あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

自転車のチェーンをメンテ(洗浄&注油)しよう

昨日、クロスバイクのチェーン洗浄について、きっかけ&間違ったメンテナンスをお届けしました。


その続きです。



正しい手順


前回は自己流のNG手順を公開しました。


今回は正しい手順です。


どうぞ。



洗浄


チェーン専用のパーツクリーナーで洗浄します。


スプレータイプの場合は、フレームやブレーキパッドに飛び散らないように、ウェス(布)あてがいながら慎重に作業します。


▲世の中にはこういう便利グッズもあるみたいです


細かい部分は歯ブラシなんかでゴシゴシします。


チェーンは回転させながら、全体を洗浄します。


あと、ディレイラー(ギア)もね。


ここが汚れてるとまたチェーンに汚れが移ってしまうので。


で、全体がキレイになったらウェスで拭き取ります。



注油


チェーンの回転を滑らかにするために注油します。


が、クリーナーと同じように、チェーン以外にかからないように注意しましょう。


特にブレーキパッドに油がついた日には、ブレーキが効かなくなって昇天…なんてことになりかねないので要注意です!


なので、注油はボトルタイプが良いそうです。


油を指し終えたら、ふたたびウェスでなじませながら拭き取りましょう。


油が残ったまま放置してしまうと、結局油に汚れが付着してしまい逆効果になってしまいますからね。


ギアには注油しなくてもいいです。


アチェンジしながらチェーンを回せば、各ギアにも浸透していくので。



道具


知ったような口きいてすみません。


ほとんどが、Google先生にききまくって仕入れた付け焼き刃的な知識です。


メンテナンス道具もほとんど持っていませんでした。


なので、最小限のキットを購入し、あとはすでにあるもので代用しました。


メンテナンススタンド

芝がクッションになって良いかと思ったのですが、泥やオイルが芝にたれるのが心苦しかったです。


逆さにするとハンドルやサドルを痛めることにもなりかねないので、自転車をメンテするならメンテナンススタンドは要りますね。



結局Amazonで買いました。



チェーンディグリーサー(洗浄剤)

これもAmazonで買いました。


チェーンの洗浄剤は家にあるものでは代用が利かなそうだったので、いちばん評判のいいAZ製のものを購入しました。



チェーンルブ(潤滑油)


f:id:you_key69:20180615211800j:plain


昔、ママチャリ乗ってた時代に買っていたの忘れてました。


たぶん1,2回使ってお蔵入りになってたチェーンルブ。


本当は注油はスプレーじゃない方が良いのですが、せっかくあるので使いたいとおもいます。


ブラシ


刷毛(ハケ)では心もとなかったので、歯ブラシで代用したいとおもいます。


ウェス(布)


ワックス塗装用にためてあったウェスが大量にあるので有効活用しましょう。



頻度


では、どれくらいの周期でチェーン洗浄&注油すればいいのか?


様々なソースをあたってみたところ、だいたい200~300km走るごとにメンテしてあげるのがいいみたいです。


私の場合は通勤(往復約8km)で使っているので、30~40往復くらいがめやすとなりそうです。


営業日で換算すると2ヶ月毎の周期といったところでしょうか。


皆さんも日頃乗る距離に応じて、メンテナンス頻度を計算してみてください。


そのインターバルを遵守する必要はありませんが、キーコキーコいいはじめてからでは遅すぎますよ、ということだけ経験者としてアドバイスしておきたいとおもいます。


以上です!