あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

ノースリーブのランニングウェアは“サッカー用”が最強でした

f:id:you_key69:20190703221123j:plain


【こんな方にオススメの記事】

  • ノースリーブのランニングウェアを探している
  • けど、好みのデザインがなくて困っている
  • せめてカラバリ豊富なブランドはないか?
  • コスパが高いに越したことはない


とうとう見つけちゃいました。

お気に入りのノースリーブ・ウェア。


hummel(ヒュンメル)のトレーニングウェアです。


なぜノースリーブウェアがいいのか?

hummel(ヒュンメル)の長所を語るまえに、まず現状を明らかにしておかねばなりません。


過去にも記事にしたことがありますが、おさらいです。


私がノースリーブ(スリーブレス)のウェアを好んで着るワケはこの3つ。

  • 涼しい
  • 軽い
  • 空気抵抗


おおくを語らずとも想像つくとおもいますが、ソデがないぶん、涼しくて軽くて、バタつくこともない。

日焼けとムダ毛対策さえしておけば、夏はノースリーブ一択だとおもっています。


ここまではいいでしょうか?

ノースリーブウェアの課題

皆さんに同意をいただいている前提ですすめます。


さて、ノースリーブのメリットはわかりました。

次に従来のノースリーブウェアの課題についてです。


これも上記の記事に登場していますが、いままでヒマラヤのPBである『VISION QUEST』のウェアを着用していました。


確かにものすごくコスパはいいんです。

でもあれでレースに出たときに

なんか色気がないなァ

と感じてしまったのです。


わたしの着用していたノースリーブはどちらかというとインナーに近いタイプでした。

派手じゃないのは当然で、好みのイエロー系なんてもってのほか。


やはりレース本番はテーマカラーを着たほうがテンションが上がるんですよね。

これは問題とまではいいませんが、ゆくゆくは解消したい課題でした。


それを解消してくれそうだと直感したのが、hummel(ヒュンメル)だったのです。

hummelのノースリーブウェア

f:id:you_key69:20190703222117j:plain


じゃあhummelのノースリーブは何がすごいのか、詳らかにしていきましょう。


以下のようにメリットがもりだくさんだと思っています。

  • リーズナブル
  • 吸汗・速乾
  • デザイン
  • 入手しやすい


すこし解説します。


リーズナブル

価格が良心的で、1000円~3000円の価格帯が多いです。

吸汗・速乾

ポリエステル100%なので吸汗性・速乾性ともに高いです。

雨に濡れても平気でした。

デザイン

f:id:you_key69:20190703221540j:plain

このように色んなデザインやカラバリがあります。

入手しやすい

Amazonで買えるのがありがたいですね。


▼私が購入したのはこれのイエロー、Sサイズでした

hummelとは

f:id:you_key69:20190703221815j:plain

hummel(ヒュンメル)は、デンマークのスポーツ用品メーカーで、サッカーユニフォームを主軸に生産・販売しています。


私は元サッカー部なので、昔からhummelのロゴはよく目にしていました。


なじみのあるブランドだっただけに、盲点だったんです。

ランニングウェアだけで探していたので、サッカー用のウェアに金鉱があったとは。


視野は広げてみるもんですね。

注意点

私が購入したウェアはストレッチ性がありません。

ぴったり着たい方はワンサイズ小さめのほうがいいかもしれません。


商品名に「ストレッチ」を冠しているhummelウェアもあるので、ちかいうちに他も試してみたいとおもいます。

あっぷりへんしょん ~hummelのノースリブウェア~

最後にまとめます。


hummelのノースリブウェアはサッカー向けにつくられたウェアですが

  • リーズナブル
  • 吸汗・速乾
  • デザイン
  • 入手しやすい

というようにランニングでもじゅうぶんに威力を発揮してくれます。


もし、ランニング用のノースリーブウェアが見つからないという方は、別のスポーツジャンルみで選択肢を広げてみるといいかもしれません。


以上、今回もご高覧いただき、ありがとうございました!