あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

脚に疲労がたまった時こそ、脚を温存する走り方のトレーニングを。

 

未だフルマラソンからの疲労が抜け切れずにいます。


すでに別のレースを走ってる人たち、ホント尊敬します。


私はというと、あれから10日の間に5kmを4本くらい走りました。


最初は5km程度で脚が音をあげてしまったのはご報告したとおり。


その後もそんなにパフォーマンスは改善しませんでした。


けど、3本目を走ってる最中に「脚に頼らない走りができれば、もう少し走れるかも知れないし、そもそも本番ももっと脚を温存しながら走れるんじゃないか」と思い至ったのです。


つまり、脚が疲労困憊してるときこそ、脚を使わない走りを練習する絶好のチャンスだと思ったのです。


脚が痛くなったらその時点でストップすればいいので。

 

 

脚を使わない走りとは


f:id:you_key69:20181220215427j:image

脚を使わない走りとは、すなわち上半身を駆使した走りです。


腕を引き、肩を外旋・下制させ、腹圧をかけて走る。


足よりも肩甲骨や背筋、腹筋を意識した体幹ランニングです。


理屈じゃわかってるけど、それがぜんぜん実践できていないんです。


で、 4本目の今朝、上半身を意識して走ってみました。


脚が戻りつつあるのもありますが、5km超えても疲れは感じませんでした。


時間の都合上、長くは走れませんでしたが、今後も短い距離でも上半身(体幹)を意識した走りを心がけたいとおもいます。

 

 

あっぷりへんしょん~やっぱり地元の大会は出たい~


今週、「おおがきマラソン走った?」「あれ?出ないの?」と周りからよく訊かれました。


遠征するくせに地元には出ないのか、と。


フルの翌週にすぐハーフを走れる体力とカラダの使い方が身につけば、出走したいです。


来年の目標ですね。


で、大垣でもフルマラソンやってくれるなら、喜んで出ます。