あっぷりノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

【DIY】チャンネルサポート(棚柱)で本棚をつくる #5

f:id:you_key69:20170226230642j:plain


今回は、いよいよ棚板を設置します!


いきなり本棚っぽくなりますよ。


どうぞ。


SPFのワンバイエイト材を切る

前回のつづき。


棚板の素材はSPF、規格はワンバイエイト(1 × 8)と決めた。


f:id:you_key69:20170226225553j:plain


近所のホームセンターで、6フィートと3フィートのワンバイエイト材を買い占めてきた。


幅は、835mmと840mmなので、この木材からは5枚分切り出せる想定である。


木材をまっすぐに切る方法に試行錯誤しながらも、自力でなんとか切りおとす。


f:id:you_key69:20170226225609j:plain


あとはこれをブラケットに装着するだけで、ひとたび本棚に変化(へんげ)するというわけである。


棚板をブラケットにビス留めする

ビス留めする前に、ビスをねじ込む位置を確認しよう。


f:id:you_key69:20170226225838j:plain


ブラケットをチャンネルサポート(棚柱)にはめて、棚板をかるく乗せる。


そして、穴をあける位置に印をつけておく。


f:id:you_key69:20170226225943j:plain


ポイントは、ブラケットの円の穴ではなく、横長の丸穴にネジ穴をあけることである。


なぜならここにビス留めすることにより、ブラケットをチャンネルサポートにつけるときに微調整がきくからだ。


f:id:you_key69:20170226230308j:plain


またひとつ賢くなってしまった。


DIYは、脳をきたえる。


ちなみに、使ったビスはこれ。


f:id:you_key69:20170226230349j:plain


ロイヤル純正のビスは高い(といっても600円程度だけど)ので、ホームセンターで手にはいる汎用的なビスで代用した。


ひとまず切り出した5枚の棚板をすべて設置して、本をのせてみた。


f:id:you_key69:20170226230642j:plain


まずまずの本棚っぷりじゃないだろうか。


これから木材も買い足したいし、棚板に塗装もしていきたい。


まだまだやりたいことはたくさんあるのです。


(続く)

広告を非表示にする