あっぷりノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

やりたいことをやれることだけに絞る

明けました。新年が。
 

f:id:you_key69:20150103103602j:plain

 
 
本読んでたら、いつの間にか。
 

f:id:you_key69:20150104201134j:plain

 
 
そしてその成果はこう実を結ぶのであった。
 

f:id:you_key69:20150104163104j:plain

 
 
 

■「エッセンシャル思考」の3つのポイント

イタリア人配管工の話をする前に、まず、正月休みに読んだ本を1冊紹介させていただきたい。
 
グレッグ・マキューン著『エッセンシャル思考』(2014)
 
 
この本には、目標設定とかボトルネックの排除、習慣化や断るテクニック、遊びの効用など、学ぶべきところも多かったが、「学びが多い≒何も吸収できない」になってしまうといけないので、ポイントを3つだけに絞ってみた。
 
云わば『エッセンシャル思考』のエッセンシャル版である。
 
 
(1)両立せず集中すること

・戦略的ポジションは、別のポジションとのトレードオフなしには維持できない
トレードオフを無視すると、取り返しのつかない損失が待っている
・みんなを優先するのは、誰も優先しないのと同じ
・非エッセンシャル思考の人は、トレードオフが必要な状況で「どうすれば両方できるか?」と考える。だがエッセンシャル思考の人は、「どの問題を引き受けるか?」と考える。

 

 

 
(2)集中する時間・場所を確保すること

・集中は向こうからやってくるものではない。だから、集中できる状況に自ら飛び込んでいくことが必要なのだ
・1日に2時間でも、1年に2週間でも、あるいは毎朝5分でもいい。忙しい日常から離れ、自分だけでいられる時間を確保しよう。

 

 

 
(3)今ここに集中すること

複数のことを並行しておこなうのは難しくない。問題は、人はひとむのことにしか「集中」できないということだ。エッセンシャル思考の敵はマルチタスクではなく、焦点を複数に合わせようとすること、すなわちマルチフォーカスなのだ。
・「今、何が重要か」を考える
・未来を頭の中に抱えない
・優先順位をつける

 

 

 
 
■あっぷりへんしょん ~集中すればトレードオフさえも取り返せる~
正月休みはたまってた本を制そうと2冊持ってきたら2日で制してしまった。
 

f:id:you_key69:20150104201134j:plain

 
やっぱり集中すると違う。
 
なのでトレードオフしたはずのレクリエーションを取り戻した。
 

f:id:you_key69:20150104083517j:plain

 
FC互換機での遊戯。
 

f:id:you_key69:20150104170533j:plain

 
義兄と一緒に、配管工の兄弟とじゃれ合う。
 
 
今年も未来に期待せず、一歩一歩着実に進んでいきたいと思います。
 
どうぞ、よろしく。
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
広告を非表示にする