あっぷりノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

湘南の海でしくじったので来年こそは海にいく

旅する・遊ぶ
海の似合わない男がウリのぼく。

まして、泳ぎになんてめったに行かない。

そんな 「海賊と呼ばれない男」の ぼくが、湘南の海で「しくった!」という経験から「来年こそは海に行こう」と決意することになった。

そのストーリーの一部始終を紹介しよう。

f:id:you_key69:20151107073139j:image



■寺院でもカフェでもなく、海岸

先日、鎌倉に行った。8年ぶりに。

以前は寺院やカフェ、ギャラリーなんかを見てまわったが、今回はちがう。

江ノ電、大仏、水族館と、大人の欲求を満たしつつも、子どももたのしめそうなスポットをめぐる。

f:id:you_key69:20151107073228j:image

そして旅の締めはビーチ。

海のない県、岐阜県からせっかく海のある街におとずれたので、最後に砂浜につれていくことにした。

が、海岸につれていくやいなや頭を駆けぬけたのが「しくった!」という感情である。

ぼくが海ギライなもんだから、息子にとっては初めての海。

水遊びも泥遊びも大好きな息子はリミッターがはずれ、おおはしゃぎ。

ちょ、ちょ、ちょ、ちょッ!と焦る父親をふりきり、頭から泥をかぶり、服着たまま波打ち際につっこんでいく。

写真なんて撮る余裕もなかったので、その凄惨な絵は残せていないが、無防備でいったもんだからそれはもうトンでもないことになった。

エキサイトするわが子を制止しながらも、頭のなかはもう、来年を見据えていた。

来年こそはゼッタイ海に行こう ──

夏にプールなんかでごまかしていたが、自分の好き嫌いだけでスケジュールを立ててはいけない。

そんな過去を省みて、行きたいとこリストに「海」を登録した。

f:id:you_key69:20151107073309j:image

広告を非表示にする