あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

美濃府中城跡 │ 城址ジョギング

 

前回体調不良につき道半ばでリタイアした美濃府中城跡へ走りに行ってきました。

 

 

美濃府中城跡


府中城とは、全国の国府(今でいう県庁所在地みたいなところ)にあったとされる城。


美濃国(みののくに)の国府垂井町にあり、今の安立寺の境内付近にあったとされます。


f:id:you_key69:20180923214812j:image

安立寺(西側)

 


f:id:you_key69:20180923214830j:image

石碑

 


f:id:you_key69:20180923215953j:image

美濃国府廟趾」と読めます。

 

城主は不破氏だったとのことですが、とにかく明確な記録がなく、場所や由緒は曖昧のようです。

 


f:id:you_key69:20180923215343j:image

安立寺 本堂

 


f:id:you_key69:20180923215404j:image

境内のヒガンバナ

 


f:id:you_key69:20180923215423j:image

帰る途中、よく整備された住宅街があって驚きました(失礼)

 

そして、以前の垂井宿ジョギングで見逃していた追分道標を拝むこともできました。


f:id:you_key69:20180923215442j:image

追分とは東海道美濃路中山道)の分岐点のこと。


f:id:you_key69:20180923215502j:image

垂井町はそんな重要な交通の分岐点でもあり、国府があった場所でもあり、美濃国にとって重要な拠点だったことがうかがえます。

 

やるじゃん、垂井。

 

 

あっぷりへんしょん ~ランナーにとってはやっと秋を感じる季節になってきました~


久々の秋晴れ。


f:id:you_key69:20180923215532j:image

いわし雲というのかひつじ雲というのか、ずっと日差しを和らげてくれていて快適なLSDを支援してくれました。

 


f:id:you_key69:20180923215706j:image

気づけばもう彼岸花が満開の季節ですね。


f:id:you_key69:20180923215604j:image

ホームコースの大谷川沿いも両岸に咲き誇っていました。


しかも、堤防ですれちがったおば様にご挨拶すると、


「おはようございます。ねぇ、さっきそこにカワセミが下りてきてたのよ」


「えっ、 カワセミですか?」


「そう最近はめったに見れないけど、昔はたまに見かけたの」と。


へえ、いいところじゃないの、秋分の垂井。