あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

ご託宣をきっかけに始める

昨日、おなじみの珍友D太郎がウチを訪ねてやって来ました。毎度まいど、事あるごとにお祝いとかサプライズを仕掛けてくるシッカリ者。
 
妻にはジューサーを、私にはCDを、息子にはおもちゃとザルを…。
 
きっとお母さんの育て方が良かったんだね…。
 
 

▼もらったCDが凄かった!

ま、そのザルはさて置いて、もらったCDが凄かったんです。この2つ↓

FINAL FANTASY IX Original Soundtrack PLUS

FINAL FANTASY IX Original Soundtrack PLUS

 
FinalFantasyのゲームとしては大して持ってないけど、サントラはほぼコンプリートして持っています。でもなんで9だけ揃えられてなかったこと知ってるの!?スゴい!を越えてキモい!
 
 

▼もらったCDからのご託宣

キモいとは云え、聴かない理由がなかったので、その場で早速かけてみました。
 
懐かしい曲のオンパレードでしたが、居合わせた全員?が食いついたのが、この曲↓
 
《あの丘を越えて》
 
この曲はまさにFF9のフィールドのBGMではありませんか!
 
FF9のテーマソング《Melodies of Life》をリコーダーで奏で、伴奏はピコピコ音にさせるという離れ業。この編成と音色がなんとも魅力的です。
 
ちなみに原曲の《Melodies of Life》はコチラ↓
 
 

▼ご宣託をきっかけに!

バックログにずっと居座り続けている「フィールドのテーマ」。そこに対する解決のヒントがご託宣として舞い降りてきた気がしました。
 
是非《あの丘を越えて》と同じようなコンセプトで、
・リコーダーとピコピコ音のコラボ
・原曲は《かえるの合唱》
というように作ってみたいと創作意欲を掻き立てられました。
 
つまり、ご託宣をきっかけにスプリントバックログへ採用された、というわけです。
 
 

▼編集後記

いやあ、ff9のサントラだけ持ってないなんていつ云ったんだろうか?D太郎曰わく、寝室に盗聴器を仕掛けたらしいが…
 
ちなみに妻もジューサーを欲していたので、二人して「願えば叶うんだね」とかいう意味不明な結論付けをしたのでありました。
 
ありがとう、D太郎!ちなみにff14のサントラも持ってないからね!
広告を非表示にする