あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

花見は”穴場”を探すんじゃない!自ら”穴場”を作るんだッ!!

f:id:you_key69:20190412232621j:plain


【こんなかたにオススメ】

  • せっかくのお花見がいつも混雑していてウンザリする
  • 早起きして行けばいいのくらいわかってる
  • でも週末くらいゆっくり寝たい
  • かといって平日休みなんかとれない
  • いざ行こうというときに限って雨が降る
  • そういっているうちに桜が散ってしまった…
  • もうどうしたらいいの!


ご安心ください。

解決してさしあげましょう。



きっかけ


先日、「お花見ランニング」シリーズと銘打って5本立てのツイートをしました。


上記はその総括なんですが、これはお花見に限らずいろんなイベントに応用できます。

他にもシフトできることがあったので、追加して解説いたします。

  1. 時間帯をずらす
  2. 曜日をずらす
  3. 場所をずらす
  4. 時期をずらす
  5. 天候をずらす
  6. 花をずらす

くわしく見ていきましょう。


1.時間帯をずらす

どんなときも狙い目は早朝です。

休日でも早朝ならひとり占めできる確率が高まります。


you-key69.hatenadiary.jp

ただし、冬季は日の出前で暗いというリスクがあったり、場所によっては開門してなかったりするので、注意が必要です。


2.曜日をずらす

週末はどこも混雑するので、平日休めるといいですね。

今週、私も長男の入学式にかこつけてお休みをいただき、撮影ついでに花見をしてきました。

f:id:you_key69:20190412231704j:plain

▲こいのぼりが一斉におよぐ相川水辺公園は映えます


平日の早朝はある意味、最強だとおもってます。

you-key69.hatenadiary.jp

ひとつだけ、月曜に関する注意点をあげるとするなら、いろんな施設が休館日だったりするので事前にリサーチしておきましょう。


3.場所をずらす

これがいわゆる穴場というやつですね。

ただ、花見はメジャーどころに人が流れるので、意外といつもいく公園が空いてて面喰らったりします。


f:id:you_key69:20190412231758j:plain

▲私の推した景観自慢がある、浅中公園なんかはオススメです


そういえば、初詣も大きい神社(南宮大社)から近くの神社(御首神社)に変えましたが、それも混雑回避のひとつですね。

you-key69.hatenadiary.jp


4.時期をずらす

どうしても特定のスポットに行きたいけど混んでいる…

そんなときは、あえて時期をずらして葉桜を楽しむのもいいでしょう。

you-key69.hatenadiary.jp

今週末なんか、どうでしょう?


5.天候をずらす

これは究極ですが、あえて雨の日に攻めるというライフハックです。

雨の日ほどテンションが上がるという性癖の持ち主ならやれます。

雨はやはりみんなの足が遠退くので、混雑が緩和される可能性は高いです。

私の知人に盆踊りが大好きな人がいるのですが、彼は「雨の日は参加率が下がるので、思いっきり踊れて楽しい」と語ってくれました。

変態です。


6.花をずらす

そもそも、桜以外の花でお花見をたのしんじゃうというテクニックです。

四季のある日本国内なら、

  • 春:ツツジ、フジ、ボタン
  • 夏:ハナショウブ、ハナハス、ヒマワリ
  • 秋:コスモス、ヒガンバナ
  • 冬:スイセン、サザンカ、ツバキ

などなど、いろんな花がオールシーズン楽しめます。

桜を逃してしまったら、ツツジやフジを肴にを呑みましょう。

you-key69.hatenadiary.jp

個人的にはボタン(牡丹)でお茶飲むのがオススメです。


あっぷりへんしょん ~逆境を楽しむ思考のシフト~

f:id:you_key69:20190412233640j:plain

先日の雨で桜もだいぶ散ってしまいましたね。

でも、われわれはそれくらいじゃへこたれません。

お気に入りの傘をもって、逆境を楽しみましょう!


今回も最期までご高覧いただき、ありがとうございました!