あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

男らしいマスキングテープ術を模索する

どうも最近のマスキングテープは女子が「可愛らしく」使っている印象が強い。

 

f:id:you_key69:20141028224910j:plain

photo credit: maureen lunn via photopin cc

 
 

でも、ターゲットが女性偏重だと「男性」という大きなマーケットを取り逃がしていることになる。

 

ほら、サンリオだって男性向けのハローキティを打ち出しただろう。

 

生き残るためには持続的なフロンティア精神が不可欠なのだ。

 

というわけで、今回はマスキングテープ業界のさらなる飛躍のために、男のためのマスキングテープ活用術を提案したい。

 
 
 

■かわいくならないように、キモくならないように

今、マスキングテープがおしゃれアイテムかの如く、お洒落な文具屋さんやかわいい雑貨屋さんを席巻している。

 
さらには『かわいいマスキングテープのアイデア集』や『お洒落なマスキングテープのアレンジ方法』なるものが世に広くはばかっており、日本男児の入る門戸が狭まっているような気がする。
 

だって、ぼくがこんなふうにかわいくしてたらキモいだろう。

 
 

f:id:you_key69:20141028224950j:plain

photo credit: Fiona* via photopin cc

 

 

そう、男がかわいいとキモいのだ。

 

だからせめてキモくならない方法はないか、模索した結果たどり着いたのが「マステアート」なのである。

 
 

■マステアートの作り方

以前、「NAVERまとめ」でマスキングテープ(以降、マステ)の色んな使い方が記事になっていた。

 


簡単!マスキングテープのお洒落アレンジ使い方100選 - NAVER まとめ

 

文具をデコったり、ラッピングに活用したり、雑貨をリメイクしたり、基本的に男がやるとキモいであろう用途が多かった。

 

しかし、唯一キモくなさそうな使い方があった。「アート」である。

 

ということで「マステアート」にチャレンジしてみた。

 
 

(1)マスキングテープを適当な形・大きさに切ります

f:id:you_key69:20141026222024j:plain

 

(2)想いのままに貼りまくります

f:id:you_key69:20141026223657j:plain

 

(3)完成

f:id:you_key69:20141027202222j:plain

 

▲押印して額にいれたら、それっぽくなるんじゃないかというムダな抵抗

 
 

これが何だかわかるだろうか?

 

わからなくても怖がらなくていい。その「なんだろう?」という気持ちが大事。

 

それがアートの醍醐味なんだから。

 
 

ちなみにぼくがアーティストとして伝えたかったもの。それは男らしさの象徴であった。

 f:id:you_key69:20140715105237j:plain

▲勇ましい重機がモチーフ

 
 

息子に媚びるためのモチーフ選定だったが、肝心の息子に見せたところまったくの無反応だった。

 

もしかすると、キモいって思われたかもしれない。

 
 

■あっぷりへんしょん ~めざせ日本男児のマステ復権~

慣れない領域に手を出したことにより、息子にはキモいって思われるわ、ぼく自身がえもいわれぬキモさに浸ることになるわで、散々の結果となってしまった。

 

人には向き不向きがある。ぜひ向いてる人に伝道師となってもらいたい。

 
 

ちなみにうちの父親は「マスキングテープが流行るなんて、そんなわけあるかい」と信じていない様子だった。

 
▼たぶん、このいわゆるマスキングテープを想像しているんだろう

f:id:you_key69:20141027230842j:plain

 

よく考えたら真の男らしいマステの使い方とは、普通のマステを普通に使うことかもしれない。

 

アートなんてうつつをぬかしてないで、男は黙ってマスキング、ということか。マスキングだけに。

 

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...