あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

【観察日記02】おりがみでブラキオサウルスの全身骨格を織りなす ~準備編~

『恐竜のおりがみ2』によると、ブラキオサウルスの全身骨格を折るには最大で45枚の折り紙が必要になる。

ただ、4分の1サイズを4枚=1枚とみなせるので、28枚あれば足りる計算になる。

たぶん。


さて、使う折り紙は何にしようか。

荒野の化石っぽさを表現するには、ふつうの折り紙じゃものたりない。

「揉み紙」が「パール紙」のどちらかがいいだろう。

どっちにするか。

査定のため、トリケラトプスの頭骨で折り比べた。


f:id:you_key69:20150801222611j:image
左:パール紙、右:揉み紙


のちに塗装することもかんがえて、ウラオモテは反対に使う。

結果、揉み紙のほうが折りやすく、質感もよかった。

よって、100均で6枚入りの揉み紙を5セット買っておこう。

f:id:you_key69:20150801222651j:image


(続く)


■成果物
・紙の選定(揉み紙に決定)
■作業時間
・90分程度
広告を非表示にする