あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

時間にふりまわされない確実にタスクをこなす方法とは?


本棚を整理していたら、思わぬキラーセンテンスを発見しました。

忙しいときに勉強をすると、心のゆとりが生まれます。

“時間に支配される立場から、時間を支配する立場に変わる”からです。

f:id:you_key69:20180809221706j:plain

臼井由妃著『1週間は金曜日から始めなさい』より



誰でも一度はあるんじゃないでしょうか。


時間に余裕があるときは何でもあとでやればいいやと先延ばしにしてしまうけど、締め切りが決まっているとマルチタスクでもこなせてしまった経験が。


やるべきことがたくさんあるとどうやろうか工夫しますが、余裕があると考えません。


結果何もすすみません。


ぼくの私生活がまさにそれを表しています。


仕事や地域活動の合間をぬってランニングの練習ができるのは、ぜんぶ締め切りがあるから。


一方で音楽が何もすすまないのは目標が何もないから。


何か発表の場でもセッティングしないとダメですね。


時間のゆとりと心のゆとりは反比例するようです。


あらためて、それがよく分かりました。


何もタスクが進まないとお嘆きの方、予定をめいっぱい詰めこんでみてはいかがでしょうか?