あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

ビギナー向け!ライティングの訓練におすすめなクラウドソーシングサービスとは?

結局「安定の最大手」という結論になります。


どうぞ。



書いて生きていくために必要なこと

f:id:you_key69:20170203213147j:plain


上阪徹氏の『書いて生きていく プロ文章論』を読んで、実際に“書いて生きていく”とはどういうことなのか、興味がわいた。


なので、サクッとしらべてみた。


もちろん、サクッと理解できるほどかんたんな分野ではないのだが、プロ文章家(たとえばセールスコピーライター)になるためのロードマップがしるされたWebサイトがいくつか見つかったので、気になってメモってしまった。


各サイトにしるされていたのは、おおむね以下のとおりである。

(1)ライティングの知識を吸収する

コピーライティング、マーケティング、心理学を網羅的に吸収するために、本を読んだり先生に習ったりする

(2)ライティングの訓練をする

お手本の写経やブログ執筆をしたり、書いた文章を添削してもらったりする

(3)文章で実績をつくる

クラウドソーシングサービスで収入を得たり、他人の執筆を手伝ったり代筆したりして報酬を得る

(4)お金になる仕事をする

仕事を受注して納品していく



形からはいって満足しがちな僕は(1)から順にやっていくと、本を読んでおしまいになりそうだったので、すこし背伸びをして(3)からはじめることにしてみた。


クラウドソーシングで執筆してみる、というチャレンジである。


さて、どのサービスのお世話になろうか?



サグーライティング

f:id:you_key69:20170203212308j:plain
サグーライティング


クラウドソーシングの中でもライティングに特化したサイト。


文字単価が他のサービスより高めという噂だったのでいきなり飛びついた。


プラチナライターに昇格するといちだんと稼ぎやすくなると前評判は上々。


しかし、待ちかまえていた現実はいささか厳しいのであった。


まず会員登録して驚いたことに、ライティング案件がぜんぜんないのだ。


僕がログインしたときには20件。


しかも、美容、ファッション、健康、医療等、書ける気がしないテーマばかり。


中には女性ライター限定というような案件まで。


いきなり出鼻をくじかれた印象である。


べつのサービスへ移ろう。



Sinobiライティング

f:id:you_key69:20170203212351j:plain
Sinobiライティング

次にライティング専門のサービスに登録。


サグーライティングとまったく一緒ではないが、執筆テーマはほぼ同じ印象。


キーワード別に検索はしやすいが、それでも美容や健康系の案件が多数をしめる。


今や脱毛やエステ、風俗の知識が重宝される時代なのか。


案件数はサグーライティングより多いものの、同じクライアントがテーマをすこしひねって別案件として募集していたり、アダルト系のテーマが多かったりと、これといって食指がうごく案件にはめぐり会えなかった。


いきなり仕事を選ぶ立場にないのはわかっていたが、こうもハードルが高いとは。


はっきり云って、ナメてました。すんません。



ランサーズ

f:id:you_key69:20170203212437j:plain
ランサーズ

こうなったらライティング専門サイトじゃなくたっていい。


困ったときの最大手、ランサーズに頼ろう。


先の2サービスでは気にならなかったが、ま ずランサーズにログインして感じたのは、スマホサイトがあること。


これが非常によかった。


スマホでのブラウジングが格段に楽で、案件を探しやすいのである。


この時代、モバイルに最適化していることは、ユーザにこれほどまでに好印象をもたらすとは。


そんなおもてなしに気を良くした僕は、おもしろそうな案件を次から次へと見つけては、お気に入り登録していく。


さすが大手。


サグーよりもシノビよりも、ジャンルの幅が広い


ある程度目星をつけたところで、はじめての案件をきめる。


まずは、書きやすそうな分野で

・POSシステムについて

・作曲について

という案件に手をつけることにした。



書いてみた所感

f:id:you_key69:20170203213220j:plain


「POSシステムについて」は文字数以外にこれといった制限がなかったので、いつもブログを書くがごとく「導入する3つのメリット」というような記事を投稿した。


一方の「作曲について」は、キーワードに「中田ヤスタカ」を入れねばならなかったので、簡単に中田氏の曲を聴いたり経歴をしらべたりしながら、持てる作曲の知識を総動員してかいてみた。


この「書くために知らないことを調べてから書く」というのは、新感覚である。


案件はそれぞれ、500文字 150円、800文字 300円。


f:id:you_key69:20170203213634j:plain


文字単価にすると、0.3円、0.375円。


けっして高くはないが、べつに他のサービスとくらべて安いということもない。


むしろ案件をえらべるという点では、自由度は高いとおもう。


さすが大手。


執筆にかかった時間は、2本で合計で30分くらい。


つまり時給900円くらいの仕事である。


これで“書いて生きていく”ということにはなりそうもないが、職業文章家へのステップアップのひとつとしては貴重な体験であった。


何せブログは自分で好き勝手に企画して、書くだけというわりと一方的な行為であるのに対して、ライティングはクライアント(お客さん)からの要望をもらってそれに応えるというスタンスにかわる。


そういうインタラクティブな環境というのが、新鮮なのだ。


ちなみに、承認されたかどうかはまだ現時点ではわからないので、結果が出たらまたご報告します。



あっぷりへんしょん ~クラウドソーシングだけでは食っていけないが、ステップアップには最適~

素人には相手のもとめる記事を書くというチャンスはなかなかない。


けれど、クラウドソーシングはその疑似体験をさせてくれる良い“場”だとおもう。


大人向けの「キッザニア」みたいなものである。


それだけで食っていくには非効率だけど、本当にライターになったときに、この経験は役に立つんじゃないだろうか。


自分の得意分野を探すうえでも役立ちそうだったので、自分がどんな分野でならライティングできるか、もうすこしウデ試ししてみたい。


もしライターとしてのステップアップをお考えのかた、得意分野をお探しのかたは、ぜひ「ランサーズ」をどうぞ。

SIAM SHADEのお気に入りギターソロを4つご紹介します!

歌よりもギターソロが好き。


ギターソロが長ければ長いほど好き。


結果、DREAM THEATERではなくLTE(Liquid Tension Experiment)にハマってしまったという皆さん。


おはこんばんちわ。


引っ越しの梱包作業はひたすらSIAM SHADEだったので、DAITA氏のギターソロが頭のなかを無限ループしています。


今日はそんなSIAM SHADEの楽曲のなかから、僕が最強だとおもっているギターソロ(リフ)をイントロ・間奏・アウトロの観点から紹介したい。



イントロ編

Shangri-La


ギターソロというよりイントロのリフがお気に入り。

変拍子を低音ミュートで刻んでいるとおもいきや、しれっと四拍子に戻していく。


続くギターソロものびやかだが、その裏で刻むKAZUMA氏のバッキングも秀逸。


良いギターソロはえてして、バッキングも良いものである。


Shangri-la

Shangri-la




間奏編

Shout Out


中間部で勢いを増したと思ったと同時に始まるギターソロは最高にかっこいい。


ピッキングハーモニクスを3回かましたあと、低音に急転直下。


息つく暇もなくそのままスウィープとライトハンドの嵐。


最後はフルピッキングでサビへ華麗にバトンパス。


Shout out

Shout out




アウトロ編

Dear...


エンディングにもってこいのクロージングソロ。


この曲はサビの後にギターソロが入るパターンが3回あるが、どこをとってもよくできている。


その3回目にあたるアウトロだからこそ、その良さというのがより引き立っているというのもある。


DAITA氏にしては大人しいソロではあるが、美しくも名残惜しくもあるエンディングに、あっぱれである。


Dear...

Dear...




総合編

RAIN


イントロ、間奏、アウトロの総合で安定しているのは、やっぱりデビュー曲。


デビュー曲独特のいきおいってあるよね。


これでなぜ売れなかったのか、わからないくらい。


RAIN

RAIN




あっぷりへんしょん ~おちついたらまたSIAM SHADE演りたい~

引っ越してからギターを弾けていない。


工房兼スタジオの構築にまだ時間がかかりそうではあるが、はやめに環境をととのえて、ギターをにぎれるようにしたいものである。

バンドスコア シャムシェイド SIAM SHADE IV Zero

バンドスコア シャムシェイド SIAM SHADE IV Zero

SIAM SHADE IV Zero』のバンドスコアはShout outとDear...他、No! MarionetteやVirtuoso等も収録されていて、かなりお徳な内容となっています。

アマチュアブロガー必読!どうせ“書く”なら意識したい、7つの心構え

ブログを書く人たちへ。


・それは、誰に向かって書く文章ですか?
・それは、何のために書く文章ですか?
・上手に見せようとしていませんか?
・導入に気を配っていますか?
・読み手に何か発見がありますか?
・読みやすくなる工夫をしましたか?
・手垢のついた表現を使おうとしていませんか?
・批判的な視点だけで書こうとしていませんか?


これらは上阪徹著『書いて生きていく プロ文章論』の見出しから、僕にグサリとささった一部を抜粋したものである。


そんな見出しの中から学んだことを共有させてください(結果、自問自答になりますが)。

書いて生きていく プロ文章論

書いて生きていく プロ文章論


書いて生きていく プロ文章論

本書はライターの上阪徹氏が職業文章家として大切にしてきたマインドセットがつめこまれた1冊。


300ページの頁数はなかなか読みごたえがある。


上阪氏は『プロ論。』でもしられるインタビューの達人でもある。

プロ論。

プロ論。


そのため、3分の1ほどはインタビューや取材にかんする心構えについても書かれている(第4章・第5章)。


ただ、今回はそれ以外の章から「書く」ことに特化して共有していきたい。



第1章・その文章は誰が読む?

上手に見せようとしていませんか?

「文章がうまいね」と言われたいと思いながら書いている文章というのは、実は読み手にその思いそのものが感づかれてしまう。(中略)そして、そう感づかれた瞬間から、読者はそうは思ってくれなくなります。

つまり、テクニックに偏重するのではなく、できるだけ平易な表現をつかいましょうね、ということである。



形容詞を多用していませんか?

形容詞は使わない。数字や事実を意識する。それだけで文章は変わっていきます。

気をつけます。


第2章・伝わる文章はここが違う

何を伝えたいか、整理できていますか?

文章では、「どう書くか」ではなく、「何を書くか」のほうがはるかに重要

やはり、テクニックではない。テーマや視点のほうが大事なんだろう。


導入に気を配ってますか?

まずは、優先順位の順番で紙に書いてみることをお勧めします。「伝えたいことリスト」の作成です。
(中略)
そして、どういう順番で文章の構成をするのが一番いいのか(中略)一番、印象深く伝えられるように文章を置くことが大切です。


なので、一応この記事も「伝えたいことリスト」を書き留めてから、書きはじめてみました。

導入に、最も印象深い内容、気になる内容を盛り込み、出だしに気をつけるのです。


意識したつもりではありますが、できてますかね?

そもそも読み手は(中略)基本的には、読んでくれないものなのです。
(中略)
読み手のことを考えたら少しでも面白く読んでもらうことを意識するべき


読まれたらラッキー。読んでくださり、ありがとうございます。


読み手に何か発見がありますか?

「読み手はきっとこういうことは知らないだろう」ということを書く
(中略)
忙しい時間を割いて文章を読んでもらうのです。読み手に何かメリットがなければ、申し訳が立ちません。
(中略)
驚きをもってもらえる内容を、ひとつでもたくさん入れたいと思うのです。


僕が「へぇ~」「なるほど」とおもったこと、皆さまに共感いただけてるでしょうか?


第3章・プロ文章家の心得

読みやすくなる工夫をしましたか?

まずは、平易な言葉を使う

使い慣れていない言葉を、文章だからとわざわざ使うことはない(中略)難しい漢字が1文字あるだけで、文章を追っていた目が止まってしまうことがあります。


話しかけるように、くらいがちょうどいいんですかね。

せめて、できるだけ行を替えていく。白いスペースを増やしていく。


はじめて出てきたテクニック的な要素のような気がする。


手垢のついた表現を使おうとしていませんか?

あまりにも安直に慣用句が使われているケースをよく目にします。しかし、(中略)それが、ポンと普通の人のぶんしょうにあるだけで、なんとも新鮮味のない文章に見えてしまう。


つい賢くみせようと見栄をはると、おちいりがちな失態。



第6章・「書く仕事」のキャリア作り

ここからは本当に“書いて生きていく”人のために書かれた、プロ意識についてである。


あまりにも重いので、あえて2つだけ、引用します。

何より原稿のクオリティを意識していますか?

これはこの本の読者、そしてあまねくライターに対するキラークエスチョンだとおもう。

ライターにとっての最大の営業ツールは何より原稿のクオリティ


出た、キラーセンテンス。


締め切りは厳守していますか?

原稿は100点満点を取るのは、難しいけれど、締め切りだったら、守りさえすれば、誰でも100点が取れます。ならば、守ったほうがいい。

先の原稿のクオリティもそうだが、考えてみれば、これはすべての仕事に通用することである。


クオリティの高い成果物を、締め切りまでに。


プロとして、生業をいとなむのであれば、そりゃ当然かもしれない。


あっぷりへんしょん ~ブログのクオリティも高められる~

プロブロガーでないにしても、せっかくWebの世界に文章を公開する以上、誰のために・何のために・何を書くのかを意識していきたい。


もともと文章を書くのが好きで、たのしいからブログを書いている。


だからそのクオリティを上げることにやぶさかではない。おそらく。


・上手に見せようとしない
・形容詞を多用せず、数字と事実を書く
・伝えたいことを整理する
・導入に気を配る
・読み手に“発見”をおすそ分けする
・平易な言葉と空白を多くつかう
・慣用句をつかわない


以上の7つの心構えは、今後のライティング・クオリティの向上に役立てていききたいとおもいます。

なぜ教則本で練習してもギターがうまくならないのか?

ふたたびHidenori氏のうけうりであるが、結果、やっぱり人は「才能」という宿命からはのがれられないんだと感じました。


どうぞ。


ギターがうまくなる理由 ヘタな理由 (CD付) (ギター・マガジン)

ギターがうまくなる理由 ヘタな理由 (CD付) (ギター・マガジン)



教則本でギターがうまくならない理由

まずはこの動画をご覧いただきたい。


元教則本マニア(今は書く方)が教則本をレビューします! #1 - YouTube


冒頭で氏が語っていることがすべてであるが、ぼくなりにこう解釈した ──



(1)練習は師匠とデシの双方向であるべきで、教科書通りに弾くだけでは上達しない(一部の天才肌を除く)。


(2)著者・出版社も(1)については理解している。でも売上をのばすために誇大表現をもちいている。



(2)については、実際に教則本を出版している著者だからこそ云える内情ともいえる。


だから手っとり早いのは先生に習うこと


それに尽きる。


でも、僕みたいに人に習いたくない人は非効率だけど教科書とにらみ合いっこしながら、ああでもないこうでもないを延々とつづけるしかない。


ぜんぜん上達しないけどね。



あっぷりへんしょん ~Hidenori氏のギター講座~

入会するつもりはないけど、Hidenori氏のオンラインプログラムは気になる。

Hidenori流速弾きマスターパッケージ

自分好みの先生に、手軽に習える時代になったものですな。

クロスバイクのママチャリ化!鍵として“リング錠”を装着してみた

ママチャリは日本の宝である。


荷物も運べるし、そこそこの悪路でも何のその。


唯一の欠点といえば「重いこと」くらいである。


一方のロードバイククロスバイクをはじめとするスポーツ系バイクは速さを追求し、ママチャリの欠点である「重さ」を解消している


20kgちかくあるママチャリの、半分くらいの軽さなのだ。


ただ、スピードをもとめるあまりに、パンクしやすかったり泥はねしやすかったり、カゴがついていなかったりと、普段づかいを考えると不便ではある。


この両者の長所を欠点をうまいこと補いあうことができれば、それこそ発明なんじゃないか。


今日はその第一弾である。



ママチャリ風のロック(鍵)をクロスバイクにつける

f:id:you_key69:20170129202016j:plain


まず結果から云いうと、クロスバイクにもママチャリ風のロック(鍵)が装着できたので、そのやり方を説明したい。


と云ってもむずかしいことは一切しておらず、用意するのはこれだけ。


f:id:you_key69:20170129210824j:plain

▲パッケージに書いてあるとおり、クロスバイクMTB用のリング錠です


GORINのVブレーキ用リング錠である。


GORIN(ゴリン) Vブレーキ用リング錠 GR-920(K)

GORIN(ゴリン) Vブレーキ用リング錠 GR-920(K)


たいていのクロスバイクVブレーキなので、念のため確認してから購入するといい。


Vブレーキ用とあるが、カンチブレーキでもつかえる


ロードバイクに多い、キャリパーブレーキには対応していないので注意が必要だ。

f:id:you_key69:20170130011212j:plain

僕のシルヴァF24はVブレーキなので、もちろん使えた。


取りつけ方はかんたんで、以下の3ステップのみである。

(1)ブレーキのネジを外す

f:id:you_key69:20170130011103j:plain



(2)ブラケットを取りつける

f:id:you_key69:20170130011122j:plain



(3)リング錠を取りつける

f:id:you_key69:20170130011139j:plain




以上である。



GORINリング錠の唯一の欠点とは?

ロック本体を持つと重いが、その重さからは堅牢性をかんじられるのでむしろ安心ですらある。


ロックを装備した状態で走ってみても、違和感はかんじられないのでそんなに軽さに支障はないとおもえる。


ただ、気になるのは“”である。


鍵がダサい。


f:id:you_key69:20170130010036j:plain


というか何かひ弱である。


もうすこし出してもいいから、ディンプルキーとかにしてくれたほうが、安心感はある。


まあ、お値段が手頃というのはメリットでもあるんだが。


気になる方は鍵式ではなく、ナンバー式のものを選ばれるとよいかもしれない。


GORIN(ゴリン) Vブレーキ用リング錠 BLACK GR-523

GORIN(ゴリン) Vブレーキ用リング錠 BLACK GR-523



あっぷりへんしょん ~クロスバイクの欠点はママチャリでカバーする~

クロスバイクをママチャリに寄せてみる企みではあるが、そもそもシルヴァF24は、パンクガード付きのタイヤだったり、ギヤガードで裾汚れが防止できたりと、純正装備の時点でかなり、クロスバイクの欠点はカバーされている。


それでも、やはり不便なところがあるので、どんどんママチャリに寄せて、最強の通勤用自転車というものに近づけていきたいとおもいます。

目からウロコ!ギターはクリーントーンで練習するな。

今回は、世のギターキッズのためになるギターの練習方法についてです。


僕をふくめ、練習方法をかんちがいしている人には目からウロコですよ。



まずはこの動画をご覧ください



なぜだかギターはクリーントーンで練習するように洗脳されてしまっていた気がする。


歪ませるとうまくなった気がしてしまう、パッセージのつぶがごまかされてしまう云々、ディストーションは悪のような空気がはびこっているとおもうのだ。


僕はメタル好きなので、もちろん歪ませて練習することのほうがおおい。


でも、どこかうしろめたさがあった。


「ホントはクリーントーンで練習しなきゃいけないんだけどな…」という、うしろめたさが。


でも、ちがった。


歪ませてていいんだ。


いや、むしろ歪ませないといけない


歪みの抑えかたが習得できないから


これはじつに理にかなった指摘だとかんじたのだが、いかがだろうか。



あっぷりへんしょん ~Hidenori氏から学ぶことが多い~

かつては地獄男(aka. HELLMAN)の名で活動していたHidenori氏。


とにかく演奏のフォームがよくて、速弾き世界3位で、あまねくYouTubeギタリストの中でも圧倒的にうまい。


そして曲作りのセンスも抜群である。


最近はギター講師のほうに重きをおかれているようだが、今でも不定期に公開される曲をきくとそのウデハは衰えしらずである。



Shred to the world (世界に通用するテクニカル・プレイを身につけるギター教則本)


教則本も出されているが、絶対に弾けるきがしない。


あっぱれである。


世界に通用するテクニカル・プレイを身につけるギター教則本(CD & DVD付)

世界に通用するテクニカル・プレイを身につけるギター教則本(CD & DVD付)

【ライフハック】壁に家具を!壁下地の探しかた

以前チラッとご紹介した、謎の小部屋。


ここにチャンネルサポートをつけようと考えています。



▼「チャンネルサポート」とはこういうやつです


「棚柱」「ダボレール」ともいう。


ブラケットをはめて棚とか設置できるやつ。


そのチャンネルサポートを壁にとりつけるためには、壁に下地が入っているところでなければならない


下地のないただの石膏ボードにビスをうちこんで重いものをぶらさげると、ビスごとぬけ落ちてしまうからだ。。


だからチャンネルサポートは下地にうちこみたい。


では、下地をどう探すか。


そんなときに役立つのが「マグネット」である。


f:id:you_key69:20170124215423j:plain


下地のあるところには柱があり、ビスがうちこんであるため、磁石が反応するというわけである。


もちろん強力なマグネットにこしたことはないが、何も大それた下地センサーとか「ワンプッシュ」、「どこ太」なんかをつかわなくてもいい。

シンワ測定 下地探し どこ太 Smart 78574

シンワ測定 下地探し どこ太 Smart 78574

まずは身近なものでためしてみてはいかがだろうか。