あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

1周8km!片山津温泉の柴山潟の周回コースはジョギングに最適でした!


f:id:you_key69:20190311224240j:image

 

恒例の加賀温泉への旅。


今年はいつもと時季がちがうこともあり、山中温泉ではなく片山津温泉を訪れました。


旅の様子はまたどこかでまとめてレポートしたいとおもいますが、今回はその中でも印象的だった旅ランについてお届けしたいとおもいます!


どうぞ。

 

 

 

柴山潟


柴山潟とは加賀三湖の一つで、片山津温泉がある潟湖(せきこ)。


f:id:you_key69:20190311224133j:image

このように新堀川を経て日本海に通じています。


今回はこの周りを走ってみようというチャレンジ。

 

 

東湖岸から南にかけて


東側は埋め立てられたかのようなキレイな直線コース。


f:id:you_key69:20190311224315j:image

正面に見えるのが白山連峰で、まだたっぷりと雪が残っています。


f:id:you_key69:20190311224357j:image

対岸には片山津温泉の総湯やその周りのホテルが拝めます。

 


f:id:you_key69:20190311224426j:image

よしきり橋という小さな橋をわたり南岸へ。


f:id:you_key69:20190311224453j:image

南側も遊歩道が整備されていて、とても走りやすいです。


f:id:you_key69:20190311224525j:image

対岸(北側)の小高い丘のうえにもホテルが見えます。


f:id:you_key69:20190311224553j:image

南岸から西岸へぐるっと回りこむと、だんだん温泉街の雰囲気が増してきます。

 

 

総湯


f:id:you_key69:20190311224631j:image

総湯はガラス張りとコンクリートの打ちっぱなしで構成された近代的なデザイン。


f:id:you_key69:20190311224650j:image

2012年竣工なので、まわりの旅館がバブリーな雰囲気でしたが、ここだけモダンです。


f:id:you_key69:20190311224803j:image

設計は谷口吉生氏。豊田市美術館の設計士と同じでした。


どおりで観たことがある雰囲気。


f:id:you_key69:20190311224854j:image

早朝にもかかわらず人がひっきりなしに出入りしていました。


今回、入湯しませんでしたが、次回ぜひ入ってみたいです。

 

 

西湖岸から北側へ


f:id:you_key69:20190311224925j:image

総湯から奥の遊歩道へつながる道があり、


f:id:you_key69:20190311224942j:image

走ってきた対岸(東湖岸)が見えます。


西湖岸から北側へは、もしかしたら湖畔公園を抜けるルートがあったかも知れませんが、見つけられず、

 

f:id:you_key69:20190311225007j:image

そのまま県道から源平橋をわたって北側へ回りこみました。


まだ開拓の余地がありそうですが、全般的に遊歩道が整備されていて、


f:id:you_key69:20190311225023j:image

1周8km、かなり快適に走れるコースでした。


満足!

 

 

あっぷりへんしょん~温泉街なら山中温泉、 走るなら片山津温泉


鶴仙渓大聖寺川にわたる大小の橋、神社。


山中温泉のほうが、THE・温泉街の雰囲気が味わえます。


でも、ランニングするなら遊歩道コースがある片山津温泉のほうが、断然走りやすかったです。


f:id:you_key69:20190311225352j:image

特に柴山潟ごしに望む白山連峰は絶景としか云いようがありません。


ここでランニング合宿やったらきっと楽しいんだろうなァ。