あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

ド素人のボーリングが飛躍的に上達するたった1つのコツ!


f:id:you_key69:20181223233621j:image


子どもたちたっての希望で、結局2日連続カラオケ&ボーリングに行きました。


前日は100も届かない散々なスコアだったのですが、悔しくてGoogleで調べて、148まで伸ばしたので、そのコツをここに 記録しておきます。

 

 

 

「スパット」を狙え!


 上手くなるために1つ知っておくべきボーリング用語があります。


スパット」です。


f:id:you_key69:20181223233259j:image

画像はこちらより拝借


ボーリングはピンを目がけて投げるのではなく、スパットを狙うんだそうです。

 

 

 どうやって狙うか?


右利きの人は、レーンのやや左から“2番スパット”を目掛けて投げるとストライクが出やすくなります。


f:id:you_key69:20181223233156j:image

画像はこちらより拝借

 

ホントそれだけ。


それだけで見事に50ポイント以上アップしました。


元が低すぎるというのもありますが…

 

 

課題は?


課題はスペアを狙うときです。


2番スパットはストライク狙いですが、ストライクがとれなかった時は結局状況に応じてリカバリーをせねばなりません。

 

まだスペアを狙うとき、スパットをどう活かしていいのかわからないのです。


その応用力を磨くのが次のステップでしょうか。


次いつ行くのか分かりませんが、「2番スパットを狙う」これだけは忘れずにおさえておきたいですね。

 

 

あっぷりへんしょん~親が上手くならないと?~


今週末は子どもたちの経験のためにカラオケ&ボーリングを訪れました。


しかも2日連続。


でも、今後そんなにしょっちゅう行くつもりはありません。


きっと年に数回でしょう。


でも、遊びの幅が広がったのは良かったことだとおもいます。


雨で外に遊びにいけないとき、妻が仕事のとき etc.


子どもたちを連れ出す選択肢の一つになり得るでしょう。


ただ、6歳児&3歳児を相手には1ゲームで十分です。


2ゲームやったら、最後は疲れてグダグタでした。

 

ちなみに私も腕が疲れて指にマメができそうでした。

 

子どもたちにガチでやらせるなら、私ももっと上手くならないと…!