あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

ザ・避暑地!大滝鍾乳洞で探検&流しそうめん体験


f:id:you_key69:20180909222550j:image

 

以前、避暑のためにアイススケートをおすすめしましたが、それを凌ぐ避暑地を発見したのでご報告いたします。


※8月中旬の高山旅行の道中の話ですが、あしからずご覧ください

 

 

鍾乳洞


避暑地におすすめしたいのは、鍾乳洞。


f:id:you_key69:20180909222649j:image

とくに、大滝鍾乳洞です。


まず現地に降り立った瞬間、下界とちがった清涼感を感じます。


山の上なだけあって、気温が低いのです。


駐車場からすぐ出店や釣り堀など、たくさん誘惑がありますが、ここは心を鬼にして鍾乳洞のチケット売り場へ向かいましょう。

 


f:id:you_key69:20180909222731j:image

そして林の中を抜け、

 


f:id:you_key69:20180909222856j:image

トランに乗り、入口へむかいます。

 


f:id:you_key69:20180909222939j:image

この時点でさらに肌寒いです。


鍾乳洞の中は真夏(8月中旬)でも気温が10℃程度らしいので、薄手の長袖があった方がいいかもしれません。


わが家も私以外は全員羽織っていました。

 


f:id:you_key69:20180909223049j:image

鍾乳洞はそれなりに美しいです。

 


f:id:you_key69:20180909223126j:image

 ただ、この鍾乳洞は結構なアップダウンがあるので、あまり鍾乳洞に見とれてる余裕はなかったです。


大人でも足がすくみそうな階段があったりするので、子どもは一人でぐいぐい歩ける月齢 or 肝っ玉の持ち主じゃないと厳しいかもしれません。


わが家の少しびびりな5歳男児と勝ち気な3歳女児にはちょうどいいレベルのダンジョンでした。

 

 

流しそうめん


鍾乳洞の出口を出ると、トランで登ったぶんを自力で下りることになります。


その麓には、疲れたカラダに補給せよと云わんばかりに流しそうめんがあります。

 


f:id:you_key69:20180909223312j:image

とくに麺類に目がないわが子達は、大人がもうギブアップしてるにもかかわらず、延々と食べ続けてました。


流れてくるそうめんを箸でつかむことを、アトラクションとして楽しんでいたようです。

 

 

五平餅


f:id:you_key69:20180909223434j:image

鍾乳洞の駐車場スグのところに食事処や屋台がたくさんあります。


その屋台の五平餅がが超絶うまかったです。


幾多のSA・道の駅で五平餅を食らってきた私がいうのだから間違いありません。


きっとお米が違うんです。


行ったらゼッタイ食べてみてください。


とにかく、食べるものには困りません。


かき氷も鮎の塩焼きもありました。


釣り堀もあるので釣りもできます(ぼったくりとの噂だったので、わが家はやりませんでしたが)。

 

 

割引クーポン


今回は鍾乳洞と流しそうめんのセットでチケットを購入しました。


もし、鍾乳洞だけというときは以下のページからクーポンの画面を表示してチケット売場で提示すると15%の割引をうけられます。


・大滝鍾乳洞 割引クーポン


流しそうめんのセット料金はすでに割引が適用された価格とのことで、クーポンは無効でした。

 

 

あっぷりへんしょん~洞窟探検感覚で!~


避暑地であることも良かったですし、何より子どもたちが楽しんで経験値が増やせたのも良かったです。


もともとは郡上にあったディノアドベンチャーライドにいく予定でした。


が、直前になって休業中であることを知り、急遽予定を変更したのですが、これが大正解でした。


もしディノアドベンチャーライドに行けなくてガックリされているお子様がいらしたら、
「代わりに洞窟探検しようよ!」
この一言ですべて好転することうけあいです。