あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

超手軽なオアシスとして漫画の恩恵に浴する

久々に漫画(コミックス)というメディアを購入してしまいました。

 

きっかけは、普段使わない思考回路をつかって頭が疲弊してしまったことです。

PCとか本とかに向かう気にもなれず、ふと思いついたのが漫画でした。
 

f:id:you_key69:20130221002440j:plain

photo credit: Haaveilla via photopin cc
 
 
もちろんリラックスの方法は人それぞれたくさんあると思います。
外で運動してもでもいいし、家族と戯れてもいいし、DVDを観てもいい。
 
その中で「漫画」がとてもお手軽なリラクゼーションだと感じたのでした。
 
その利点は、
・単価がものすごく安い(久々に買ってびっくりした)
・家を離れる必要もなければ、
・テレビを占有したりすることもない
・何処にいてもできる、一人でできる
・すぐに中断できるし、すぐに再開できる
・意外と感銘を受けたり、勉強になったりと副産物が得られる
etc.
 
一方、欠点としては、中毒性があることかな…
読み切り漫画であれば本末転倒にならなくていいと思います。
 
ちなみに今回購入したのは、《こち亀》の最新刊(184巻)。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 184 (ジャンプコミックス)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 184 (ジャンプコミックス)

 
秋本さんの相変わらず衰えない勉強熱心ぶりとセンスに感動してしまいました。
漫画については、レビューとかしてしまうと受け身のリラクゼーションにならないし、何より恐れ多いので省きますが…
 
要するに、いざという時のオアシスとして、手許に一冊お気に入りの漫画を置いておくと良いと思ったのでありました。

 

広告を非表示にする