あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

大垣市景観遺産に応募(投稿)する

わたしのライフワークのひとつに、ジョギングでの景観遺産めぐりがあります。


墨俣や上石津の一部をのこし、大垣地区の大半はすでに巡ってしまいました。


今年あらたに追加された3件もすでにコンプリートしており、そろそろ別の角度から攻めてみたいと思うようになりました。


先日チラッとふれましたが、自ら景観遺産に応募するのです。


少なくなってきたら足せばいいのです。



大垣市景観遺産の応募方法


まずは、大垣市の募集ページを参照してください。


ざっくりと以下のような条件を満たせばいいとのことです。

・大垣の残したい景観

・建築物、工作物、樹木、風景

・「歴史や文化、産業を象徴する」または「デザインが優れている」または「景観形成に貢献している」


考えるより、すでに指定済みの景観遺産や、このブログの検索フォームに「景観遺産」と入力していただければ、どんなものかパッとイメージがわくと思います。


募集期間は随時だし、応募資格はない。


かなり間口の広い募集イベントであることがわかります。


ただ概要には記載がないが、推薦理由は応募時に記入しなければならないので、推薦者として責任は問われます。



応募してみる


さて、どの景観を応募しよう ── と思案したいところだが、実は前々から「なぜ、景観遺産に登録されていないんだろう」と思っていたお気に入りの工作物があります。


このブログでも数年前に書いたこともある ──




f:id:you_key69:20180130230116j:plain

ここです。


浅中公園の「アスピックブリッジ」です。


f:id:you_key69:20180130230145j:plain

正面からの眺めはもちろん、名神高速から拝めるのも推薦ポイントです。


きっと県外の方でも気づいてくれるドライバーの方もいるんじゃないでしょうか?


f:id:you_key69:20180130230436j:plain

春にはツツジとの共演も景観ですね。


このブログでも何度か紹介しているので、ご存知のかたには恐縮ですが、ぎふ清流国体で大役を果たした実績もありますし、文化を象徴する建築物と云えるのではないでしょうか。


f:id:you_key69:20180130230758j:plain

ということで、上記のような推薦文をつらつらと投稿フォームに入力し、


f:id:you_key69:20180130230811j:plain

送信ボタンを押しました。



あっぷりへんしょん ~応募するのは楽しい~


せっかく住んでいる街なのでいろいろ応募して楽しみたいです。


駅前広場の名称や新築される子育て支援センターの名称 etc.


いろいろ応募して来ましたが、どれも採用されたことはありません。


でも、「応募する」という、云わばニーズに対して応えていくという行為は、マーケティングっぽくて好きです。


当たればラッキーくらいの感覚で参加してみてはいかがでしょうか。


今回のアスピックブリッジは結構自身あるんですけどね~(って、いつも思っててるんですけど、狭き門なんですね)