あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

手順をすこし工夫するだけ!“卵かけ納豆ごはん”を3倍おいしくする方法


f:id:you_key69:20180707212626j:plain


卵かけ納豆ごはん、美味しいですよね。


でも、混ぜる手順をすこし変えるだけでもっと美味しくできるとしたら ──


やってみたいと思いませんか?



ポイントは手順だけ!


卵かけ納豆ごはんが大好きです。


毎朝365日たべつづけてもあきないくらい、大好きです(実際に毎朝たべてます!)。


生卵といっしょにご飯にかけて食べると、それはもはや“味の宝石箱”ですよね。


それだけでも黄金レベルの宝石なんですが、それをプラチナ級に昇華する方法を研究しつづけ、一年前くらいにとうとうあみだせたので、今回満を持してご紹介したいとおもいます。


何もあたらしい具材や道具は一切いりません。


単に“まぜる手順”をかえるだけです。


どうぞ!


用意するもの

  • 納豆
  • 白米
  • 納豆のたれ

手順


(1)納豆をよく混ぜて器にうつします

f:id:you_key69:20180707212801j:plain



(2)卵を黄身と白身にわけて、卵白と納豆をよく混ぜ合わせます

f:id:you_key69:20180707212815j:plain


納豆のたれは白米のほうにかけます。


POINT!

・卵白でメレンゲをつくるイメージでかき混ぜるとふわふわになります

・たれを白米のほうにかけるのがポイントです



(3)白米のうえに納豆+卵白をかけます

f:id:you_key69:20180707212902j:plain



(4)よく混ぜ合わせて、できあがり

f:id:you_key69:20180707212626j:plain



解説


ポイントは2つ。


(2)の手順に記したとおり、

・卵白でメレンゲをつくる

・黄身とたれをごはんにかける

この2つが大事です。


まずメレンゲをイメージすることにより、納豆がフワフワに仕上がり、食感がよくなります。


黄身とたれをごはんに直接かけることで、旨味を逃がさずぜんぶごはんに閉じこめることができます。


卵やたれを別の容器で混ぜてしまうと、他の容器にすこし残ってしまいますからね。


そのすこしの差が、大きな差になるんです。


だまされたと思って、ぜひ試してみてください。



あっぷりへんしょん ~美味しそうに写すのが難しい~


W杯(ベルギー vs ブラジル!)を観たあとランニングをして、おなかが空いたので早めの朝ごはんを食べました。


出かけるまでに少し時間があったのでゆっくり撮影しながら食べてみました。


が、せっかく美味しい作り方の紹介なのに美味しそうに撮るのがすごく難しいです。


力不足ですみませんが、あとは皆様の目で手で舌で体感していただけると幸いです!