あっぷりノート

あっぷりノート ς

大きなお世話を、小さなお世話に。

【速報】第Q回 ぎふ清流ハーフマラソン走ってきました!

f:id:you_key69:20190428202516j:plain


第Q回 ぎふ清流ハーフマラソンご参加の皆さま、お疲れさまでした!


そしてボランティアの方々、応援に駆けつけてくれた方々、本当にありがとうございました。


今回はレース本編ではなく、臨む前の会場でのすごし方をメインにお届けします。




結果


まずは結果だけ。

なんとか、無事、目標のサブ100を達成できました!

f:id:you_key69:20190428201636j:plain

ネット:1:39'38"


ギリギリでしたが。ありがとうございます!


来年もぜったい走りたい!



スタートまでのすごし方


来年にむけた備忘のために、駐車場(岐阜県庁前)からスタートまでのタイムテーブルをざっくり共有しておこうとおもいます。

  • シャトルバスの所要時間がわからない
  • 何分前までに会場についてればいいの?

というような疑問をおもちの方の一助になれば幸いです。



岐阜県庁前~整列まで


私は大垣からクルマで岐阜県庁前の駐車場まで向かいました。

  • 6:30 駐車場着
  • 6:40 シャトルバス乗車
  • 6:55 シャトルバス会場到着(所要時間:約15分)
  • 7:00 会場着


この時間に会場につけば、更衣室も空いてるのでゆっくりストレッチや着替えができます。

  • 7:45 ツゥラン補給~荷物預け
  • 7:50 トイレ
  • 8:00 整列開始


f:id:you_key69:20190428201801j:plain

Bブロックでしたが、最前列に並べるくらい余裕でした。


整列までのタイムテーブルはこんな感じです。



整列~スタートまで


Bブロックにならぶのは初めてでしたが、招待選手がアップをしている競技場の真横だったので、待ち時間もあっという間に過ぎてしまいました。

  • 8:30 アミノバイタル補給(半分)


号砲30分前に携行したアミノバイタルを半分飲みます。

  • 8:40 オープニングセレモニー


以降は大会概要に記載されてる内容に準じてセレモニーが進行します。


  * * *


これは本当に余談なんですが、今朝おきたときの私の脳内BGMがディープ・パープルの『BURN』でした。


セレモニーでは、県知事やQちゃんの挨拶をはじめ、ブラスバンドの演奏もあるのですが、その曲目がなんとディープパープル・メドレーだったのです。

  1. BURN
  2. Hiway Star
  3. Smoke on the water


もうこれは、いいことが起きる予兆だとしかおもえませんでした。


そして、さらなる余談で恐縮ですが、オープニングの『BURN』につづき、音楽にたすけられた局面がもう一ヶ所ありました。


スパートに入り、いちばんキツかった17km地点。


沿道から聞き覚えのあるBGMが──

…ah 愛しい oh teenage memories♪
永遠の日々、忘れない~♪


これは!!


GLAYの『グロリアス』です。


おもわず“glory days!”と絶叫してしまいました。


GLAYドンピシャ世代には、最高のカンフル剤。


これでだいぶ後押ししてもらいました。


やっぱり音楽のチカラってすごい。


ホントに皆さん、ありがとうございました!



ナンバーカードの穴問題


ぎふ清流ハーフマラソンは、ゴールドラベル認定の大会だけあって、ホスピタリティーの行き届いた大会です。


もし、あえて一つ改善を要求できるとすれば、「ナンバーカードの穴、もうちょっと大きくしてほしいです」。


安全ピン前提なんでしょうが、ウェアをきずつけたくないランナーはランナップをつけます。


ランナップをつけるには穴が小さすぎるので、自分でパンチ穴をあけなきゃいけないんです。


▼左の穴がデフォルト、右が自分であけた穴

f:id:you_key69:20190428202559j:plain


「なんだ、そんなことかよ」と呆れられそうですが、それくらい非のうちどころがない大会なのです。



あっぷりへんしょん ~令和シーズンの幕開け~


ひとまず清流マラソンをもって今シーズンは終了です。


ただ、今シーズンの終わりは次シーズンのはじまりを意味します。


念願のサブ100をクリアし、SITの成果も発揮できたとおもいます。


次シーズンはサブ4にむけて、トレーニングを積みたいですね。


この夏が勝負!


がんばるぞー