを観に行く

旅する・遊ぶ
今日、ドクターイエローを見た。
 

f:id:you_key69:20141129123648j:plain

 
正確には、見に行った。
 
見ると幸福が訪れる、というドクターイエローだが、わざわざ見に行ったんじゃあ、それは幸福とは違うんじゃないか…
 
とも思ったが、考え方を変えればそれは、自分で幸福をつかみにいく行為といえるのではないか。
 
── 夢は逃げない。逃げるのはいつも、自分だ。
 
 
 

■商材としてのドクターイエロー

息子が寵愛しているというのもあり、ここ「あっぷりノート」でもよく登場するドクターイエロー
 

f:id:you_key69:20140820003111j:plain

 
正式名称は「新幹線電気軌道総合試験車」というらしい。
 
 
東北新幹線の「こまち」や「はやぶさ」、北陸新幹線「あさま」なんかはカラフルだしデザインも洗練されてて頑張ってる感があるけど、東海道新幹線は「のぞみ」も「こだま」も白くてつまらない。
 

f:id:you_key69:20141129123943j:plain

乗りたいなら乗せてやるぞ、という殿様感しかない。
 
 
そんな泰平の天下に投じられたのが、ドクターイエローである。
 

f:id:you_key69:20141129123648j:plain

 
今回、ドクターイエロー岐阜羽島駅に長時間停車するということを聞きつけて、見に行ってきた。
 

f:id:you_key69:20140816103156j:plain

 
いつもはがらんどうな岐阜羽島駅
 

f:id:you_key69:20140816103722j:plain

 
今日はこんな混雑。
 

f:id:you_key69:20141129124313j:plain

 
岐阜にもこんなに人がいたんだね。
 
 
長時間停車していた理由は、JR東海ツアーズドクターイエローの内部を見学するプランがあるそうで、そのためにスタンバイしていたらしい。リニア鉄道館ドクターイエローを巡るツアーとか。
 
でもそんなツアーに関係のないぼくらのような部外者でも入場券さえ入手すれば拝むことができたのだ。
 
いずれにせよ、JR東海様が自分たちの資産をツアーの目玉にしているのが何ともナイスなアイデアだと感じた。
 
泰平の世に安座することなく、これからも切磋琢磨していただきたいものである。
 
 
 

コスパの高いドクターイエローづくり

今までドクターイエローをいくつか作ってきた。
 
 
【参考】 ドクターイエローを牛乳パックで創る
 
【参考】 ドクターイエローをレゴで創る
 

黄色のボディと青のラインが特徴的なドクターイエロー
 

f:id:you_key69:20141129123136j:plain

 
アイコンとして、ドクターイエローはどこまでドクターイエローと認識できるのか、検証したくなる。
 
ということで、こんなの作ってみた。
 

f:id:you_key69:20141129183121j:plain

▲積み木やブロックにテープを貼りまくる
 
 
一応、息子には「いえろー!」と認識してもらえた。
 
視認性の高いアイコンは応用が利きやすい。つまり、「ドクターイエローは作りやすい」ということである。
 
 
▼何ならこれでもドクターイエローに見えるんじゃないか

f:id:you_key69:20141129231951j:plain

 
思えばうちにあるまともなドクターイエローは、このVOOV(ブーブ)だけだ。
 

f:id:you_key69:20141129151824j:plain

 
お決まりの「パパが作ってあげようか」はコスパを追求した成れの果てかもしれない。
 
 
 
 

■あっぷりへんしょん ~次は走ってる姿を拝みたい~

ドクターイエローにもちろん喜んでいた息子だったが、近くのホームで電車が発着すると「あ、でんしゃ」とくぎ付けになってしまう。
 
やっぱり動いてる様が見たいよね。
 
あの、白髭神社から。
 
 
ドクターイエローに関する情報がここにつまってる▼


ドクターイエローを確実に見る!!


 
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
広告を非表示にする