あっぷりノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

外渕のバラ園 │ 季節の花ジョギング

f:id:you_key69:20170519212121j:plain


美しい花にはトゲがある。


たまにはちょっと刺されてみませんか?


外渕のバラ園

大垣市の隣町にはバラの特産とする町がある。


中でも大野町(揖斐郡)はバラ苗の生産数が日本一を誇るらしい。


だからバラを愛でるなら、おのずと大野町や神戸町安八郡にいく機会がふえる。


でも隣町とはいえ、片道11kmはある。


走っていくとなると、なかなか平日の朝っぱらからはハードルが高い。


ならば大垣市内はどうか。


f:id:you_key69:20170519212526j:plain

あった。


Googleマップでもここまで拡大しないと「バラ園」の文字が検知できないほど、マイナーなスポットのようだ。


じつにミステリアス。


謎めいたバラ園なんて、魅力的じゃないか。


いってみた。


f:id:you_key69:20170519212544j:plain
▲ひさしぶりに杭瀬川沿いを走ります



しばらく田んぼの畦道をかけ抜けると ──


見えてきた!?


f:id:you_key69:20170519212605j:plain


Googleマップではこのあたりのはずだが…

あれが入口か?!

f:id:you_key69:20170519212724j:plain


じゃん!

f:id:you_key69:20170519212625j:plain


ん?

f:id:you_key69:20170519212712j:plain


ががが、がーん。



f:id:you_key69:20170519212804j:plain
▲「バラ園」と書かれたゲートがうっすらと見える


これはもう開園時間まえとか。そういう次元ではない。


もはや廃墟と化しているではないか…!


なぜこんなことになってしまっているのか、


いつからこうなのか、


かつては誰が管理していたのか。


気になることはたくさんあったが、あいにく朝から出歩いてる人もいなく、聞き込みをすることができなかった。


まるで「バラ園」の香りに誘われて、だまし討ちをくらったミツバチのようである。


でも、大丈夫。


こういうのには慣れている。


たまにはチクンと刺さるようなハプニングがあるからおもしろい。


f:id:you_key69:20170519213035j:plain

廃墟から顔をだしていたバラを撮影して、季節の花を愛でたことにした。


f:id:you_key69:20170519213105j:plain

ナイスラン!

広告を非表示にする