あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

星空を撮影してみたい!カメラ初心者だけど。

 

空気が澄んでるからか、田舎だからなのか、夜の星空がめちゃくちゃキレイ。


できることならこの美しさを記録に残したい。


ということを昨年末からぼんやりと思うようになった。


カメラについてはてんで無知だが、星空を撮影することができるだろうか?


※2019年1月1日、元日の撮影挑戦記です

 

 

必要な機材


まず、最低限必要な機材を調べてみた。


・カメラ(マニュアルモード搭載)
・三脚


以上。

 

カメラ


星空はマニュアルモードを搭載したカメラなら撮れるらしい。


わが家には幸い、長男が生まれたときに買ったミラーレス一眼である。


f:id:you_key69:20190109211445j:image

パナソニックのGF3


が、結局スマホのほうがラクでほとんど使っていないのだ(思い出したかのようにイベント事で年に1,2回使うくらい)。


2011年製の古い機種ではあったが、機能を調べたところ、ビギナーが星空を撮影する分には十分のスペックが備わっていた。


詳しい設定は後述します。

 

 

三脚


かつて工作で使ったことのある100円の三脚。


f:id:you_key69:20190109211528j:image

とりあえず、コレを使う。


ダメ元ですが、ないよりは幾分かマシなず。

 

 

オリオン座で練習


まずは自宅から見えるオリオン座で練習してみる。


なんの知識もないまま試したら、一番最初はこんな写真が撮れた。


f:id:you_key69:20190109211658j:image

▲ヒドい


100均の三脚では角度が足りず、手で固定しながらやるハメに。


結局手ぶれしまくったりして、三脚の大切さを痛感する。


f:id:you_key69:20190109211725j:image

▲ぶれた

 


シャッタースピードを変えるとF値が勝手に上がって、明るくなったりしてムズい…

 


f:id:you_key69:20190109211748j:image

▲明るすぎる


だんだん何が正解かわからなくなってきた。

 


f:id:you_key69:20190109211829j:image

▲雲に阻まれる

 


これでどうだ?

 


f:id:you_key69:20190109211848j:image

▲よし、これで良し!


とにかく寒かったので、足早に退散してしまいました。

 

 

あっぷりへんしょん ~課題をクリアしていく楽しみ~


さらに調べてみると、

  • 手ぶれ補正
  • ホワイトバランス
  • ノイズリダクション

等々、調節しなければならないようだ。


課題である。

 


f:id:you_key69:20190109211937j:image

▲こんな三脚も発見した。100均だけど。

 


月の満ち欠けやレンズだってこだわりだすとキリがない。


奥が深い。

 


先週、しぶんぎ流星群が極大をむかえた。


f:id:you_key69:20190109212002j:image

残念ながら大垣市は厚い雲におおわれたままでしたが、場所によっては火球もみられたらしいですね。


いつかそんな天体ショーをカメラにおさめられるといいです。