あっぷりノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

LEGO赤いバケツでアーキテクチャを設計する

アーキテクチャの登竜門へようこそ。
 

f:id:you_key69:20141212002924j:plain

 
 
 

■才能とせめぎ合い、故郷を偲ぶ

LEGO赤いバケツ」には白ブロックが多く入っている。
 

f:id:you_key69:20141212222331j:plain

 
ドアとか柵とか情景系を除くと64ピース。
 
f:id:you_key69:20141213010203j:plain 
それだけを摘出すると、LEGO Architecture Studioっぽいことになる。
 
 
 
LEGO Architecture Studio は建築家の卵を育てるためのキット
 
 
これ、全部使ったらどんな建造物ができるだろうか。
 
 
グラスワインを嗜み、ピアノジャズを聴きながらレゴにいそしむ、というのが理想の姿だったが、現実はガキの使いを観ながら玄米茶を呑むという、理想にはほど遠いカタチとなった。
 

f:id:you_key69:20141211223141j:plain

 
タージ・マハルとかドゥオモとか試行錯誤してみたが、ピースが足りなくて挫けてしまう。
 
ぼくはアーキテクトに向いていないようだ。
 
 
で、結局なんとかできたのが、青春の「名古屋テレビ塔」。
 

f:id:you_key69:20141211231329j:plain

 
白ブロックを64ピース、フルで使用した。
 
 
ちなみに本物はこんな感じ。
 

f:id:you_key69:20100926124703j:plain

 
http://yagopin.at.webry.info/201109/article_1.html
 
 
 

■あっぷりへんしょん ~アーキテクチャスタジオの入門編~

LEGO「赤いバケツ」の白ブロック縛りは、さしずめ“LEGO Architecture Junior”である。
 
これで苦戦してるようでは、まだまだStudioの仲間入りは果たせそうにない。
 
しばらく「赤いバケツ」で修業を積もう。コストも10分の1だし。
 
 
もしかすると、子どもにやらせれば「建築家の芽」が萌すかもしれない。
 
…って、それなら白ブロックに縛る必要ないのか。
 

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
広告を非表示にする