あっぷりノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

面白くなるために、落語を聞く

ライフスタイル
最近、落語を聞いている。
 
面白くなるために ──
 
果たしてこの淡い願いは叶うのであろうか。
 

f:id:you_key69:20140924215652j:plain

photo credit: nori_n via photopin cc
 
 

■落語を聞き始めたワケ

あの天才、松本人志は毎晩寝る前に落語を聴いているらしい。
 
センスは先天的かもしれないが、あの豊富な語彙力や奇抜な発想、ストーリーの構成力なんかは落語由来なんじゃないか、と考えさせられる。
 
天才は努力を怠らないのだ。
 
 
ぼくも聞いてみようと思ったきっかけは妻のトリガーフレーズだった。
 
「落語聞いたら面白くなれるかもよ?」
 
その一言はぼくをワクワクさせた。
 
 

■お気に入りは「立川志の輔

まず探したのは初心者向けの落語。
 
ここにまとめられていたのを参考にした。


【落語】若者・初心者におすすめ落語家 - NAVER まとめ

 
 
有名どころをとりあえず聞いてみたが、中でも立川志の輔の寄席が面白い。
 


立川志の輔 「買い物ぶぎ」 - YouTube


 
そう、NHKためしてガッテン』のMCでおなじみの志の輔さんだ。
 
ラジオのようにBGMくらいの感覚で聞き始めたが、いつしか手を止めて聞き入るようになってしまい、今や聞き逃したと思ったら巻き戻してまで聞き直してしまう。
 
やはり語彙力も豊富だが起承転結の組み立て方も素晴らしい。そして何より物事を斬る視点が斬新である。
 


立川志の輔 「みどりの窓口」 - YouTube


 
落語は古典ばかりと思いきや新作もたくさんある。
 
古典は長編が多いけど、新作はとっつきやすくてぼくみたいな初心者でもわかりやすい。
 


立川志の輔 「踊るファックス」 - YouTube


 
語彙力、発想力、構成力もそうだが、演技力も欠かせない落語。
 
「落語を聞く=面白くなれる」という方程式はあまりにも浅はかな方程式であることがわかった。
 
 
 

■あっぷりへんしょん ~面白くなる、じゃなく、面白くする~

こんな面白さをまざまざと見せつけられたら、なんて自分はつまらない人間なんだと卑下したくなる。
 
逆効果だ。
 
いや、むしろみんながこんなに面白かったらつまらない世の中になってしまう。
 
だからぼくは、あえてつまらない人間を演じてるのだ、と思うことにした。
 
より人生を楽しむために。
 
酒もたばこもギャンブルもやらないなんて、何てつまらない人生なんだ ── とよく云われる。
 
違うよ、演じてるんだよ。
 
あえてね。
 
大垣市に寄席が来ることがあるなら、一度足を運んでみたい。そしてつまらぬ人生を謳歌するのだ。

 

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
広告を非表示にする